スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正か邪か生か死か問題だ♪

2011年07月31日 14:36

てんぽーじゅーにねん
天保十二年のシェイクスピア (1973年) (書下ろし新潮劇場)天保十二年のシェイクスピア (1973年) (書下ろし新潮劇場)
(1973)
井上 ひさし

商品詳細を見る


井上ひさし『天保十二年のシェイクスピア』。必要に迫られて、とりあえず、7月下旬に3回弱精読しました…。
で、縁あって「劇団新感線」のDVDを見ました。

これ、すげーわぁ。

①私、テレビドラマ「大地の子」以来の上川隆也のなんちゃってファンなのですが、
上川さん、やっぱすごすぎる! 原作の台本読んだだけだと、三世次はイマイチ嫌なヤツキャラくらいにしか思わなかったけど、この舞台の三世次はカッコイイ!(ぇ)
「ことば・ことば・ことば」の歌とか演出も面白い&ビックリだし!
楽しい気持ちになりました!(悲劇なのに!)

②清滝の婆がカワイイ!
ばばあなのに! 動きがカワイイ!!!>▽</
口調が移っちゃって、仕事場で思わず何を言うのにも芝居がかってました(笑)
もちろん、ばばあの真似!!

③王次とお光の「好いた同士に」の歌が楽しい☆
「す~いた同士に☆ うれし~~や春は☆」って一緒に歌いたくなる(爆)

④王次の通称「問題ソング」も嫌味がない!


これは、蜷川幸雄演出の王次役藤原竜也版で較べるとよくわかります。


蜷川幸雄演出のほうが、台本(原作)に近いのではないかしら。
井上ひでのり演出(王次役阿部サダヲ)版ではカットされた「邦訳の列挙」の場面も忠実だし。


舞台の華やかさは井上ひでのり演出のもののほうが圧倒的だし、面白さも嫌味のなさも井上版のほうがいいかもしれません。ただ、井上ひさしの原作に忠実なのはやはり蜷川版のほうでしょうから、その辺も加味するべきかも。

とりあえず、井上版は、歌がめっちゃおもしろくって、楽しい気持ちになりました☆
この濃いぃ~~~台本、ちょっと嫌な気持ちになる台本を、面白く感じられたのは収穫です~☆
スポンサーサイト

Bon Jovi(メロコア)日和

2011年07月28日 18:53



月曜から水曜まで、すご~くバタバタしてて、
記憶もないくらい走り回っていたのは事実。

で。

今日はお仕事お休みなはずなのですが、
いろいろと人に会うはずの用があり、出かけました。

睡眠5時間半。
朝、泥のように重たい体を無理やりひきずり上げて
午前中から出かけたにもかかわらず、

――待ち人来ず…。

打ち合わせは来週月曜日に再設定。(また午前中から出るのか…。/遠い目)
いえ、いいんです。
でも、ちょっと眠かった…。

昼に別の人物を待っていたのですが、

――またしても待ち人来ず&連絡とれず…。

ま、いいんです。
ちゃんとおいしいお昼食べたしね。
でもね、…おそろしいまでのスカぶり…。



とりあえず、午後はちゃんと文学日和だったので素敵な時間でしたが、

その後大学図書館へ行ったところ、
試験期間中ということもあり、めちゃ混み。
あんな席の埋まっている図書館見たの、初めて。
市立図書館の社会人席ばりに…。

敢えなく、6冊を借り、計10冊の重みをかばんに感じながら、
電車を乗り継ぎ、(自転車なので)坂道最短の家路をあきらめ、

休みの事務所でお茶をしてから帰ることに決めたのが
午後5時。



まったりLady Grayのお茶をいれて、
Pretty Maidsの「Savage Heart」とかBon Joviのメロコア系を聴きながら
まったりしていたら…

電話。

…仕事しちまった…。



とりあえず、この後、家に帰ったら、
恐ろしいほどの内職を片付けなくてはならないことが分かっているので、

帰るのをためらっている次第。



でも、そろそろ暗くなってきたので、帰ろうかな。
[ 続きを読む ]

