スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとはただ、愛だけをおもえばいい。

2008年03月31日 01:13

牢獄のサロメ

あぁ! あんたはあたしにキスさせてくれなかったね、ヨカナーン。いいわ! 今キスしてあげる。
熟れた果実に噛みつくように、あたしの歯で噛んでやる。
そう、あんたの口にキスしてやるわ、ヨカナーン。
そう言ったわね、あたし。そう言ったでしょう? あぁ! 今キスしてやるわよ。
でもどうしてあたしを見ないの、ヨカナーン? 
あんたの眼は、本当に怖くて、怒りと嘲りに満ちていたのに、今は閉ざされているわ。
どうして閉ざされているの? 目を開きなさいよ! 目蓋を上げて、ヨカナーン!
どうしてあたしを見ないの? あたしが怖いの? ヨカナーン。だからあたしを見ようとしないの?

それからあんたの舌だけど、毒を吐き散らす赤い蛇のようだったのに、もう動かない、
何も言わないのね、ヨカナーン、あたしに酷い毒を喰らわせた緋色の蝮だったのに。
それってヘンよね、そうでしょ? 赤い蝮がもう動かないなんてどうしてよ……? 
あんたはあたしに何も望まなかったわね、ヨカナーン。あんたはあたしを拒絶した。
あたしにむかって、悪態をついた。あんたはあたしを、このあたしを、
ヘロディアスの娘でユダヤの王女のサロメにむかって、売女だの尻軽だのと呼ばわった。
いいわ! ヨカナーン、あたしはまだ生きている、そしてあんたは、あんたは死んで、
あんたの頭はあたしのもの。あんたの頭はあたしの思い通りなのよ。
あたしはそれを犬やらお空の小鳥たちに投げつけてやれる。犬が喰い残したら、
お空の小鳥に食べさせてやるわ……。

あぁ、ヨカナーン、ヨカナーン、あんたはあたしが愛したたったひとりの人だった。
あたしにとっては、他の男なんてムカつくだけよ。
でもあんたは、あんたは美しかった!
あんたの体は銀の台座に据えられた象牙の柱だったのよ。
鳩と銀百合でいっぱいのお庭だったのよ。
象牙の盾で飾られた銀の塔だったのよ。
この世であんたの体ほど白いものなんてなかったわ。
この世であんたの髪ほど黒いものなんてなかったわ。
この世であんたの口ほど赤いものなんてなかったわ。
あんたの声は不思議な匂いを撒き散らす香炉だったのよ、
それからあんたがあたしを見たとき、あたしは不思議な音を聞いたの。

あぁ! どうしてあんたはあたしを見なかったの? ヨカナーン。
あんたはその手と呪いの後ろに、あんたの顔を隠してしまった。
あんたは目の上に神を見ようとする人の覆いをかぶせてしまったの。
そう、あんたは神を見たのよね、ヨカナーン、でもね、決してあたしを、あたしを見てはいなかった。
もしもあんたがあたしを見てたら、きっとあたしを愛したでしょう。
あたしはあんたを見てしまったのよ、ヨカナーン、そしてあんたを愛してしまった。
あぁ、どれだけあんたを愛したことか! あたしはまだあんたを愛してたのよ、ヨカナーン、
あんただけを愛していたの……

あたしはあんたの美しさに渇いてる、あんたの体に飢えている。
お酒も果実もあたしの欲を満たせない。
どうしてくれるのよ、ヨカナーン?
洪水も海も、あたしの熱をかき消せない。
あたしは王女、なのにあんたはあたしを嗤った。
あたしはバージンだった、そしてあんたがそれを奪った。
あたしは無垢だった、なのにあんたが血に火をつけた。
あぁ! ああ! どうしてあんたはあたしを見なかったのよ、ヨカナーン?
もしもあたしを見ていたら、あたしを愛したはずなのに。
あんたがあたしを愛しただろうなんて、あたしにはよくわかっているの。
だって、愛の神秘は死の神秘よりも偉大なはずなんですもの。

ひとは、ただ、愛だけを想えばいいのよ。

   (オスカー・ワイルド『サロメ』より)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

恋の味

2008年03月30日 14:38

Lucien Lévy-Dhurmer (1896)
あぁ! あなたの口にくちづけしたわよ、ヨカナーン。あなたの口にくちづけしたの。
あなたの唇は苦いのね。血の味かしら?……いいえ、きっと恋の味よね……
恋は苦いものって言うじゃない。でもだから何よ? 何なの?
あたしは、あなたの口にくちづけしたのよ。

   [月明りの一筋がサロメの上に落ちてきて、照らしだす。]

(ワイルド『サロメ』より)
[ 続きを読む ]

月の舟

2008年03月24日 04:39

咲き誇る木蓮

天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ
                      柿本人麻呂(『万葉集』人麻呂歌集1068)


(大意)
果てしなく広がる天の海に、雲の白波が立ち、
その海を月の舟が漕ぎ渡って、星の林に隠れて行くのが見える。
    (角川書店編『ビギナーズ・クラシックス 万葉集』角川ソフィア文庫92(2005)、167頁。)
[ 続きを読む ]

