スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロルド、地中海へ!

2009年08月29日 17:28

フリゲート艦の絵

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、16連-20連
    バイロン作  Shallot B.訳

16
はて、ハロルドはどこだ? さて僕は、
翳のある流浪人を海へと駆り立てるのを忘れるのだろうか?
彼はほとんど、ひとが悔やむものには何も、気にかけることがなかった。
冷淡な異邦人が他の土地へと過ぎ去るまえに、
偽りの悲しみを叫べる愛人もなく、
別れの手を差し出してくれる友人もなかった。
色香も虜にできなかった彼の心は無情なのだ。
しかし、ハロルドは昔のように情を移すこともないので、
溜め息もなく、<戦争>と<犯罪>の地を去ったのだ。

17
僕は思う、暗い青藍の海を出帆した彼は、
幾度もとても麗しい光景を見た、と。
爽やかなそよ風がしかるべきように順風なので、
白帆は風を受けて、壮麗なフリゲート艦は堅固で美しく――
帆柱、尖塔、そして岸辺が右手へと退いて、
燦然とした大海原が舳先へと広がり、
飛び立つ瞬間の野の白鳥たちのように、護衛艦隊が展開する。
もっとものろい船も今は立派に見えるよ――
それぞれの船の船首には飛沫が飛び散り、波はとても楽しげに渦を巻く。

18
そして、おぉ、船内の小さな好戦的世界!
しっかり固定された大砲、網の張られた天蓋、
しゃがれた声の命令、ひっきりなしに鳴り続ける騒音。
一声で、船員は高く檣楼に位置につくとき、
聞け、掌帆長の呼び声を、喝采の叫びを!
水夫の手を用具がすり抜け、
訓練生は、傍に立って、
いいことや悪いことが起こったときに、甲高い号笛を吹き鳴らし、
器用な小僧が従順な水夫に巧く切り抜けさせてやる。

19
汚れのないのは鏡のような甲板で、染みひとつなく、
見張り番の、生真面目な大尉が歩いている。
孤独な指揮官のための、あの厳粛な場所を見ろ。
彼は黙ったまま、みんなに恐れられて、堂々と歩く。
――部下の者どもとは、滅多に口をきかない。
もしその厳正な緊張を維持するつもりなら。
そしてそれがいったん破られれば、征服と名誉を挫くことになる。
しかしどんなに厳しいものでも、彼らの強さを与える掟から、
イギリス人が滅多にそれることはない。

20
吹け! すみやかに吹け、船を押し進める強い風よ!
満ち満ちた太陽が、その細くなってゆく光の筋を引っ込めるまで。
それから、のろまな船がぐずぐずしているので、
三角旗を掲げた旗艦はその帆を緩めなきゃならない。
あぁ! 不満と苦痛の種だ、気の抜けたダルぃ遅れだ、
愚鈍な船のために絶好の風を逃すなんて!
夜明けまでに、どれくらい進めただろう、
こうしてヤル気な海のうえでもの悲しくとどまりながら、
こんなふうに駄船のためにとどまるために、はためく帆を降ろすなんて!
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

のんびり休日は何年ぶり?

2009年08月23日 01:22

4月の新宿09の20

幸福! 死に優しいその歯が、雄鶏の鳴くころ、――早朝ニ、つまりキリストハ来リ給ウの祈りのころ、――いかにも暗鬱な街々で、私にこんな合図を送ってよこりた。

   おお 季節よ 城よ
   無疵な魂などどこにいよう

   幸福についてぼくは魔法の研究を行った
   そいつは誰にも逃れられない

   さあ あいつに敬礼だ
   ガリアの雄鶏が歌うたびに

   ああ もはや欲しがることはあるまい
   あいつがぼくの生を引き受けたのだ

   魂と肉体と諸共にこの魅惑に捉えられて
   努力もみんな吹っ飛んだ

   おお 季節よ 城よ

   あいつの逃げてゆく時こそは ああ
   いまわの際となるだろう

   おお 季節よ 城よ

     ―――

それもはや過ぎたことだ。今日となっては、美に敬礼するすべは心得ている。

(宇佐美斉訳『ランボー全詩集』筑摩書房[ちくま文庫]、1996・1998、293-295頁より抜粋。)
[ 続きを読む ]

