スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリエール、恋こそ喜劇

2012年05月26日 18:58



久しぶりに…

フランス映画、『モリエール、恋こそ喜劇』…!!
素敵すぎるっ! ロマン・デュリスが素敵すぎる!!

『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』以来の個人的大ヒット作!(ぇ)

そしてめちゃめちゃ演技上手い!(当然だけど…><)
馬の演技のシーンとか、まぢ神だから!!



私、今まで全然読んだことないのですが、ランボーの研究書にちらほらモリエールの名前は出てきているので、
この映画が、何となくモリエールの喜劇『タルチュフ』を随所に匂わせているのがよく分かりました!

モリエール 恋こそ喜劇 [DVD]モリエール 恋こそ喜劇 [DVD]
(2011/12/23)
ロマン・デュリス、ファブリス・ルキーニ 他

商品詳細を見る


久しぶりに、「何で私フランス人に生まれなかったんだろう…」と
謎な後悔の念にとらわれながら、とっても楽しく鑑賞しました!

なお、公式サイトはこちら
めっちゃオススメです!
スポンサーサイト

ダ・ポンテとキーツ

2011年04月24日 15:16



夫が借りてきたDVDを週末に(たぶん)二人で見ることがなんとなく日常になっているのですが、
今回はこれ。『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』。
今まで夫が借りてきたなかで、俳優さんがもっとも私の好みの顔だった(笑)。
そして、ヒロインのお姉ちゃんとのツーショット画面が美しい!
&モーツァルトもなんか健気でいい感じ(笑)

ダ・ポンテ氏については、あまりよく知らなくて、モーツァルトのみっつのオペラの台本を書いたひと
くらいの認識だったんですが、こんなだったらまぢ素敵だし!

ひとつひとつの画面が本当に美しくって、ストーリーもすっかり夢中になってしまう展開でした☆
(思わず身を乗り出してみてしまった箇所がいくつかありました!)

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い [DVD]ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い [DVD]
(2011/03/04)
ロレンツォ・バルドゥッチ、リノ・グワンチャーレ 他

商品詳細を見る
[ 続きを読む ]

チェコフの発音が素敵☆

2011年04月16日 16:42



「スタートレック(Star Trek)」ネタです。

彼は、スタートレックの中で、私が一番好きなキャラクターです。
チェコフのかわゆさ&なんとも言えない米語(?)の発音(!)が最高!!
Shallotの好きな男性のオーラを発しまくっている彼です。

名前は、チェコフ・パヴェル。
50年くらいまえにこのかわゆさなので、現在の新作映画では
天才ロシア青年に変身しちゃってますが、
もともと『宇宙大作戦』ではダメキャラです(汗)
そして、そこが素敵なのです!!

なお、イケてる新型チェコフくんはこちら(↓)。


インタヴューバージョンです☆

David Bowie 「Labyrinth」

2010年10月09日 16:48

ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD]ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/06/03)
ジェニファー・コネリーデヴィッド・ボウイ

商品詳細を見る




10年ぶりくらいに見ました!
まぢ魔王カッコイイ!
そして音楽も素敵☆☆
映像もとっても奇麗です☆
撮影がどんなふうなのか、かなり気になるところです~

「不思議の国のアリス」や、ブリューゲル&ボスの絵画の悪魔がいっぱい、
イギリスの妖精やら小鬼の要素も入り混じり、
なんとも素敵な地下世界。
「Magic Dance」や「As the world falls down」など、心に残る曲がたくさん収録されています!



デイヴィッドの踊りが…(笑)
もちろんサラちゃんも美しくて☆

お気に入りの一枚です~!

Braveheart

2010年05月29日 19:04

ブレイブハート [DVD]ブレイブハート [DVD]
(2008/10/16)
メル・ギブソンソフィー・マルソー

商品詳細を見る


先週の火曜日あたりから何だか咳が出るな~…と思っていたら、木曜日に声変わり、そして多分発熱&眩暈。
金曜日はフランス語の先生にごめんなさいして、午前中は家で寝てました…。でも、午後からどうしても仕事へ行かなくてはならないので、行きました… そしたら…
ヘィ! ぐろっきー!
フラッフラの状態で帰宅。
で、本日在宅のタスクが山積みにもかかわらず、前に買ったDVDを見ました。

ゴールデンウィーク中に『真夏の世の夢』と『ロミオとジュリエット』(ディカプリオ版)を見たのですが、
今日は久々に映画らしい映画を見ました。

その名も、『ブレイブ・ハート』(1995)。メル・ギブソンの。
実は前に見たことがあります。でもあんまり遠い昔なので、ラストシーンしか覚えておりませんでした。

イングランドの圧制に苦しむスコットランドの反乱。
首謀者はウィリアム・ウォレス
中世のイギリス&スコットランドが舞台です。

戦場で、返り血を浴びながら、泥まみれになって戦う彼ら。
信念を曲げずに最後までスコットランドのfreedomを求めてひたすら戦うウォレス。

でも、現実の政治となると、まったく話は別で、最後にウォレスの採った手段が正しいとは思えない…
どこかで妥協しなければならない現実があるんですね。
現実の政治のあり方というのは、どこで妥協できるかなんだなぁとつくづく思いました。

けれども。
ウォレスみたいに生きられたらカッコイイ! そして私もあんなふうに生を貫きたい。信念を失いたくはない。
生き方のお手本をひとつ見せてもらった気がします~


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。