スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャイルドハロルドの巡礼』第三巻55連挿入歌

2004年12月25日 00:12

ドラシェンフェルズの城立つ岩山、
広く風吹くラインの河を威圧している。
ラインの水の懐は、葡萄実る両岸を
うねりうねって拡がりを見せて流れているよ。
花咲く樹々・豊かな丘・麦と葡萄酒を約束した平原。
遥かに白く輝いて、映える壁は頂を
鏤め飾った都市の数々。
貴女と僕が一緒だったら、もっとずっと嬉しくて
眺めただろう光景を
辺りに撒いていたんだよ。

深い碧瞳の村娘、早咲きの花を手に翳し、
この楽園を微笑みながら歩いてる。
上の方には数々の中世的な尖塔が、
緑の樹葉を擦り抜けて
灰色の壁が聳え立つ。断崖みたいな急勾配、転げる岩は数多く
誇り高く滅び逝く気高い門が
葡萄の葉により覆われた東屋の、この谷間を見下ろしている。
けれどひとつどうしても、これらラインの河岸に
足りないものがあるんだよ。――貴女の優しい柔らかな
その手を僕は手のひらに、しっかり握っている筈なのに!

僕のもとへと落ちてきた、百合を僕は貴女に送る。
花は貴女に触れる前、ずっと前に萎れるだろう。
それを僕は知っているけど、「そんなもの」と捨てないで。
なぜなら花はこの僕がたいせつなものと愛でたもの、
なぜなら花は、貴女の瞳にそれでも映るものだから。
項垂れた花が、貴女のもとへ届くとき、ここへと魂導くの。
そうして貴女はその花が、ラインの傍に咲いてたと
摘み取られたと知るんだね。
そうして僕の心から
貴女に贈ったものなんだ!
                    
水底の呪われた指輪が廻るよう、気高く泡立ち流れてく。
次から次へくるくると変貌しながら
鮮やかな「美」が、その幾千のすべての姿を曝け出す。
気高いこころはその夢を、輝く此処に住まわせて、
いつまでも弾ませているのだろう。
地上には、自然にとっても僕にとっても
真に愛しいところなど、見つけられはしなかった。
僕の瞳に続くはずの、いとおしい貴女の瞳が尚更に
ラインの河岸の哀しみを
和らげてくれたとしたらなぁ!
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

『チャイルドハロルドの巡礼』第三巻55連

2004年12月18日 00:11

前にも言ったことだけど、ひとつの柔らな胸があった。
教会で結ばれたものよりも、彼の胸とはずっと強く結ばれていた。
それから結婚してはなかったけれど、
「あの愛」は純粋で、結婚による贋物の愛なんか、メじゃなかった。 
過酷な悪意の試練に立ち向かっても、
彼らの愛は引き裂かれずに
女性の目から見て最も怖い危機によって、もっと強く固められた。
だから揺らぐことはなかったよ。そして今、ここ異国の岸辺から
彼の放った「心」の言葉は充分に、あの心へと飛び立つだろう!
[ 続きを読む ]

『チャイルドハロルドの巡礼』第三巻、52連から54連

2004年12月05日 00:10

こうハロルドは心の中で呟いた、そして(河に)沿って通り過ぎた。
でも愛しい人さえ迷子にしてきたような渓谷では
陽気な小鳥が朝早くから歌うので
目覚めてしまったすべてのものに、
彼は無関心なわけじゃなかった。
辛くはなくとも、かなり激しい想いと掏り替えられた
イカツイ皺とキビシイ静寂が、彼の額に彫られてたけど、
「喜び」ってやつは、こんな風光明媚な景色の中で、
彼の顔に束の間の、痕跡残していたんだろう。

情熱の日々が彼を塵へと焼き尽くしてしまったけれど、
全ての愛が、彼に閉ざされたわけではなかったんだ。
僕らに投げかけられる「微笑」に、冷たく睨むのは無駄なコト。
「嫌気」が全ての俗っぽさに「優しさ」を捨てさせてしまっても、
心はすすんで「優しさ」に跳ね返っていくに違いない。
だからこそ彼は(「優しさ」を)感じたんだ、
柔らかい記憶と甘美な信頼が、ある愛情溢れる胸の内にあったから。
そして彼自身の胸も、その胸の中へと溶け込んで行ったんだろう。
壊れやすい柔らな時間の中で、彼のこころは、あのこころに生きてたんだね。

彼のようなタチのヤツには、妙な雰囲気に思えるらしく、
僕は理由を知らないけれど、最初の(子供の)養育で
花のような幼子の抗いようのない表情を、愛することを知ったんだ。
人の謗りでめいっぱい彩られた根性を、そんな風に変えたなんて、
何に癒されたんだろう?
判ったとしても少しもいいコトないけどね。
でも、そうなった。そして独り、摘み取られた愛情は
小さな「力」を育んできた。
彼の中で、全てのものが輝きを失った時、これが光輝いた。
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。