サッポーへ捧げる想い

2009年11月22日 22:46

モローのサッポー

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、39連-41連
    バイロン作  Shallot B.訳

39
貴公子ハロルドは航海した。そして悲しみのペネロペが
波間を見下ろした、不毛の場所を通り過ぎた。
そしてその先に見えた、あの丘は、今も忘れられていない
恋する者の隠れ家であり、あのレスボス人の墓。
謎めいたサッポーよ! 不滅の詩行は、
不滅の炎を吹き込まれたその胸を救えなかったのか?
たとえ永遠の命が、大地の子が熱望する唯一の天国である
竪琴(つまり詩)を待ち望んでいるのだとしても、
永遠の命を与えた彼女は生きられなかったのか?

40
貴公子ハロルドが遠くにレウカディアの岬に望んだのは、
ギリシアの秋の優しい夕暮れのことだった。
そこは彼がずっと見たいと望み、離れたくなかった場所だった。
ときおり彼はかき消えた戦争の光景を目にした、
アクティウムの海戦、レパントの海戦、致命的なトラファルガーの海戦。
しかし、彼はちっとも心を動かされなかった。
なぜなら、(彼は幾分縁遠い不名誉な星に生まれついたから)
血みどろの争いや、雄々しい戦いに喜びを見出さなかった、
むしろ殺害者の生業を厭い、軍隊の人間を笑い飛ばした。

41
しかし、レウカディアの遙かに突き出た嘆きの岩の上高く、
宵の明星を目にしたとき、そして
実らぬ恋の最後の場所に望んだとき、
彼はただならぬ熱情を感じた、あるいは感じたと思ったのだ。
そして古代のあの山の影のもとを
壮麗な船舶がゆっくりと進んで行くとき、
ハロルドは大海の陰鬱な流れを見つめていた、
そしていつものようにもの思いに沈んではいたが、
彼の瞳はより穏やかにみえたし、蒼褪めた額には幾分皺が寄っていないようだった。
[ 続きを読む ]

自然というお母さまへ

2009年11月22日 22:35

Minaret

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、36連-38連
    バイロン作  Shallot B.訳

36
先へ! 歌の途中でのろのろ進んではいけない、
我々には、虚構によってではなく、もの想う<悲しみ>によって
導かれて行く山路(やまみち)がたくさんあるし、
沿って航海する様々な岸辺がたくさんあるのだから。
そのうえ、人間の頭が、そのちっぽけな空想で、
かねてより想像する限りに美しい国々が、
あるいは、あの堕落したものがかつてそのように教えられたのであれば、
人がありうる姿を、あるいは人があるべき姿を教える、
新たな<理想郷>にて知らしめられる国々が、たくさんあるのだから。

37
愛しい自然は、その穏やかな表情には、常に変化があるけれども、
なお最も優しいお母さま。
僕はお母さまのお気に入りっ子ではないけれど、決して乳離れしないこの僕に、
お母さまの露わな胸からお乳をたくさん飲ませてほしい。
あぁ! 文明がその小路を汚さぬところでは、
その激しい表情がもっとも美しい!
僕は誰もほかのひとが見ていないときに彼女を見つめていたけれども、
昼も夜も、彼女はいつも僕に微笑んでくれた。
そして僕は彼女をもっともっと追い求め、嵐のときの彼女をいちばん愛したのだ。

38
アルバニアの大地よ! そこは、若者たちがよく口にする名、
賢者の指標とも言える、アレクサンドロス大王が生まれたところ。
そして彼、その大王と同じ名の男もここに生まれ、
しばしば当惑したその敵は、彼の勇敢な偉業の業にひるんだ。
おまえに、荒んだ野郎どもの荒くれ乳母よ!
十字架が沈み、イスラムの光塔が立ち昇り、
そして、町々のたくさんの糸杉の木立ちを通して、
蒼褪めた三日月が峡谷に輝くのだ。
[ 続きを読む ]

中原中也「無題」

2009年11月19日 01:30

サ牧場のお花09

無題
     中原中也 作 (『山羊の歌』「みちこ」より)

   Ⅰ

こひ人よ、おまへがやさしくしてくれるのに、
私は強情だ。ゆうべもおまへと別れてのち、
酒をのみ、弱い人に毒づいた。今朝
目が覚めて、おまへのやさしさを思ひ出しながら
私は私のけがらはしさを歎いてゐる、そして
正体もなく、今茲に告白をする、恥もなく、
品位もなく、かといつて正直さもなく
私は私の幻想に駆られて、狂ひ廻る。
人の気持ちをみようとするやうなことはつひになく、
こひ人よ、おまへがやさしくしてくれるのに、
私は頑なで、子供のやうに我儘だつた!
目が覚めて、宿酔の厭ふべき頭の中で、
戸の外の、寒い朝らしい気配を感じながら
私はおまへのやさしさを思ひ、また毒づいた人を思ひ出す。
そしてもう、私はなんのことだか分らなくて悲しく、
今朝はもはや私がくだらない奴だと、自ら信ずる!

