スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地神との邂逅

2011年06月10日 14:27

レマン湖の夕暮れ

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、85-91連
    バイロン作  Shallot B.訳

85
穏やかに澄むレマン湖よ!
僕の住んでいた気違いの世界とは対照的に、
静謐さで、もっと純な泉を求め、
<地上>の荒れ狂う海を捨てるよう、その湖は僕を戒める。
この静かな帆は、僕を狂気からそっと運び出してくれる、
音をたてない翼のよう。
僕はかつて引き裂かれる<大海>の叫びを愛したけれど、
湖のやわらかいひそひそ声は、かつて狂おしいほどの歓喜に僕が感動してしまうのを
姉さんの声が咎めてくれたみたいに優しい。

86
静かな夜。岸辺と山の端(は)には、
澄んだ暮れがた――やわらかに混じりあっているけれど、
はっきり見える――唯一黒ずんでいるのはジュラの山々、
〔雲に〕覆われた峰々は、高く、切り立った断崖が現れる。
そうして、近づいてみると、
岸辺からは開いたばかりの花の、
息づく芳香が漂ってくる。
耳には、小舟の縁(へり)に掲げられた櫂から滴り落ちる軽い水滴の音、
あるいは眠りへと誘う歌を歌うきりぎりすの鳴き声。

87
夕暮れ時、きりぎりすは浮かれ騒ぎ、
幼子のように生き、存分に歌う。
ときおり、一瞬、茂みから鳥の鳴き声がして、
それから静まりかえる。
丘に漂ってくるささやき声が聞こえてくるように思えるけれど、
それは空想に過ぎない。というのも、
静寂のうちに<星明かり>の露が、流れる<愛>の涙をそそぎ、
<自然>の懐深く、その色合いの息吹を吹き付けるまで、
涙を落とし続けるからだ。

88
おお 星々よ! <天>の詩(うた)よ!
その燦々たる紙葉に我らが人民と帝国の運命を読み解くなら、
偉大になりたいという野心のうちに
己の運命が人間の領分を乗り越え、
不滅のあなたがたに近しくなったと言い放つのを、
どうかお許し願いたい。
というのも、あなたがたは<美>であり<神秘>であり、
<運勢>、<名声>、<権力>、<生命>は己を<星>と呼ぶがゆえに、
御空(みそら)から、我らのうちに愛や畏敬を抱かせるのだ。

89
<天>も<地>もみんな静かだ。眠っているのじゃない。
ぐっときた時に息ができないのと同じように、静かなんだ。
深く考え込んだときのように、黙っている。
<天>も<地>もみんな静かだ。御空(みそら)の星の軍勢から
凪いだ湖、山の縁(へり)に至るまで、
何もかもが激しい生命ひとつに集められる。
そこでは、ひとすじの光も、空気も、葉も失われず、
すべて<霊(ち)>の一部分を担う。その(<霊>の)薫りは、
<造り主>であり<護り神>であるものの薫りだ。

90
そのとき湧きあがる無限の感情、
もっとも寂しくないところで、ひとりでいると感じる、あの感情。
私たちの中で熔融し、自我を清める真実。
それは音色、<音楽>の精髄であり根源。
永遠(とわ)の調和を与え、すべてを美で結ぶ
神話で知られる美しい女神の帯のように、魅惑を放つ。
たとえ恐ろしい<死>に災禍を及ぼす絶大な力があったとしても、
それは奴の力を削ぐだろう。

91
地上を一望できる高台や山頂に
古代のペルシア人が祭壇を設け、
適所に壁のない寺院を建立し、
そこで精霊を求めたのは、有意義だった。
人の手によって築かれているので、
精霊を崇めるには、社(やしろ)は不充分だ。
さあ、較べてみたまえ。ゴシック風だかギリシア風だかの円柱や偶像の居と、
大地と空、<自然>の崇敬の領域とを。
妄信的な(偶像の)棲家に区切りをつけて、きみの祈りを固定させてはいけない!
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

夜を知った男

2011年06月03日 20:38

【夜を知った男】
     作 フロスト
     訳 Shallot B.

私は夜を知った男
雨の中に飛び出して、雨の中に戻ってきた
街の灯も ずっと遠い

惨めな街の小路を見下ろした
巡回する夜警とすれ違い
視線を逸らした 話したくなくて

帰れとかあばよとか言うのじゃないが
別の通りの家々から
さえぎるような叫び声が遠く聞こえて

私は静かに立ち止まり、足音を消した
ああ 天上の高みの遠い静寂
夜空にかかる煌く星々の時計が

時には善も悪もないと告げた
私は夜を知った男
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。