スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じたい

2012年03月24日 20:35

赤い椅子

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、111-114連
    バイロン作  Shallot B.訳

111
さて、思わしくない行く先のまま、ふたたび始めた(物語の)主題を
書き進めてきたけれど、ずいぶんと書いて来ちゃったな。
これまでの自分とは違うんだって感じること、
今の自分のあるべき姿じゃないって思うこと、
心を強く持つこと、
人間の思念の暴虐な心意気――つまり愛や憎しみ、あるいは何か、
情熱とか感情とか、決意、悲しみ、熱意なんかを、誇り高い警戒心で隠すこと。
それが魂の過酷な試練なんだ。
大丈夫、わかってるから。

112
ことばにしてみれば、こうして歌へと織り込まれてゆくのだから、
ことばなど人畜無害なたくらみだ、とも言えるかもしれない。
しばらく、僕の心や、他人のそれを紛らわせるために、
あっという間に過ぎ行(ゆ)く景色の彩を、
行(ゆ)き過ぎながら、僕はこの手に掴むんだ。
若いひとは名誉を強く望むけれど、
他人のしかめっ面やら微笑を
栄誉ある幸運の得失だなんて考えるほど、僕はもう若くない。――
他人(ひと)にどう思われようと、今も昔も、俺はひとりで立っている。

113
俺は<この世>が好きじゃなかった、そして奴もまた俺を好いてはいまい。
<この世>の臭い息にすりよったことはないし、
<この世>を信じて奴に忍従したりもしなかったし、
笑顔を造るために頬を歪ませたりしなかった。
熱狂の叫びに酔いしれて大声をあげることもなく、
人込みでは誰も俺を認めることはなかった。
俺は群衆の只中に立っていた、だが奴らと同類じゃなかった、
連中とは違う思念という死衣に包まれていたのだ。
こんなふうに克己して、俺の心が汚れていなかったなら、
今でもまだ人の群れの只中に、ひとり立っていられたのに。

114
俺は<この世>が好きじゃなかった、そして奴もまた俺を好いてはいまい。
だが対等な敵どもと別れさせてくれ。
まだ見かってはいないけれど、
欺かない希望とか、
慈愛に満ち、転落へと陥れる罠を仕掛けることのない<美徳>とか、
実を伴った言葉があるのかもしれないと、俺は強く信じている。
ひとりか、ふたり、見た目どおりで、
他人の悲しみに対して、心から嘆き悲しむ者もあるのだとも思いたい。
つまり、<女神>とは名前だけでなく、<幸福>が夢ではないと。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

Shirley Schmidt@Boston Legal

2012年03月20日 14:09

Boston Legal Shirley Schmidt

ここのところ、夜中になると勉強もしないで、
めっきりBoston Legal...

シュミットさんみたいな年齢のとりかたをしたくて、本当に素敵。
Star Trek Voyagerのジェインウェイ艦長にも憧れるけれど、
シュミットさんも素敵すぎる! カッコイイ! >U</

あんなLadyになりたい!!

…そのためには… 嗚呼、勉強せねば…。orz
矛盾だらけの春を迎えておりまする…。(汗)

東京国立近代美術館カワイイもの探検☆

2012年03月19日 18:56

3月18日(日)に、東京国立近代美術館(竹橋)へ行ってきました!^U^
カワイイもの探しです!(笑)

2012の3近美1

まずは、子羊ちゃん!!と椿のお花のコラボ!!>▽<
やさしい春のあったかい空気が伝わってきますよね!

2012の3近美2

つぎもヤハリ椿。この花びらの透明な感じが素敵です~☆^-^

2012の3近美3

右上の阿修羅さんたちが、どことなくサンリオのバットばつ丸(あるいは『幽遊白書』の飛影?)に似ている…
しかも三~四頭身で…。カワイイ…(笑)

2012の3近美4

こちらは、大好きな藤島武二の朝焼けの海の絵。
帆が一筆で描かれているのが、昔から魅力的だな~って思っています。

2012の3近美5

最後は、なんだか模様みたいな抽象画の一部分。
お花のカタチがいっぱいでカワイイ!

というわけで、常設展もかわゆさいっぱいでした!(ぇ)
企画展は、ポロック。
人間関係やら人間の思考やら、きっとこんな感じなのかな~って思いながら、深々と眺めてました!
とっても興味深かったです!


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。