   Ⅱ

彼女の心は真つ直い!
彼女は荒々しく育ち、
たよりもなく、心を汲んでも
もらへない、乱雑な中に
生きてきたが、彼女の心は
私のより真つ直いそしてぐらつかない。

彼女は美しい。わいだめもない世の渦の中に
彼女は賢くつつましく生きてゐる。
あまりにわいだめもない世の渦のために、
折に心が弱り、弱々しく躁ぎはするが、
而もなほ、最後の品位をなくしはしない
彼女は美しい、そして賢い!

嘗て彼女の魂が、どんなにやさしい心をもとめてゐたかは!
しかしいまではもう諦めてしまつてさへゐる。
我利々々で、幼稚な、獣や子供にしか、
彼女は出遇はなかつた。おまけに彼女はそれと識らずに、
唯、人といふ人が、みんなやくざなんだと思つてゐる。
そして少しはいぢけてゐる。彼女は可哀想だ!

   Ⅲ

かくは悲しく生きん世に、なが心
かたくなにしてあらしめな。
われはわが、したしさにはあらんとねがへば
なが心、かたくなにしてあらしめな。

かたくなにしてあるときは、心に眼
魂に、言葉のはたらきあとを絶つ
なごやかにしてあらんとき、人みなは生れしながらの
うまし夢、またそがことはり分ち得ん。

おのが心も魂も、忘れはて棄て去りて
悪酔の、狂ひ心地に美を索む
わが世のさまのかなしさや、

おのが心におのがじし湧きくるおもひもたずして、
人に勝らん心のみいそがわしき
熱を病む風景ばかりかなしきはなし。

   Ⅳ

私はおまへのことを思つてゐるよ。
いとほしい、なごやかに澄んだ気持の中に、
昼も夜も浸つてゐるよ、
まるで自分を罪人ででもあるやうに感じて。

私はおまへを愛してゐるよ、精一杯だよ。
いろんなことが考へられもするが、考へられても
それはどうにもならないことだしするから、
私は身を棄ててお前に尽さうと思ふよ。

またさうすることのほかには、私にはもはや
希望も目的も見出せないのだから
さうすることは、私には幸福なんだ。

幸福なんだ、世の煩ひのすべてを忘れて、
いかなることとも知らないで、私は
おまへに尽せるんだから幸福だ!

   Ⅴ 幸福

幸福は厩の中にゐる
藁の上に。
幸福は
和める心には一挙にして分る。

  頑なの心は、不幸でいらいらして、
  せめてめまぐるしいものや
  数々のものに心を紛らす。
  そして益々不幸だ。

幸福は、休んでゐる
そして明らかになすべきことを
少しづつ持ち、
幸福は、理解に富んでゐる。

  頑なの心は、理解に欠けて、
  なすべきをしらず、ただ利に走り、
  意気鎖沈して、怒りやすく、
  人に嫌はれて、自らも悲しい。

されば人よ、つねにまづ従はんとせよ。
従ひて、迎へられんとには非ず、
従ふことのみ学びとなるべく、学びて
汝が品格を高め、そが働きの裕かとならんため!
[ 続きを読む ]

強さの意味

2009年11月11日 13:50

シオドメの夕暮れ09-11

弱かろうが強かろうが、おまえはそこにいる。それが強さなのだ。
                             ランボー(『地獄の季節』「悪い血」より)

『フランス幻想民話集』読了

2009年11月02日 01:23

秋の空09-10

フランス幻想民話集 (1981年) (現代教養文庫〈1047〉)

『バスク民話集』に引き続き、フランスの民話にハマっています…おばけ
『フランス幻想民話集』読了しました☆

フランスの幻想系文学は、ランボーの詩の背景になりそうな素材がゴロゴロしていることに今更ながら気づきました。19世紀のフランスの文学の源流は、恐らくこういうところに端を発しているのではないでしょうか。

