スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひねもす

2012年02月19日 02:20

ひねもす
おひさまのひかりを感じるひまもなく
あわただしく夕暮れが訪れて

髪の毛は天にとどきそう
苛立ちのまま
お月さまももうすぐ沈む
スポンサーサイト

痕跡

2012年02月14日 03:27

きれいに洗い流して
いい匂いのする石鹸で
ごし ごし ごし
洗い流して

なにもなかったかのように
鏡の前に立って
にっこり

そう
なにもなかったのよ
初めから

滲んだ血も
穢れた涙も

なにもかも
初めから

tears

2012年02月14日 02:16

寂しい夜は
涙の数珠を 繋ぎましょう
水晶みたいに透明で
穢れのない 涙を

ストーブのうえで
ガタガタ音を立てている
やかんから噴き出す
蒸気とともに

洗った髪が
冷え切っている
誰にも暖められずに
ひとりでいるのだから

寂しい夜は
涙の数珠を 繋ぎましょう
水晶みたいに透明で
穢れのない 涙を

Silence

2012年02月14日 02:06

かじかんだ指先が
冷え切った頬に触れる
しっとりとした肌に
曇った夜空から届く静けさ 切なさ

いやに凍みる雫が ひとつ

滲んだ悲しみは
とりかえしのつかない過去へと遡る
あのとき あの日へと
怒りではなく ことばに尽せない 疲労とともに

求めたけれど 受け入れられなかった思い
求めたけれど 届かなかった願い
求めたけれど 毀れてしまった煩い
求めたけれど 消えてしまった熱意

ひとはテレパシーを持たない
他人の心を読めない
だから直感や表情を読む力があるはず なのに
なかなか通じない
ことばは役に立たない

この闇の静寂のなかに
滲み出す冷気とともに
凍みる悲しみのむこうがわに
隠した本当の自分を
冷えた肌を切り裂いて

こぼれてくる春の日差しを
いつまでも
待ちわびている


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。