秋の雨は

2017年10月17日 22:19

秋の雨は

やまない秋の雨は ことさらに黄色い葉にしみこむ
やまない秋の雨が やさしく川面に模様をつくる

ああ 昔 こんな雨のなかを
赤い傘をさして
ドアベルの鳴る扉をあけて
煙草とコーヒーの匂いがまじりあう
黄色いランプの喫茶店に
あのひとが入ってきたね

桜の樹に たよりなくすがりついている
黄色い葉っぱたち

あったかいクラムチャウダーの
あの味はきっと
遠い遠い 平和なの記憶の証

願望

2017年08月14日 14:26

願望

ブルターニュの、海、岸壁、小さな宿屋、自家製ガレットの食堂
スコットランドの北の海、島、どこまでも広がる空、果てのない空
イングランドの岬、港町、ジャケットポテトとバターの匂い
プロヴァンスのラベンダー畑、青藍の夜空、蜂の踊る音
海、崖、沈みゆく太陽、立ち上る月、神様のつくった地球

家族や友人たちとの時間を大切にする人間がいて、
ゆうがた、星の下、一軒一軒にあたたかい灯がともり、

腕がぶつかったり足を踏んだりするほどに混みすぎず、
神経がおかしくなるほどの分や秒単位の時間を気にせず、
いらいらせず、怒鳴ったり怒ったりする声もせず、
体や脳を壊すほどの奴隷的拘束をされることもなく、

差別もなく、衝突もなく、
悲しみも叫びもなく、
爆弾もミサイルもなく、

歌があり、
生きるよろこびがあり、

花も、虫も、水も、
空と海と大地と同じように、
どこまでも、澄んでいる。

rice cakes

2017年01月17日 22:29

rice cakes

もっちり もっちり
ぺったんこ ぺったんこ

しろくて のびのび
まるいのも しかくいのも
もっちり もっちり ぺったんこ

おしょうゆと 海苔
とろけるチーズと バター

おすまし みそしる
お花のかたちのにんじんさん
もみじのかたちのしいたけさん

きなこのこなゆき
おさとうのこなゆき

もっちり もっちり ぺったんこ
もっちり もっちり ぺったんこ

にっこにこの おしょうがつ

……あれ? もう七草粥の日?

……あれ? もう節分?

dust

2016年12月10日 22:36

dust dust dust dust dust

つくえのうえに へやのすみっこに まどのさんに
うっすらと ふりつもる ふりつもる

dust dust dust dust dust

こころのいろが すこし はいいろ
おそらのいろも すこし はいいろ

dust dust dust dust dust

おそうじ おそうじ
つくえのうえも おへやのゆかも まどのさんも
こころも おそらも
おそうじ おそうじ

du du du du ...

なくなれ なくなれ
きれいに おそうじ

d d d...

きれいになったら
また げんきになれる
さぁ さぁ

お日さまへのジャンプ

2016年10月30日 00:36

「神様は、がんばる人にしか試練を与えないんだよ」って、
昔、学校でイチバンの友達が言ってた。
彼女、最優秀学生に選ばれて、表彰されるくらいに素敵だったんだ。

以来、へっぽこな私も
彼女の言葉をいつも自分に言いきかせて、
へっぽこなりにがんばっているつもり。

でも、ここんところ、どうもイマイチ
結果が思うように出せなくて、
オトナになると
バイオリズムを戻すのってタイヘンだなって思ったよ。

   *

つい この前の 夏のできごと
いつもはおとなしい真っ赤な鯉が
蓮の花の下から お日さまにむかって
すごいジャンプしたんだ
蓮の葉上でかがんでた ちっこいカエルも
一緒に飛び跳ねて ハイタッチ

いつも 空高くジャンプできるわけじゃない
だけど お日さまはいつも見てる

「神様は、がんばる人にしか試練を与えない」

今日の悔しさをバネにして また
大きくお日さまにむかって ちっこい私も
一緒でなら ジャンプできると思うんだ
だから そのときは スマイルで
ハイタッチ しようぜ ゼッタイ


Articles