「恋人たち」の章では、「ナイチンゲールを恋した娘」のような、可愛らしい女の子がその美しい死を遂げるまでの儚い恋の経緯が描かれています。モチーフとして登場する薔薇の花や小鳥、少女などはレオン・フレデリックの絵画を想起させます。光りの具合の美しいことも、これに拍車をかけているのではないでしょうか。
「煉獄からの復讐」では、モリエールの『ドン・ジュアン』(モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』のほうが印象深いですが)のような、大変なスケコマシ野郎氏が、騙してモノにして棄てた結果、(キリスト教は処女を失った女性に対する大変な差別がありますから)命を絶つに至った女の子たちの亡霊に復讐をされるというもの。ネタとしてはありがちのような気がしますが、オフィーリアに見られるように、その文化的背景を加味するならば、やはりその罪は許しがたいもので… しかし、それにしても背筋の凍りつくような復讐。

「悪魔」の章では、やはり「妖術師見習」が面白かったです。
サバトへと向かう妖術師見習が、空を飛ぶ呪文を間違えて、素っ裸のまま木に引っかかっているところを語り手に発見されるという、大変に間抜けなもの。悪魔の集会=サバトへ向かうという禁忌を侵していること自体が既に地獄落ちというか、処刑に値するという価値観で見るなら、この木にひっかかっている男は、試みに失敗したとはいえ、試みただけでももう大変な罪を侵していることになります。そして、間抜けなことに、裸で失敗するなんて…(汗) 笑い話なんでしょうか? いやー…こわい話に分類されているはずなんですが、なんか滑稽ですね。

「領主」の章では、「レオナルド伯爵の財宝」がイチオシ。自らの子供の心臓を悪魔に売ってまで財宝を手に入れようとする男を、悪魔がたぶらかして、なぜかその悪魔が罰してやるという…。内臓のなかでも、心臓はやはり最も悪魔をひきつける臓腑なのでしょうか。コワ~イ!ねこ

「求道者」の章では、「袋に入れ!」で少しほっとしました! 主人公がまっとうな聖者のような男なので、勧善懲悪に近い展開。仙女のイメージはディズニーのピノキオの仙女。美しい物語でした。

最後のふたつの章「死者」と「亡霊」は、どちらも墓と切り離せないし、霧の中を進むような、茫漠とした世界を、実体のない亡霊や死者たちが列をつくってやってくるような、まさにベルギー象徴派の絵画のような世界を描いています。暗闇のなかに浮かび上がる蝋燭の炎は、あまりにも弱く、おぼろげです。

キリスト教と異教の混在する民話のなかに、やはり強く根を張っているキリスト教的「罪」と「悪」のイメージは、具体的なモチーフとなって、ストーリーにちりばめられているのですね。禁忌の侵犯がどれほど恐ろしい罪かということを、改めて感じました。処女の神聖視、神の冒涜、悪魔との接触… これらはまた、ヨーロッパ文化を紐解く上で、ひとつの重要な役割を果たしているのも事実ではないでしょうか。

『バスク奇聞集』読了

2009年11月01日 02:01

春の新宿09、少年たち

フランス民話 バスク奇聞集 (現代教養文庫)

ペローの童話集にも一時期ハマリましたが、今回はたまたま図書館で発見したバスク民話集に魅せられました、『フランス民話 バスク奇聞集』読了しました。

まず、ラミナという妖精の物語は、挿絵に惑わされなければ、かなりイギリスの妖精物語に通じるものがあるのではないかしら、と思いました。キリスト教的観点からすれば、タルタロという怪物のお話とひとからげにされて、完全に悪魔の一種にカウントされそうですが、悪者ではなく、これはむしろ日本の妖怪に近い、土地神のようなものでもあるのではないのかなと思いました。

「悪魔と魔女たち」の章では、3つめのお話の「すべての垣根を越えて」が印象的でした。「垣根」をキーワードにすえるなら、垣根を跨ぐ者こそ、魔女に他ならないのですから、それが人々に語り継がれていたということがヨーロッパにおける「魔女」信仰の根深さをうかがわせます。

「ことばを話す動物たち」の章では、6番目の物語「美女と蛇」。美しいです~! 美女と蛇っていう取り合わせもかなり素敵(爆)ですが、ストーリー全体をとりまくイメージの美しさが半端じゃないです。どことなく『美女と野獣』を思い出させますが、野獣じゃなくて蛇ってところがイイ!ウインク フィフィーヌ(王女)とアゾール(蛇氏)のやり取りが、なんだかお互いの優しさをめっさイイ感じに伝えてくれます。温かい、優しい、美しい物語。アゾールの気分でお屋敷の雰囲気が変わっちゃうってところもまた素敵です☆

他にも、とっても間抜けな(?!)聖ペテロとイエスの漫才物語(汗)(正直漫才と思います~)とか、なぜか詐欺師の味方の語り手が語るペテン物語とか、魅力的なお話が満載でした!


Articles