夕景

2009年08月16日 18:54

4月の新宿09の19
   夕景

神社のけやきの梢高く
蝉が鳴く
じー、じー、と いつまでも。

畑には 西日が照りつけ
大きな茄子がなっている
なにを思ってなるのやら。

空はどこまでも
高くて広い
白い蜥蜴が優雅に過(よ)ぎる。

激昂した男が
ビルディングの下で叫ぶ
だれも聞く耳を持たない。

神社のけやきの梢高く
蝉が鳴く
じー、じー、と いつまでも。

David Bryanの生き様と強さ

2009年08月16日 14:46

Lunar EclipseLunar Eclipse
(2000/12/05)
David Bryan

商品詳細を見る


ここんところ、ずっとDavid Bryanのピアノ曲を聴いています。
もともと、Bon Joviのメンバーではいちばん好きです。すきすき!
でも、Lunar Eclipseの最後のトラック、In These Armsのシャウトは、なんかもうホントにかっこよすぎで…ハート
このCD自体は、随分前に買ったものですが、何度も何度も聞いています。
お気に入りの一枚。



You Tubeをぼんやりザッピングしていたら、素晴らしい動画に!
ニューヨーク市の教育プログラムに関連した番組っぽいです。
スピーチもイイ! すごく前向きです(←あたりまえ・・・)
「楽器も練習しなければ上達しません、練習すれば巧くなる」
当然のことだけど、その過程がどんだけキツイかってことも触れてる。
音楽の普遍性についても述べています。
何より、ライブ演奏!!
Davidのピアノは、歌詞がなくても、その生き様を語っているように思います。
誰が見ても、カッコイイ。人間としてのかっこよさは、同性・異性を問わず惹きつけるものです。
そんなふうに、なれたらなぁ…。

ミュージシャンは音楽で物語る。
詩人は詩で物語る。

すこしへこたれてたけれど、これでまた歯ァ食いしばる元気が出てきました。
夢は見続けていなければただの影。

負けねぇ!(叫)
[ 続きを読む ]

エルギン卿への痛罵

2009年08月15日 02:39

Elgin Marbles 見上げて


【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、11連-15連
    バイロン作  Shallot B.訳

11
しかし、高みに、女神アテナがいつまでもとどまり、
その古(いにしえ)の支配の最後の遺跡を棄てたがらなかった場所、
その神殿を略奪したすべての者のうち、
最近の、最悪の、愚鈍な強奪者といえば、誰だったっけ?
恥を知れ、スコットランドよ! そいつがおまえの息子だなんて!
イングランドよ! 俺は奴がおまえの子でなくって嬉しいぜ。
おまえの自由民は、かつて自由だったものに思いやりを示すべきだのに、
奴らは悲しみに暮れる社(やしろ)を次々に冒涜し、
いつまでもためらっている海を越えて、これらの祭壇を運んでゆく。

12
けれどやっぱりいちばんは、現代のスコットランド人のあさましいご自慢さ。
ゴート族、トルコ人、そして<時>が見のがしたものを毟(むし)り取るとはね。
女神アテナの哀れな遺跡を移動させる策を練って、
頭で考え、手筈を整えるような奴は、
そいつの故郷の岸辺の岩と、同じくらいに冷たくて、
知性は荒み、心は頑なだ。
アテナの息子たちは弱すぎて聖なる神殿を護れない。
母様の痛みをほんの少し感じたけれど、
それまでは圧制者の軛の重圧感を感じたこともなかったのさ。