見えないものを見えるものに

2008年03月24日 04:19

上野の夕暮れ、春

妹が家も 継ぎて見ましを 大和なる 大島の嶺に 家もあらましを
                                           天智天皇

秋山の 木の下隠り 行く水の 我れこそ増さめ 思ほすよりは
                                           鏡王女

[ 続きを読む ]

月夜 清明己會

2008年03月24日 04:06

月夜

海神の 豊旗雲に 入日さし
   今夜の月夜 さやけくありこそ

     中大兄皇子(『万葉集』15)
[ 続きを読む ]

感慨深い[形容詞]

2008年03月14日 23:55

 イチゴショートケーキ(肖像画1)


「おかえし」なんていらない

おこづかいはたいて
「くれたぶんのおれい」なんて言わないで

おかえしは五年分の記憶
レモンムースの笑い声
ショートケーキに数式のメモを埋め込んで
ショコラケーキに構文ノートを埋め込んで

「おかえし」なんていらない

だって

「おかえし」はもう
充分すぎるくらい もらったから
[ 続きを読む ]

湖底

2008年03月13日 22:24

ショコラケーキ(肖像画2)

湖の上に氷塊があって
そこに私の建てたものは
廃墟だった
初めから 廃墟だった

礎もなく
崩れかけた円柱は
初めから何も支えず
円柱は 円柱でしかなかったのだ

やがて
氷塊は崩壊した
轟音の中
円柱は無言のまま
水中へと没した
もはや苦痛もなく
思うこともなく

初めから何も支えてはいなかった
円柱は 円柱でしかなく
私の建てたものは
初めから廃墟でしかなかった

東風吹かば

2008年03月12日 22:21

臍マガジン#10表紙

When the east wind blows,
May your fragrance awaken,
Blossoms of the plum.
With your lord no longer here,
Don't ever forget the spring.

Sugawara no Michizane(845-903)
Trans. Ry Beville.



may: [祈願・願望]〈人・事が〉…であります[します]ように
   e.g. May you be very happy!ご多幸を祈ります。(▼I hope you'll be very happy. がふつう)
      May God bless you!神があなたに恵みを垂れたまわんことを。
awake: =awake.[自動詞]〈人・動物が〉目を覚ます, 眠りから覚める
   e.g. I awoke one morning and found myself famous. ある朝目が覚めたら有名になっていた。
Blossoms of the plum:  「梅の花よ」。頓呼法。
With: [譲歩]「~にもかかわらず、~けれども」
   e.g. With all her surprise, she asked for no details of the accident.
      あんなに驚いたのに, 事故の詳細をいっさい尋ねようとしなかった。
Don't: 否定の命令文。「~するな」
ever: 強め。
[ 続きを読む ]

詩はほんとうは経験なのだ。

2008年03月10日 22:30

レモンムース(遠くから近づいてくるのが見える別離)

[…]年少にして詩を書くほど、およそ無意味なことはない。詩はいつまでも根気よく
待たねばならぬのだ。人は一生かかって、しかもできれば七十年あるいは八十年かかって、
まず蜂のように蜜と意味を集めねばならぬ。そうしてやっと最後に、おそらくわずか十行の
立派な詩が書けるだろう。詩は人の考えるように感情ではない。詩がもし感情だったら、
年少にしてすでにあり余るほど持っていなければならぬ。詩はほんとうは経験なのだ。

[…]

まだ知らぬ国々の道。思いがけぬ邂逅。遠くから近づいてくるのが見える別離。
[…]静かなしんとした部屋で過した一日。海べりの朝。海そのものの姿。あすこの海、
ここの海。空にきらめく星くずとともにはかなく消え去った旅寝の夜々。それらに詩人は
思いをめぐらすことができなければならぬ。いや、ただすべてを思い出すだけなら、実はまだ
なんでもないのだ。

[…]

追憶が多くなれば、次にはそれを忘却することができねばならぬだろう。
そして、再び思い出が帰るのを待つ大きな忍耐がいるのだ。
[…]追憶が僕らの血となり、目となり、表情となり、名まえのわからぬものとなり、
もはや僕ら自身と区別することができなくなって、
初めてふとした偶然に、一編の詩の
最初の言葉は、それら思い出の真ん中に思い出の陰からぽっかり生れて来るのだ。

         (リルケ『マルテの手記』新潮文庫、pp.27-28.)
[ 続きを読む ]

生きることが大切だ。

2008年03月08日 16:12

ぴちょんくん1

 人々は生きるためにこの都会へ集まって来るらしい。しかし、僕はむしろ、
ここではみんなが死んでゆくとしか思えないのだ。僕はいま外を歩いてきた。
僕の目についたのは、不思議と病院ばかりだった。

[……]

今日、このほかに僕が見たのは、置きっぱなしの乳母車に乗せてあった子供である。
[……]子供は眠っていた。口を大きくあけて、ヨードホルムやいためた馬鈴薯や
精神的な不安などの匂いを平気で呼吸していた。僕は感心してじっと見ていた。
――生きることが大切だ。とにかく、生きることが何より大切だ。

     (リルケ『マルテの手記』新潮文庫、pp.8-9.)
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。