スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネチア大好きっ子のつぶやき

2013年03月02日 20:31

ヴェネチア001

【チャイルドハロルドの巡礼】第4編より、11-19連
    バイロン作  Shallot B.訳

11
アドリア海は亡くした夫を悼んでいる。
毎年恒例の結婚式はもはや行われない。
手入れもされない寡婦の衣装、ブチェンタウロの船は、
修理もされず、朽ちゆくだけ!
それでも、ヴェネチアの獅子が、かつて立っていた場所に今も立ち、
その衰えた力を嘲笑いながらも、
ヴェネチアが比類なき持参金を持った女王であるとき、
皇帝が訴え、君主たちが瞠り羨んだ誇り高き場所を見下ろしている様子が、
サン・マルコ寺院には見えているのだ。

12
スワビア[シュバーベン]皇帝は嘆願した、そして今はオーストラリア皇帝が支配している。
ひとりの皇帝がひざまづいたところを別の皇帝が堂々と歩く。
王国は地方へと収縮し、
王冠を頂いた街のうえに鎖が架けられる。
陽の光を感じるや、
国家は権力の高い尖塔から溶けて、
雪崩のように山の中腹から緩んでは崩落してしまう。
おお、ひと時でも、80歳の首長、ビザンチン帝国を征服した強敵、
盲いた老ダンドーロよ!

13
サン・マルコ寺院の前で、金鍍金した首当てを日の光に耀わせて、
今でも真鍮の馬が光っている。
だが、ドリアの威嚇があったのではないか?
馬勒をつけられてはいないのか? ヴェネチアよ、敗れては勝ちを得た者よ、
1300年の自由の歳月は終わり、
藻屑のように、立ち現れた海へと沈む!
たとえ<破滅>の底にあっても、波にのまれ、
その支配から不名誉な休息を得るよりも
外敵を避けるほうがましだ!

14
若かったころ、ヴェネチアはまったく栄華を誇り、新チュロスとも呼ばれ、
勝利から得たあだ名こそ「獅子の旗を打ち立てる者」、
炎と血をかいくぐり、
彼女に従う大地と海のうえへとかざしたのだ。
多くの奴隷を生み出したが、自分は自由だった、
そしてオスマントルコに対する欧州の壁となった。
古代トロイの好敵手、クレタ島の港町カンディアを見よ!
レパントの海戦を見た不滅の波よ、証言せよ!
というのも、カンディアもレパントも、時や暴君がくじくことのできない名なのだから。

15
硝子の彫像たちは、みなうち震え、
ヴェネチアの今は亡き大公たちの長い列は塵へと帰した。
しかし彼らの住まうところ、広大で贅を尽くした宮殿は
栄えある責務の華やかな物語を紡ぐ。
その笏は壊れ、刀は錆び、
異邦人に降伏した。がらんどうの広間、
寂れた通り、ヴェネチアを従えているものが誰で何なのかを
常に意識させる異邦人の様子、
それらがヴェネチアの美しい城壁に惨めな雲を投げかける。

16
アテネの軍隊がシラクーサに敗れたとき、
鎖に繋がれた捕虜たちは戦いの軛に耐え、
アッティカの詩神に救出の声を上げ、
詩の歌声だけが遠方からの身請金だった。
見よ! 彼らが悲劇的な歌を歌うとき、
勝ち誇る勝者の戦車は止まり、手綱はその手から落ちる。
無用の三日月刀は帯から外れ落ちる。
彼は捕虜の鎖を断ち切る、
そして銃への歌と旋律に感謝するように言うのだ。

17
それゆえ、ヴェネチアよ、たとえおまえに説得力のある主張がなくても、
ヴェネチアの誇り高い偉業の数々がすべて忘れられても、
神々しい詩人の歌の記憶は、ヴェネチアのタッソーへの愛は、
ヴェネチアを暴君たちへと結びつける結び目を断ち切らせたことだろう。
ヴェネチアの運命は他の国家にとって恥ずべきものだ、とりわけ、
アルビオン[英国]よ! おまえにとって。<海の女王>たるもの、
<海>の子どもたちを見捨てるべきじゃない。
水に隔てられていようとも、
ヴェネチアの陥落に、英国の陥落を思うがいい。

18
私は少年時代からヴェネチアが大好きだった。
私にとって、ヴェネチアは心の要請の都市として、
海から、喜びのいる場所から、富の市場から、
水の支柱のように上ってきた。
そしてオトウェイ、ラドクリフ、シラー、そしてシェイクスピアの技巧が
ヴェネチアのイメージを私に刻み込んだ。そして、
ヴェネチアの様子がこんなものだと分かったけれども、我らは別れなかった。
傲慢で、驚嘆に満ち、誇り高かったときよりも、
その嘆きの日にあって、たぶん、ヴェネチアはなおさらいとおしい。

19
私は[ヴェネチアのがらんどうの広間や寂れた通りを]過去でいっぱいにできる。
そして現在の目と思念と鎮められた瞑想にとって充分なものがある。
そしてそれは私が望んだり求めたりする以上のものかもしれない。
私の存在という織物を織ってきたもっとも幸せな瞬間のうち、
いくつかはおまえから採った色彩に彩られているのだ、
美しいヴェネチアよ!
<時>も無視できない、<拷問>も歪められない、
いくつかの感情がある。
そうでなければ、もう、私の感情は冷たく唖となるだろう。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。