スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬばたまの

2012年10月27日 19:26

ぬばたまの

   作 バイロン
   訳 Shallot B.

私は夢をみたが、それはまったくの夢というわけではなかった。
耀(かがよ)う日輪は消え失せ、
光もなく、軌道もなく、永遠の宇宙の暗がりを
星々はさまよっていた。そして凍てついた大地は、
月なき大気のうちに震撼し、盲(めし)い、黒ずんでいった。
朝は来て、去った。そしてまた朝が来たが、日の光はもたらさなかった。
この恐怖のなかで、悲惨のなかで、人々は情熱を忘れた。
あまねく心は凍てつき、明かりを求める横柄な願いへと変わった。
人々は焚き火の傍で生きていた、
そして王座も、冠を戴いた王たちの宮殿も、
荒ら家も、
あらゆるものの棲家も、
烽火にと焼かれた。いくつもの都市が破壊され、
人々は燃え上がる自宅を囲んで集まり、
今一度お互いの顔を見合わせたのだ。
幸せなのは目の届く距離に
山の松明である火山を持つ人々だった。
ひとつの恐ろしい期待がこの世をあまねく包み込んだ。
森には火がつけられた。
そして刻々と樹々は倒れ、萎えていった。
爆ぜる幹は粉々になって消えていった。そしてすべてが黒くなった。
時折、閃光が人間たちめがけて落ちると、
その表情は絶望の光によって
この世のものとは思われない顔つきを示した。
横たわり、自分の眼を隠して泣き濡れる者があった。
組んだ両手の上にあごをのせて、微笑む者もあった。
忙しげに行ったり来たりしては火葬用に薪をくべ、
ひどく動揺しつつ、昔日の世界の棺となった
黒雲立ち込める朦朧とした空を
見上げる者もあった。
そしてまた、呪いをかけて、それらの人々を灰燼へと帰せし、
歯を軋らせては呻く者もあった。
野の鳥たちは、かん高い声をあげて、慄きながら地面に羽を打ちつけては、
無暗に翼をばたつかせるのだった。
もっとも獰猛な野獣たちも、おとなしく、震えていた。
蝮は這い、群れをなし、シャーッと声を出すものの、
蜷局を巻くばかりだった。蝮たちは、食用に惨殺された。
ひとときはもはやありえなかった<戦争>は、
ふたたびその腹を満たしたのだった。食事のたびに、血が流れ、
人間たちはそれぞれむっつりと離れて座り、
暗がりで腹へと詰め込んだ。愛情は残っていなかった。
全土にはひとつの思考、
つまり目前に迫った、恥ずべき死しかなかったのだ。
飢餓に対する苦しみを癒せるのは腸を貪ることだった。
人間たちは死に、肉と同様骨にも墓などなかった。
空腹を抱えた者たちは、空腹を抱えた者たちによって貪られ、
犬でさえ飼い主を襲った。
ただ一匹だけは違った。その犬は屍骸にも忠実で、
鳥や獣や、飢えた人間を空腹が縮めさせ、
死んだ者が奴らの痩せ細ったあごをとらえるまで、
追い払い続けた。犬は自分で食べ物を探し出せず、
永遠に響く哀れなうめき声をあげ、
望みを失くした短い遠吠えを最後に、
もう撫で返してはくれない飼い主の手を舐めながら、――犬は死んだ。
次第に群衆は餓死していった。
それでも、巨大な都市の人間がふたり生き残った。
ふたりは仇同士だった。
聖瀆的な使い道のために聖物の数々が積み上げられた祭壇が
燃えかすになっているところで
ふたりは出会った。
慄きながら、冷たく骨ばかりになった手で
火の弱まった灰をかき集め、こすり合わせ、
ほんの僅かな火を求めて、己の弱々しい吐息を吹きかけ、
徒労に終わる炎を生んだ。
やがて炎が明るくなるにつれ、ふたりは眼をあげた、
そしてお互いの顔を見つめた、見合わせ、そして悲鳴をあげて死んだ。
<飢餓>が<悪魔>を書いた表情には
いた相手の正体を知りもせずに、
お互いがあんまりに恐ろしかったからだ。
世界は空っぽになった、群衆も勢力も、一塊となった、
四季も、草も、樹も、人間も、生命もなく、
死の一塊、固い土の混沌となった。
川も、湖も、海も、すべてが凪いでいた、
それらの音のない水底で身動きするものはなかった。
船乗りのないいくつもの船が海の上で朽ちていき、
帆はばらばらに崩れ落ちた。沈んでしまうと、
それらの船は大きな波を立てることなく、深い海で静まり返った。
波は死んだ。潮はその墓にあった。
潮波の愛人たる月はとうに息をひきとってしまった。
淀んだ大気のうちに、風はみな萎れ、
雲はみな消え去った。闇には雲の助けなど要らなかった。
闇こそが宇宙だった。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

チャーチルの墓

2012年10月26日 19:12

チャーチルの墓
   文字通りに捧げられた事実

     作 バイロン
     訳 Shallot B.


