スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入鹿の命日

2009年06月12日 23:49

通学路の紫陽花
今日は乙巳の変の起きた日、つまり蘇我入鹿の命日。

学校の教科書では、ほとんど悪役扱いの入鹿。
645年6月12日、大化の改新。中大兄らによって蘇我が滅ぼされた日。
理由は、厩戸皇子(=聖徳太子)の息子山背大兄皇子を3年前に入鹿が滅ぼしたから。

実は、十代の子たちにこれを教えたり教える場面に出くわすたびに、いらいらする(笑)。

私の入鹿好きは、もうかれこれ15年。
最初は中大兄から入ったけれど、すぐに入鹿にはまっちゃった。

入鹿は、改革を推し進めた馬子の孫。
今で言ったらお金持ちのぼんぼん。
でも、馬子ほどの才気も器も人望もなかった、ただ古人皇子の言うがままになっていた、
いわゆる草食男子。

そんなイメージが、私の頭にはできあがっているのですでっかいハート
毎年、6月12日が来ると、飛鳥板蓋宮の隣にある首塚や、甘橿丘のことを思う。
きっと、冷たい雨が降っていただろう。
突然死を迎えた入鹿を目の当たりにした古人はどんな気持ちで逃げ帰ったんだろう。

なんだか悲しみの雨の幻が脳裏をよぎるんです。

斉明天皇とともに地獄に落ちたと言われている入鹿。
そのドラマチックな生涯に、今もなお、惹かれてしまいます。




蘇我氏の邸宅についてはこちら
入鹿のお家についてはこちら

明日香の王女 2 (プリンセスコミックス)明日香の王女 2 (プリンセスコミックス)
(1992/08)
河村 恵利

商品詳細を見る

↑↑※これは中大兄です!入鹿はもっとカッコイイから!
この漫画の入鹿はサイコーです!
ちなみに、入鹿にはまったのはこの漫画に出会う前です!!(本当に!)
スポンサーサイト

月の舟

2008年03月24日 04:39

咲き誇る木蓮

天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ
                      柿本人麻呂(『万葉集』人麻呂歌集1068)


(大意)
果てしなく広がる天の海に、雲の白波が立ち、
その海を月の舟が漕ぎ渡って、星の林に隠れて行くのが見える。
    (角川書店編『ビギナーズ・クラシックス 万葉集』角川ソフィア文庫92(2005)、167頁。)
[ 続きを読む ]

見えないものを見えるものに

2008年03月24日 04:19

上野の夕暮れ、春

妹が家も 継ぎて見ましを 大和なる 大島の嶺に 家もあらましを
                                           天智天皇

秋山の 木の下隠り 行く水の 我れこそ増さめ 思ほすよりは
                                           鏡王女

[ 続きを読む ]

月夜 清明己會

2008年03月24日 04:06

月夜

海神の 豊旗雲に 入日さし
   今夜の月夜 さやけくありこそ

     中大兄皇子(『万葉集』15)
[ 続きを読む ]

東風吹かば

2008年03月12日 22:21

臍マガジン#10表紙

When the east wind blows,
May your fragrance awaken,
Blossoms of the plum.
With your lord no longer here,
Don't ever forget the spring.

Sugawara no Michizane(845-903)
Trans. Ry Beville.



may: [祈願・願望]〈人・事が〉…であります[します]ように
   e.g. May you be very happy!ご多幸を祈ります。(▼I hope you'll be very happy. がふつう)
      May God bless you!神があなたに恵みを垂れたまわんことを。
awake: =awake.[自動詞]〈人・動物が〉目を覚ます, 眠りから覚める
   e.g. I awoke one morning and found myself famous. ある朝目が覚めたら有名になっていた。
Blossoms of the plum:  「梅の花よ」。頓呼法。
With: [譲歩]「~にもかかわらず、~けれども」
   e.g. With all her surprise, she asked for no details of the accident.
      あんなに驚いたのに, 事故の詳細をいっさい尋ねようとしなかった。
Don't: 否定の命令文。「~するな」
ever: 強め。
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。