レマン湖畔――嵐の夜に

2011年07月24日 18:57

5月の情景2011の2
【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、91-98連
    バイロン作  Shallot B.訳
92
くるめく空! なんというくるめき! おお<夜>よ、
<嵐>よ、<闇>よ、おまえたちは素晴らしく強い、
それでいて、女の黒い瞳の輝きように、
強さには美しさを秘めている。
矢継ぎ早に、峰から峰へと、轟音を響かせる岩巌を抜けて、
雷霆が生き生きと跳ねまわる! ひとつの雲からじゃなく、
それぞれの山全体がことばを放っている。
そして、霧の白布を引き裂いて、大声で呼びかける歓喜のアルプスに、
山脈ユラは答えるのだ。

93
そしてこれは<夜>のうちに、――なんと燦然たる<夜>!
おまえは眠りのために来たんじゃない!
俺にその峻烈さと凄まじい狂喜を分けてくれ、
おまえの嵐の分けまえを!
なんと閃く湖が輝くのだろう、燐火の海、
そして大粒の雨が地上へと踊りながら落ちてくる!
やがてまた闇。今、まるで幼い<地震>の誕生を慶び、
山々は嬉しい大声を出しては、
山々の浮かれ騒ぎで震動する。

94
さて、掘りこまれた溝があまりにも深いので、
心が毀れているのに二度と会えない、
憎み合って別れた恋人たちのように見える<高み>の間を
敏捷なローヌ河はどうと流れてゆく。
お互いに啀(いが)み合う魂(こころ)を貫いて
人生の花を枯らし、消えていった、愚かな怒りの根は、
まさに<愛>にあったのだ。
その<愛>が終わり、冬の時代、心の中で戦い続ける争いの時代を
恋人たちに残したのだ。

95
さて、そうして怒涛のローヌ河は息せき切って流れ、
行く先では、強大な嵐が仁王立ちしている。
ここでは、ひとつの嵐ではなく、実に数多い嵐が戯れていて、
手から手へと、閃かせてはあたりに散らして、雷を投げつけている。
分かたれた峰々を抜けて、この雷群のなかで、
とりわけ鮮烈なものが、
その閃光を万朶(ばんだ)とする。
<破壊>が作り出したような溝では、潜むものは何であれ、
灼熱の矢が放たれるべきとわかっているようだ。

96
<空>、<山々>、<河>、<風>、<湖>、<閃光>!
おまえたち! 夜と雲と雷をもって、
これらを捉えさせ、感情とした<霊魂>が
俺を眠らせなかったのも当然だ。
遠ざかるおまえの轟く声は、
たとえ横になっていても、眠らぬ俺の中の弔鐘だ。
だが、おお<嵐>どもよ! その行き先はどこ?
おまえたちは人の胸中のようなのか?
それとも、鷲のように、高みに巣を見つけるのか?

97
今、僕の中にあるものを表し、打ち明けられたら、――
僕の考えをことばにできて、それから
魂を、心を、精神を、熱情を、強かれ弱かれ感情を、
僕の探し求めてきたものすべてを、そして今も探し、
抱き、理解し、感じ、そしてことばに洩らすすべてのものを、
一言にできたら、そしてその一言が<閃光>であれば、
僕は語るだろう。でも実際はそうではないので、
声なき思いを抱き、刀のように鞘に収め、
誰にも告げずに生きて死のうと思うよ。

98
また<朝>の光が立ち昇る、露けき<朝>だ。
芳しい吐息、花ひらくような頬をして――
戯れに嘲り、雲を笑い飛ばして、
大地には墓などないかのように生き生きして、
真昼へむかって輝いていく。
僕らは生の行進を再開するんだ。
だが、綺麗なレマン湖よ! 僕はまだきみの岸辺で瞑想の場所と糧を見つけ、
適切に思いをめぐらせば、僕らを立ち止める多くのものを
見のがさないですむかもしれない。
[ 続きを読む ]

フランスの詩と版画―ひびきあう魂の航跡@町田

2011年07月17日 21:11

さて。
毎日暑いですが、町田駅から町田市立国際版画美術館までの道のりは、夏はけっこうキツイです~。
でも、ランボーとロートレアモンへの愛があるので、頑張って(クラクラしながら)行ってきました~!
現在、「フランスの詩と版画 ― ひびきあう魂の航跡」展が開催中なのです☆
(会期2011年6月18日(土)-8月7日(日)なので、けっこう焦ってました…!!)