一季節の彗星を燃え立たせた男の
墓の傍に私は立った。
私には、あらゆる墓所でもっともつつましいものが見えた。
そして、少なからずの悲哀と畏れをもって、
野ざらしになっている芝草と、
周囲には読まれないままになっている人知れぬ名よりも
判然としない名の刻まれた、黙したままの石とに目を遣った。
そして私はその墓地の庭師に訊いた。
半世紀のうちに厚くなった数々の死を通して、
異邦人たちはこの植物に彼の記憶を負わしめることがあるのかね、と。
やがて彼はこう答えた。「そうですねぇ、どうしてたびたびやって来る旅人たちが
このように巡礼者たちになってしまうのかは、わしにはわかりません、
このひとはわしが寺男になるまえに死んじまったんで、
わしがこの墓を掘ったんじゃないんですよ。」
そして、これが全部なのか? 私は思った、
それでは我々が不死の被き物を剥ぎとるか? そして、未来永劫、
名誉や光輝の何がこの枯渇を忍ばねばならないのかを
私が知らずにいることを切望するのか?
それほどはやく、それほどうまくいかずに?
我々が踏みつけているすべてのものの設計者は、
というのも<大地>は墓石に過ぎませんからね、
粘土から記憶を救い出そうとしたんですよ。
我々が夢想家にすぎないというすべての人生が
ひとつのものとなって終わりを迎えなければならないということがなければ、
さだめし[死体の]粘土の混合物はニュートンの思想を混乱させるでしょうね、と私が言うと、
彼は、所謂昔日の<太陽>の黄昏時をとらえて、こう話した。
あなたのご存知の、この選ばれた墓にいる男は、
そのご時世じゃ、もっとも有名な物書きのひとりで、
それで、旅人たちは彼に敬意を払い、少し離れて
立ちわびるんだと、わしゃあ思うんですよ。
わしはといえば、あなたさまのお気に召すことは何であれ
敬意を払いますがね。
そこで、とてもいい気になって、
不自由ながらも、たくさんとっておいたのだが、
私はポケットの隅から何枚かの銀貨を取り出した。
つまり必然その男に銀貨をくれてやったのだ。
笑ったね、私にはおまえさんがわかったよ、賤しいやつらだ!
その間中、私の親しみをこめたことばが真実を物語るのだろうからね。
私ではなく、おまえさんたちが愚か者なのだよ、というのも、
深いもの思いを抱えて、優しい眼差しをして、
その老いた寺男の根っからのお説教を、
<薄暗さ>と<名誉>と、
<栄光>と<世評>の<虚無さ>のあるお説教のうえに、
私は[住んで]いたのだからね。
[ 続きを読む ]

微笑みと涙の初めの泉まで歳月の河を遡ることができたとしても

2012年10月25日 18:55

[断片]
      作 バイロン
      訳 Shallot B.

たとえ、我々の微笑みと涙の初めの泉まで
私の歳月の河を遡ることができたとしても、
萎れた花々の擦りきれた岸辺を縫って
その歳月の流れを今一度たどることはせずに、
いくつもの名もなき潮の流れの数に流れ込むまで
今のように流れよと命じようとするだろう。
この死とは何か、心臓の静穏か、
我々が部分をなしているものの全体か。
というのも、生は幻想に過ぎない。
あらゆる単独で生きているもののうちの見えるものが私にとっての生であり、
そういう存在なのだ。不在者は死者だ。
不在者は静けさより出で来ては我々にまとわりつき、
我々のまわりにわびしい死者の白布を広げ、
悲しい思い出の品々で我々の休息の時間を包んでしまう。
不在者は死者だ。というのも、彼らは冷たいのだから、
かつて我々が見つめたものであるはずなどない。
不在者たちは変貌し、陰気なのだ。
そうでなければ、忘れ去られた者たちはまったく忘れられてはいない、
こうして離れて以来、もしも深い障壁があるのなら、
それは大地や海と等しいにちがいない、
大地も海も双方かもしれない、だがある日
無感覚の灰燼という暗い統合のなかで終わりを迎えるはずだ。
地下の住人たちは、泥濘へと分解され、
幾百万の者どもと混淆する。
<人間>が踏みならし、あるいはこれから踏みつけるところはどこへでも、
<歳月>は夥しい灰燼を拡散する。
あるいは、彼らは沈黙するいくつもの都市で、
各々、その無口な小部屋に棲んでいるのか。
あるいは、彼らには特有のことばがあり、
死した存在という自覚があるのか。独りきりの真夜中のように、
暗く、烈しく――おお 大地よ!
過去はどこにあるのだ、なぜ彼らは生まれたのだ?
死者たちはおまえを継ぐ者たちだ、
そして我々はおまえの地表の泡にすぎない。
墓、つまり至るところに存在する洞穴の入り口の中に、
大地の深淵への要所はあるのだ。
そこへ、私は心ばかりの存在となって歩みを進め、
語らぬものへと我々の成分が分解してゆくのを見つめ、
隠された驚異を洞察しよう、そして大いなる[女神の]懐中の存在を、
今はもう探し求めはするまい。
[ 続きを読む ]

darkness under water

2012年10月16日 02:13

ある朝目覚めてみると
死後5時間を経過していたようで
肉体はすでに硬直し

もうまもなく

腐敗が始まろうとしていた
夢は
闇に閉ざされた真夜中に見える
唯一の光景
昨夜は
海の水面から
鰩の背中に乗って
底深くまで沈んでいった

あのとき
光は遠く 遠く 離れて
手の届かないところへと 遠退いて

私は夢を見ていたのじゃなかったんだ
あれは
あれは 待ち望んでいた現実
こうして ようやっと願いが叶ったのだから

すべての終わり
意識の終焉

水底の世界


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。