13
何と! 女神アテナの涙にイギリスが喜んだなどと、
イギリス人の口から言っていいのか?
おまえの名で、奴隷たちはアテネの胸を痛めつけたが、
恥を感じているヨーロッパの耳にその略奪行為を告げてはいけない。
<海の女王>、自由の国イギリスは、血を流している土地から略奪した
最後の哀れな略奪品を運んでゆく。
そうさ、<女王>はその寛大な援助の手でその名を誉れ高きものとしたのに、
嫉み深い<歳月>が差し控え、暴君たちがそのままにしたあれらの遺物を、
彼女は鳥女怪物の爪で引き裂いたのだ。

14
女神アテナよ! 行く先々で厳ついゴートの王アラリックと
<大破壊>を脅かした、おまえの盾「イージス」は何処へいった?
あの怖ろしい日に、酷い姿で光の下へと冥界から突如として出現した
その亡霊を地獄はとどめておけなかった
英雄ペレウスの息子・アキレウスは何処へいったのだ!
何と! 今一度、冥界の王プルートは、将軍アキレウスに命を与え、
その餌食から第2の強盗を脅すことはできないものか?
いたずらにアキレウスは冥界の憎しみの川ステュクスの岸辺をほっつき歩き、
前は心から護りたかった城壁を、今や護ることもなかったのだ。

15
麗しのギリシアよ! おまえを見詰め、
愛した者の亡骸の傍にいる<恋人>のように感じない心は冷酷だ。
決して元に戻らない遺跡を護ることこそ、最善の義務であったのに、
イギリス人の手で、おまえの城壁が壊され、おまえの崩れさる社(やしろ)が
撤去されるのを見て、泣き濡れない眼は愚鈍だ。
奴らの島から奴らが乗り出し、
今再びおまえの不幸な胸が突き刺し、
忌わしい北国へとおまえの嫌がる神々を誘拐したその時間よ、
呪われろ!
[ 続きを読む ]

朽ち果ててゆくもの

2009年08月15日 02:14

parthenon神殿の絵


【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、9連-10連
    バイロン作  Shallot B.訳

9
おや、きみはそっちにいるのか! きみの愛も人生も一緒になって飛んでった、
こっちに僕を無駄に愛し生かしておきっぱなしにしたのだね。
きみが僕の心に絡みついて、僕の脳裏を<走馬灯>が激しく閃いているのに、
僕はきみを死んだなんて、考えられるもんか。
いいさ、僕は僕らの再会を夢に見よう、
そして僕の虚ろな胸に、二人の姿を映し出そう。
そして、もしも青春時代の<記憶>が一握りでもあれば、
<未来>の命令がどんなものであれ、僕には
きみの御霊が祝福されていると知れて、充分至福というわけさ。

10
座ろう。このどっしりとした石のうえに、
大理石の円柱の、まだ揺らがない定礎のうえに。
サトゥルヌスの息子・ジュピターよ! ここに、おまえのお気に入りの玉座があった。
多くの玉座のなかでももっとも強大な玉座! 
ここから、おまえの住まいの隠れた偉観をたどるとしよう。
それはだめだ。<空想>の眼でさえ、
<時>が苦労してうち崩したものを修復できはしない。
しかしこれらの気高い<円柱>は、通りすがりの溜め息を求めはしない。
冷たいイスラム教徒は座り、チャラいギリシア人は歌いながら過ぎてゆく。
[ 続きを読む ]

イギリスからの手紙

2009年08月14日 21:56

4月の新宿09の18
大好きなイギリスのトーキーの、昔1週間だけだったけど、素敵なホームステイをさせてくれたDennisからメールが来ました。

Dennisはもうけっこういいお歳だとおもうけど、元気! 孫のGemmaが当時中学生だったけど、この前結婚して、そのときの写真を送ってくれました。
そのお返事に、私の近況報告をしたのですが… Dennisのお返事。

It was lovely to hear from you again after a long break. Still I suppose that you do not get much time off work then it is difficult to please everyone and your main priorities are always your family. You surprised me when you said that you only get 5 days holiday in the Summer. How many do you actually get annually? I would have thought that it was in the Japanese businessmen's interest to look after their staff by giving them sufficient holiday. By doing so the staff would be more appreciative and loyal and as a result it would be of great befefit to the respective firms.

