スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世にひとりっきり――『ハロルド』第2編終結部

2010年04月26日 00:05

へーぜるなっつチョコレートの貝殻

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、94連-98連
    バイロン作  Shallot B.訳

94.
こうして延々と歌い過ぎながら
不名誉な歌で自分の暇をつぶしてきた者よ、
おまえの声など、すぐに、後の、より偉大な詩人たちの
声の真ん中で、かき消えてしまうだろう。
萎れてゆく名誉をめぐる闘争は、彼らに譲ってやろう。
褒めてくれたかもしれない温かい心は冷たく、――
愛するひとのいないところには、喜ばせるひともいないのだから、
辛辣な<批評>や偏見に満ちた<絶賛>に気をつけるひとは、
今や、そんな争いにはちっとも心を動かさない。

95.
きみも逝ってしまった、愛された、美しいひとよ!
<青春>と<青春>の愛情がきみを僕に結いつけた。
きみは、ほかの誰もがしなかったことを僕にしてくれたひと、
きみに値しなくても、僕を避けなかったひと。
俺って何なんだろう! きみはもういない!
この故郷できみの流浪人の帰りを待っていてくれるきみがいない、
僕らがもう会えないことを、いつまでも嘆いているよ。
過去のことでなかったらなぁ、でなきゃいずれのことだったらいいのに!
放浪の新しい理由を見つけるために、帰るのでなけりゃいいんだが!

96.
おぉ! いつまでも愛情に満ちた、美しい、愛しいひとよ!
なんて身勝手に<悲愴>は過去を思い、
今や消えたほうがずっといい想念にしがみつくのだろう!
でも、<時>はついに僕を君の影から引き離す。
俺のすべてはおまえのものだ、峻厳な死め! おまえの手の内なのさ。
親も、友も、そして今では友達以上のひとがおまえのものだ。
おまえの矢がこれほど早く一人に向かったことはないし、
まだなお悲しみと混ざり続ける悲しみは、
<生>がまだ与えてくれた密かな喜びをもひったくってしまったんだ。

97.
それじゃ、僕はまた群衆のなかへと飛び込み、
<平穏>が見下すものを、求めなくちゃならないのか?
そこじゃあ、<宴>が呼び、無駄に大声の<笑い>が
心とは裏腹に、うわべの頬を歪め、
疲れ切った魂をくたくたに疲れさせている。
やむを得ず元気づいた外見はまだ、
喜びを装い、苛立ちを隠せる。
微笑みはやがて来る涙のもとを作り、
下手に隠した嘲りで唇を歪ませる。

98.
老齢に伴う悲哀のもっとも悪いものは何?
額により深い皺を刻み込むものは何?
それは、<人生>の紙葉から愛するひちがひとりひとり消えてゆくのを見ること。
そして、今の俺のように、この世でひとりぽっちになること。
懲罰者のまえにつつましく僕は頭を下げる。
引き裂かれた心のうえを、砕かれた希望のうえを、
虚しき日々よ、転がってゆけ! 箍の外れたように、零れ落ちるがいい。
<時>は俺の愉しみをすべて奪い去り、
<老年>の苦悩で、俺の青春を蝕んでしまうんだ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

こよなくギリシアを愛するひとの叫び その4

2010年04月25日 23:50

athena blue

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、91連-93連
    バイロン作  Shallot B.訳

91.
しかし、おまえの壮麗な過去の残骸に、
哀愁を感じながら飽きもせず、過客たちは集ってくる。
永く、旅人はイオニアの潮風に乗って
<戦争>と<歌>の耀う国に挨拶を告げる。
永く、おまえの歴史と不滅の語りが、
その名誉で、多くの海岸の若者心を満たすのだろう。
老人の誇り!青年の教え!
<賢者>は崇め、<詩人>が慕う。
そのとき、女神アテナと詩神ミューズがその畏れ多い智慧を授ける。

92.
もし、心を同じくしてくれるひとが、温かい団欒を迎えてくれるのなら、
旅人の心はいつもの家庭を離れない。
孤独なひとは、此処をさまよい、
性に合った大地を満足げに眺める。
ギリシアは快活で陽気な土地ではない。
しかし、神殿デルフォイの聖なる山の辺をゆっくりと歩き回り、
ギリシア人とペルシア人の滅びた平原を見つめるとき、
悲しみが宥めてくれるひとはそこにとどまり、
自分の誕生地を悔やんだりはしない。

93.
こういった旅人たちをこの聖地に来させ、
魅惑的な荒野を穏やかに通しておやり。
でも、その遺跡はいけない。せわしない手はいけない、
その光景を、もうどんなに損なわれたか、その光景を傷めてはいけない!
祭壇はそんなことのために設けられたんじゃない。
かつて国々が崇めていた遺物を崇めるんだ。
そうすれば、<我が国>の名は貶められることもなく、
そうすれば、<愛>と<生>の、すべての誠実な喜びによって愛され、
おまえの若者が育った場所で、おまえは繁栄するだろう!
[ 続きを読む ]

