最も不可能なもの

2013年10月12日 18:08

夜景2013初秋

「あらゆるもののうちで、最も不可能なもの、それは精神の覚醒である。」
(ピエール・ブリュネル編、アルチュール・ランボー『地獄の季節』、ホセ・コルティ社、1987年、319頁。)


ランボー『地獄の季節』より「不可能」(部分抜粋)

 わが精神よ、気をつけるがいい。乱暴な救済策などは駄目だ。自らを鍛えることだ!――ああ! 科学は私たちにとって充分なほど早くは進まない!
 ――しかしながら、気がついてみると、私の精神は眠りこけているのだ。
 もしも私の精神が、この瞬間からずっと、はっきりと目覚めているのだとしたら、私たちはやがて真実に到達するであろうに。おそらくはその涙する天使たちと共に私たちを取り囲むであろう真実へと!……――もしも私の精神が、この瞬間に目覚めていたのだとすれば、それは遥かな遠い昔に私が有害な本能に屈しなかったためだ、ということになるだろう!……――そしてまたもしもつねに、はっきりと目覚めているのだとしたら、私は叡智の直中を漕ぎ進んでいるであろうのに!……
 おお 純粋さよ! 純粋さよ!
 私に純粋さの姿を描いて見せてくれたのは、この悟りの瞬間なのだ!――精神を通して、ひとは神へと向かう!
 いやはや、身を引き裂くような不運ではあるが!
 (宇佐美斉訳『ランボー全詩集』筑摩書房、1996年、300-301頁。『地獄の季節』より「不可能」最終部分)
[ 続きを読む ]


Articles