スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fauchon (pomme)

2014年11月15日 13:50

フォション アップルティー 紅茶ティーバッグ 20包(FAUCHON APPLE)フランスフォション アップルティー 紅茶ティーバッグ 20包(FAUCHON APPLE)フランス
()
フォション(FAUCHON)

商品詳細を見る


先日の「カテゴリ整理」で、新たに追加したカテゴリ初投稿です。^U^
これなら、忙しくても、少しずつ更新できるかな、と。
前は「私的生活」に含めていた各種茶のお話をこちらで更新しようかと。

さて。

先日、某所の成城石井さんで購入。
お財布と相談の上、葉っぱには手が出なかったので、妥協策。

でも!!>U<
淹れた瞬間から、そして一口目から、
香は高く漂い、渋みが全然ない!
口の中の余韻まで違います。
これは、ちょっと他のメーカーさんの紅茶では味わったことがなかったです~。
恐れ入りました、FAUCHONさん。
次は缶入りの葉っぱが買えるといいな~… 
スポンサーサイト

Hustle(華麗なるペテン師たち)

2014年11月08日 14:54

marc_warren.jpg

最近木曜日の夜にBSチャンネルD Lifeで放映されているイギリスのドラマ「Hustle」がめちゃ楽しみです。
主人公はマイケル(ミッキー)・ストーン。副主役がダニー・ブルー(上の写真の彼です)。
二人の名字を聞くたびに、思わず和名変換したくなる衝動に駆られますが^-^;



ひそかに(?)アッシュとダニーのファン☆^U^☆
ミッキーも、アルビーも、ステイシーも、みんなスタイリッシュでカッコイイんだけどね。
アッシュの技がいちいち華麗すぎる! (職人として見習いたい)
ダニーはとってもチャーミングです(笑) (友達にしたら、絶対楽しい)

このドラマのおかげで、ちょっと沈静化していたイギリス英語熱が再燃し始めたし!
ロンドンに行きたくなっちゃいます☆
ダニーのロンドン訛りはクセになりそう
アメリカのドラマにはない、イギリスの余裕を反映するような、
ニヤリとする笑いとか、製作者が遊びを差し入れている絵とか、
(つまり、19世紀~20世紀初頭の映画を模した場面とか、
カメラに向かって登場人物たちがウィンクしたりとか、)
そういうところにイギリスらしさが感じられて素敵です☆

どこかの出版社さん、
このドラマを、英語教材(DVD付冊子)で販売してくれないかな~…
一話分でいいんだけど…☆^U^☆

ボッカッチョ『デカメロン』読了

2014年11月02日 20:34

今年(2014年)の正月に初めてページをめくって、ようやく読了しました!!

デカメロンデカメロン
(2012/10/11)
ボッカッチョ

商品詳細を見る


平川訳は、ダンテの『神曲』で既に経験済みで、とても読みやすいなぁと思っています。
「100物語」の異名通り、本当にいろいろな物語がありました。
実はあんまりイタリアの文化って(絵画以外)興味なかったのだけど、
この本を読んでとってもフィレンツェに行きたくなりました☆
とりあえず、ディオネーオくんの物語がどれも笑える…^U^;(てか、ヒドイ/笑)
パンピーネアさんは、めちゃきちっとしてて、憧れるなぁ…☆
個人的には、フィローストラト主宰の第四日のテーマが好きなんだけど、
本書の登場人物たちには大不評(爆)、でも、キーツの「めぼうき」のネタなんかも見つけて、わくわくしました!
とくにインパクト強かったのは、第八日第七話のパンピーネアさんの話した復讐劇…怖かったぁ><

というわけで、夏からこっち、毎晩とっても楽しみでした!
(冒頭のペストの酷い描写は、新年早々けっこうショックでした…人間界って、何も変わっていないというか、
アンダー・ザ・ドームもビックリというか…)

来年は、『カンタベリー物語』に挑戦しようかなぁ…?


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。