スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフェリィ

2010年08月08日 01:40

Millais Ophelia

オフェリィ

A. Rimbaud作
      Shallot B.訳



星眠る おだやかで暗い水のうえを
真白なオフェーリアが 大きな百合のように浮んでいる
とてもゆるりと浮いている 長いヴェールに横たわり……
――きこえてくるのは 遠い森の合図の角笛。

千年以上前から 悲しいオフェリィが
真白な亡霊となって、暗くて長い河のうえを行き過ぎる
千年以上前から その優しい狂気が
暮れがたのそよ風に その恋歌をささやいている

風はその両胸にくちづけをして、花冠のように
水がそっと揺する大きなヴェールを広げてやるのだ。
震える柳は肩のうえに涙を落とし、
夢見がちな広い額に傾きかかるのは葦。

歪められた睡蓮は、周りで溜息をつく。
まどろむ榛のなかにある何かの巣を、彼女は目覚めさせる――
かすかな羽のざわめきが そこから漏れて出てくるのだ。
神秘的な歌声が金の星から降ってくる。




おお 雪のように美しい! 蒼褪めたオフィーリアよ!
そうさ、おまえは死んだのだ、幼くして、河の流れに運ばれて!
――ノルウェイの高い山々から降りてくる風が
激しい自由を密かにおまえに打ち明けたせいだ。

そよ風の一吹きが、おまえの長い髪をよじらせて
その夢見がちな脳髄に不可思議な音を聞かせたせいだ。
その樹の呻きと夜々の溜息のなかに
その心臓が<自然>の歌を聴いたせいだ。

広大な喘鳴、狂った大海原の声が
おまえの幼い、情けの深い優しい内奥(こころ)を毀したせいだ。
ある四月の朝、蒼褪めた美しい騎士、
憐れ狂人が黙ったまま、おまえの膝に座ったせいだ。

<天>! <愛>! <自由>! なんという夢だ、おお 哀れな狂女よ!
雪の炎へ消え入るように、おまえは夢へと熔けてしまった。
大いなる幻がおまえのことばの喉もとを締めつけた。
――そして凄まじい<無限>がその青い眼を脅かした。




――ところで<詩人>は言う、夜になると
星明りをたよりに、おまえがかつて摘んだ花を探しに来る と。
真白なオフィーリアが、大きな百合のように
長いヴェールに横たわり、水のうえに浮んでいるのを見たんだ と。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

ひもじさ(『地獄の季節』「錯乱Ⅱ」)

2010年02月14日 14:27

うさこ100214

【『地獄の季節』「錯乱Ⅱ」抄】
作 A.ランボー/訳 Shallot B.

ひもじさ

僕がひもじいとしたら 食べたいものは
ほんの土くれ、石ころばかり
いつも食べてるものといったら
空気と岩と、炭と鉄

ひもじさよ 回れ ひもじさよ 食め
音の糠の 牧草地
昼顔の 鮮やかな毒を
吸い寄せろ

喰らえ 砕かれた砂利を
教会の古い小石を
いにしえの 大洪水の砂利を
灰鼠色の谷に 散らばったパンを

―――――

餌食の鳥の 綺麗な羽を
吐き出しながら
葉群で狼が吠えていた
奴みたいに 俺はこの身を磨り減らす

サラダ菜も フルーツも
もう収穫を 待つばっかり
なのに垣根の蜘蛛ときたら
菫の花しか 口にしない

眠りたい! 怒りたい!
ソロモン王の供犠台で
泡が鉄錆の上に流れ出し
セドロンの流れへと熔けてゆく

ついに、おお 幸福よ、おお 理性よ、私は本当は黒い空から、紺碧色を引き剥がした。そして「自然」の煌きの黄金の閃光となって生きたのだ。
(ランボー『地獄の季節』「錯乱Ⅱ」より抜粋)
[ 続きを読む ]

人生なんて

2008年01月19日 15:56

正月の東京3

キリのない笑劇だ! 自分の無邪気さには涙が出てくる。人生なんて、みんなで演じる笑劇なんだ。
  (ランボオ『地獄の季節』、「悪い血」より)
[ 続きを読む ]

行動は生を意味しない。

2007年10月20日 21:41

モネ風の夏の絵

 私は奇想天外な歌劇となった。存在するものは何もかも、幸せって宿命を背負っているんだと知った。行動は生を意味しない、むしろなんらかの力を浪費するための手段であり、ある種の苛立ちだ。道徳は頭の弱さだ。(アルチュール・ランボー『地獄の季節』「錯乱Ⅱ」より抜粋)
[ 続きを読む ]

感覚

2006年02月24日 23:52

夏の青い夕つがた、僕は小径(こみち)を行こうと思う、
麦にちくちく刺されつつ、小さな草を踏みながら。
僕は夢想家、足の先っぽ瑞々しさを感じよう、
風にハダカの頭を吹かれるままに。

語らない、考えない、
けれど無限の愛情は、ココロの中で湧き出てくるさ、
僕は遐くへ、もっと遐くへ、自由人(ボヘミアン)ちっくに
自然の中を往きましょう、――彼女と一緒の時のよに、シアワセに。
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。