『Beverly Hills 90210』とバイロン

2010年04月25日 01:26



NHK教育で放映中の『新ビバリーヒルズ青春白書』、実は毎週見ています☆
何を隠そう、13年前、私がバイロンの深みにはまるきっかけをくれた番組こそ、元祖『ビバリーヒルズ90210』でした。
動画は、そのきっかけとなったまさにその場面↑。
ブランドン:「おやおやディラン君、バイロン卿をお読みかい?」
ディラン:「ああ、こいつもなかなか狂った奴だぜ。」
(忘れたくても忘れられない、このやり取り。日本語吹き替えは確かこんなだったと思う。)
このセリフで、初めて私はバイロンを知り、翌日新潮文庫の『バイロン詩集』を買い、…。

で、何をいまさら記事にしたかというと、
先ほど(4月24日(土)夜11時~)やっていた第4話
ディクソンとシルバーが国語(英語)のフラネリー・オコナーの小テストを受けるときの、国語の教室に、
なんとバイロンの肖像画がなぜか複数掲示されていたんです…!!
すぐわかったよ…(笑)

なんでこの番組、こんなにバイロンがいっぱいなんですかね…><;
変にテンション上がっちゃったじゃない

新ストーリーでは、シルバーが一番お気に入り。男の子は…まだ分からん。
(ちなみに、旧ストーリーのお気に入りはディヴィッドがダントツお気に入りでした/笑
ヴァレリーに憧れて、おんなじ髪型にしたこともあったなぁ…髪型だけですけど。
第6シーズンがいっちばんお気に入りだったんです~)

というわけで、近日中にバイロン『チャイルドハロルド』第2編の最終部をアップしま~す…

ハインリッヒ・ハイネ『アッタ・トロル』(1847年)第19章

2010年04月17日 01:30

王妃ヘロディアスとヨカナーン
↑フランチェスコ・デル・カイロ 「ヘロディア」1625-30、キャンバス、油彩

ハインリッヒ・ハイネ『アッタ・トロル』(1847年)第19章
(魔女ウラーカに促され、窓ごしに見た精霊たちの一行のなかにヘロデアの姿がある。)

そして君の心をかくも深く動かした
三人目の女、
これも、さきほどのふたり同様、
魔性の女であったのか。

悪魔か天使か、それはわからぬ。
女というもの、どこまでが天使で、
どこからが悪魔か、
はっきりとはわからぬものなのだ。

肌白きうえに情炎のもえる顔には、
東方の魅力が息づいていた。
絢爛豪奢(けんらんごうしゃ)な衣装は
シェーラザード妃の物語から抜け出してきたようだ。

柘榴のごとく甘美な唇、
なだらかにたわむ百合のような鼻、
オアシスをふちどる椰子を思わせる
すらりとしたすがすがしい姿。

女王は貴(あて)やかに白馬に身をまかせ
かたわらを行く、
ふたりの黒人に
金の手綱を曳かせていた。

まさしく、それは女王の中の女王、
ユダヤの国の王妃であった。
洗礼者ヨハネの首を所望した
あのヘロデ王の美しい后だった。

そんな流血沙汰の責めを負い、
この女王もまた呪いをうけた。
最後の審判の日まで、さまよえる亡霊となって、
夜な夜な幽鬼の狩り行く群れに従わねばならぬのだ。

両手には、いつまでも
ヨハネの首を載せた盆をもち、
そして、それに接吻する。
そうだ、熱烈にその首に接吻するのだ。

というのも、女王はむかしヨハネに恋していたからだ。――
聖書にそのことは書かれていない。
が、人々はヘロデアの、
血なまぐさい恋物語の記憶を忘れてはいなかった。――

そうでなければ、女王がみせた欲情の
何故なのか説明もつくまい。――
愛してもいない男の首なんぞ、
所望する女なぞいるはずがない。

ふとしたことで、愛しい男に憤り、
その首をはねさせたにちがいない。
ところが盆に載る、
愛しい男の首をみるや、

ヘロデアは、胸をふさぎ、涙に暮れ、
恋に狂って息絶えたのだ。
(恋に狂う! とはなんたる言葉の無駄遣い。
恋とはもともと気狂いのこと。)

夜ともなると墓から甦り、
血のしたたる首を手にして、
幽鬼の狩りに出掛けていくという噂。
しかも狂った女の気紛れから、

子供のように笑いころげながら、
ときどき、その首を宙に投げあげ、
上手にそれを受けとめて、
鞠投げにでも興じているみたい。

前を通り過ぎるとき、
僕を見つめて媚びるように、
悩ましげに頷いた。
僕は心の底までぶるっとした。


*ハイネ『ハイネ全詩集』(第3巻)井上正蔵訳、角川書店。
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。