忘れかけてた、昔の私の理想。
働き方に対する、理想の姿が、今無残にも惨めな姿で伏しているのが眼に浮かびました。
[ 続きを読む ]

欲しいっっ!!

2009年08月12日 20:35

宇宙の騎士テッカマンブレードDVD-BOX(初回限定生産版)宇宙の騎士テッカマンブレードDVD-BOX(初回限定生産版)
(2009/08/05)
森川智之松本保典

商品詳細を見る


な、なんと!
喉から手が出るほど欲しいっス。。。><;
大好きな『テッカマンブレード』の完全版DVD。
たぶん、アニメの中ではいちばん好きな作品。
シンヤくんもいっぱい映ってるだろうなー><;(←あたりまえ)

…相方はきっと許してくれないだろーなー…。アマゾンで3万円。
毎月1枚ずつ、分割で売ってくれたらな~…(泣)

蛍火

2009年08月11日 21:18

4月の新宿09の17

志賀高原のとある清流のほとりで、仕事仲間と共に蛍狩りに行ったとき、日文在学中の若き男子の詠める句、

 せせらぎに 蛍火がみせる 夏の夜の夢

それに対し、年増の女(=我)、応えて、

 清らなる 流れにきこえる 若き日の 夢は梢に 消え去りてあり

と詠んだ。ちょとした贈答歌ごっこ。少し離れたところより煌々と照らし出すは宿泊中のホテルの明かり。時折通り過ぎる車のヘッドライトが茂みを照らす度に、蛍の光りが消える。苛立つ。
 しかし、しばらくするとまた静かな清流の音が辺りを包み、やがて蛍たちがすーっ、ふーっ、っと、闇に舞う。水場を求める蛍の姿は、どことなく酷く弱々しい。しかし、その姿はやはりとても都会では見られず、綺麗なものだったので、見ていた2人のテンションはなんとなくあがってきて、風流を楽しもうと、今度は連歌の短いものをやることにした。
 そこで、男子が上の句を考えて、

 星空を 水面(みなも)に落とす 蛍火は

と歌った。そこで、すこし考えて、女、下の句を続けて、

 ぬばたまの闇に 漂う溜め息

と詠んだ。2人はなかなかこの連歌が巧くいったので、ホテルへ帰る道々、つぎつぎに連歌をして帰った。
 
[ 続きを読む ]

『ぬらりひょんの孫』第6巻読了

2009年08月06日 01:38

ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)
(2009/08/04)
椎橋 寛

商品詳細を見る


四国編解決です~
『ぬら孫』6巻読了しました~

ストーリー展開としては重要な1巻のはず。
だけど、実際問題、牛鬼大ファンとしては、ちょっと出番が……(笑)
個人的に馬頭丸を看病している牛鬼さんの後姿と、「畏」の紋所(?)の入ったはっぴを持ってたたずんでいる牛鬼さんの後姿に可愛らしさを感じまくりましたが……すきすき!
いやぁ、カワイイっスラブ♪
特に馬頭丸の脇で看病している彼! サイコー! 優しいのねっ!!ムフフ

黒田坊の「苔姫からお礼の手紙もらったもんねっ」も可愛かったわぁほっイケてます(笑)

……ってことは、次の巻で過去編?? 牛鬼の若い日のキラー姿が見られるのかしら?(爆)
楽しみ、楽しみ☆☆

あと、一部話題になっているカバーの裏の三羽烏の名前と兄弟構成には私も爆笑しましたアップロードファイル
ささ美ちゃんのファンになりそうです~☆

<『ぬらりひょんの孫』関連記事>
・ 『ぬらりひょんの孫』第1巻感想
  (牛鬼登場姫系キラキラ
・ 『ぬらりひょんの孫』第2巻感想
  (牛鬼大活躍じーっ
・ 『ぬらりひょんの孫』第3巻感想
  (牛鬼の子供(人間)だったころのエピソードハート
・ 『ぬらりひょんの孫』第4巻感想
  (黒田坊大活躍ハート2つ
・ 『ぬらりひょんの孫』第5巻読了
  (粋な牛頭丸のカッコ良さ全開!!姫系キラキラ
・ 『ぬらりひょんの孫』ジャンプ本誌59幕感想
  (若い牛鬼カッコイーハート