入ってすぐ、「ヴェルレーヌとランボー」! ひゃっほー☆(^▽^)/

実はヴェルレーヌさんの詩をちゃんと読んでないので、ドニの版画(挿絵)と合わせて雰囲気で読みました。

で。
ランボーさんですよ!
いろいろな作家さんの描くランボー氏の肖像がありましたが、
いちばん惹かれたのは、ヴァランテーヌ・ユゴーのもの(↓ネット検索で発見)。
Valentine Hugo3
(1962、リトグラフ)
雲の上を歩くランボーさん。
ヴェルレーヌの落書きをもとに描かれていますね!
このヴェルさんのもと絵も好きなのですが、それに磨きがかかってる感じで素敵です☆

『地獄の季節』によるマッタの絵画は、なんか緑と赤と黒と白線の世界が個性的でした…。
(私の思う『季節』よりも濃かった。)

で、「ロートレアモンの世界」!!
しかも大好きなビュフェの挿絵!!

<獰猛>や<悪徳>を象徴する鮫は、作品中に反復して描かれていますが、
ビュフェの鮫カッコイイ!!(↓これもネット検索の賜物/汗)
マルドロール、ビュフェ
サソリもカエルも、すべてがカッコイイ!!
マルドロールの詩とめちゃめちゃ合ってました!!
(そして原文でじっくり読みたい/夢)

他にもボードレールの『悪の華』をルオーが描いていたのもありました。
こちらは悪魔の描写が印象的。
なぜか『パリの憂鬱』の、深夜に亡霊のように現れる三匹の悪魔を思い出しました。
(実は『悪の華』は難しいので、ところどころしか覚えていなかったりする!)

ラフォルグとアラゴンの詩もありました!
(アラゴンのことは師匠がいないと分からないダメ弟子です…。)

ハンス・アルプのカワイイ形と詩があって、
この作家の作品は、見ているだけで心が和みます~
詩をちゃんと読めるようになれると良いのですが、
単語がとびとびな感じで、ちょっとキャプション欲しかったです。
(でもアルプ好きにはニコニコの展示でした! アルプ好き~~!!>▽<)

そして、ゆっくりフランス詩に埋没したいと思った午後でした☆
(ベンチでフェリシアン・ロップスの展覧会の図録見つけて、テンションまぢ上がりました

ロートレアモン全集 (ちくま文庫)ロートレアモン全集 (ちくま文庫)
(2005/02/09)
石井 洋二郎

商品詳細を見る


ボードレール全詩集〈1〉悪の華、漂着物、新・悪の華 (ちくま文庫)ボードレール全詩集〈1〉悪の華、漂着物、新・悪の華 (ちくま文庫)
(1998/04)
シャルル ボードレール

商品詳細を見る
ボードレール全詩集〈2〉小散文詩 パリの憂鬱・人工天国他 (ちくま文庫)ボードレール全詩集〈2〉小散文詩 パリの憂鬱・人工天国他 (ちくま文庫)
(1998/05)
シャルル ボードレール

商品詳細を見る


↓この詩集、名訳デス!!>▽</
ランボー全詩集 (ちくま文庫)ランボー全詩集 (ちくま文庫)
(1996/03)
アルチュール ランボー

商品詳細を見る
[ 続きを読む ]

この花を

2011年07月17日 20:30

5月の情景2011
この花を きみに贈ろう
いとおしい 島からきみへ
  涙降る 僕らの空の下
  その色を その薫る霊を
  きみは憶えてる?

   ジュディット・ゴーチエ(『蜻蛉集』より)



初めてかも…><
1ヶ月以上ごぶさたしてしまいました…!!

いや~… 忙しい、忙しいとはいえ、あまりにも…!
今年の目標「1ヶ月5記事」はまんまと6月は潰えてしまいましたが、
今月はまだあと半月あるので、頑張ります!

↑の詩は、東京丸の内にある三菱一号館美術館で開催されている「もてなす悦び」展で出品されていたジュディット・ゴーチエの和歌の仏訳の日本語訳です(ェ)。

和歌を西園寺がフランス語に訳したものをジュディスがフランス語の韻文訳に仕立てたとか。
(詳細はこちらのページをご参照のこと。)
トンボの版画が美しい書物でした。
[ 続きを読む ]


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。