アベ・プレヴォー『マノン・レスコー』読了

2009年08月06日 01:30

マノン・レスコー (新潮文庫)マノン・レスコー (新潮文庫)
(2000)
アベ・プレヴォー

商品詳細を見る


少し前に読んだデュマ・フィスの『椿姫』の冒頭、アルマン・デュヴァルがマルグリットにあげた本として登場した『マノン・レスコー』。確かに類型的には同じところに属するストーリーでしたが、時代もあって、描写はやっぱり『椿姫』のほうが私は好きでした。でも、人間臭さというか、人間が生きていくときの醜さは、こちらの『マノン・レスコー』のほうがよく描けているように思えました。

騎士デ・グリュウよりもむしろ親友のチベルジュに共感してしまった自分。
チベルジュのマトモさが光ってました(笑) むしろ偽善さに近いとさえ思えましたがね。
G…M…氏に騙されて1回目にサン・ラザール(収容所)へ放り込まれたとき、脱獄する場面はなかなかスリリングでした。
個人的にこの時代のアメリカを少しでも描いている場面に興味があるので、最後のほうはけっこう興味をそそられました。先住民の人とか出てくるのかなぁとおもったりもしたけれど、それはなかったのでちょっと残念。ただ、アメリカの開拓の人々の生活状況はやはり決していいものとは描かれないのですね。

ずーっと昔、まだ若い頃にオペラも見たのですが、あんまり記憶が定かではなく…。
ピンとこなかったのかも。
オペラとは小説の結末が少しちがったようにおもいます。

A Summer Night

2009年08月01日 14:53

4月の新宿09の16

A Summer Night
       written by Chuya NAKAHARA
       translated by Ry BEVILLE

Ah yes  a woman passes,
The color of cherry blossoms,
A woman passes  through this chest.

The sludge of paddy fields on summer nights,
These grudges grow remote―
Do mountains around the basin turn in season?

Bare feet are soothed  by sand beneath,
Eyes already opened  are left in solitary waiting,
The foggy sky at night  is black and vaulting.

The foggy sky at night is black and vaulting,
A parent's love will go to any length―
A corolla  passes through this tired chest.

A corolla  passes through this tired chest
Sometimes the gong touches the writings.
The mist is lovely  but it is hot!



chest:胸(郭)(thorax)(▼breastはchestの前部);肺、((略式))胸中, 思い
sludge:[U]泥, ぬかるみ, 軟泥, ヘドロ;半解けの浮氷
paddy fields:水田, 稲田(rice paddy).
grudge:(…に対する)恨み, 遺恨, 怨恨(えんこん);悪意((against ...)) ([類語]grudgeは他者から受けた仕打ちに対し, 許せないと感じていだく恨み. maliceは何かをされたという理由もないのに人に害を及ぼしたいという悪意. spiteはしっとや怒りから, 人に意図的に意地悪くふるまいたい気持ち.)
basin:水たまり, 池、《地文》くぼ地, 低地、(川の)流域
turn:回転する, 回る
Bare feet:裸足
soothe:〈神経・感情を〉鎮静させる, 〈痛み・苦痛などを〉和らげる, 軽くする((away))
solitary:人里離れた, 孤立した, 人跡まれな, 閑静な, 寂しい、〈人・生活が〉ひとりだけの, ひとりぼっちの, 他人とつきあわない, 孤独な;〈旅・仕事などが〉ひとりでする. ▼「ひとりで寂しい」という含みがある.
waiting:待つこと, 待機
vault:穹窿(きゅうりゅう)、アーチ型天井のような覆い e.g. the vaulting of heaven 青空、大空
go to any length:go (to) any length(s)/go (to) all [great, some, considerable] lengthsどんなことでもする, どんな苦労も惜しまない
corolla:《植》花冠
gong:(合図の)どら
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。