イサム・ノグチ展 

2005年10月02日 00:37

イサムノグチの蟻さん


 東京都現代美術館で開催中の、『イサム・ノグチ展』に行きました。とても惹き付けられるカタチの数々。私個人的には、石でできた作品が面白かったです。

 『オリジン』『この場所』『砥石』の三つは、光の具合や見る方向によって、様々な姿を見せてくれます。『オリジン』の丸みを帯びた石は、どことなく力を蓄えて、これからこっちに向かって何らかの力を放出しようとして、深呼吸をしているような気がしました。

 どれも共通していることは、ある線を中心軸にして、横(正面?)から見てみようとしても、ゼッタイどこか線がずれて、面になってしまうのが興味深かったです。平行線を使ったカタチはないんですねぇ。対称にみえて対称でもなく、平行に見えて平行ではなく、直線に見えて直線でもなく。まさにオリジナルなカタチと言うか。「ミョーンミョーン」とか「ガチャガチャ」とか「ずりずり」とかいう音を立てて、動きそうなカタチばかりでした。(参考に表現してみると、以前鑑賞したアルプさんの作品は「ぴょんぴょん」「ぼてぼて」とかいう音で動きそうでした。/参考になってない/汗)

 『エナジーヴォイド』には圧倒されましたねぇ…横から見ると、イビツな三角形か丸まった四角形ですが、正面から見ると、歩いているように見えるんだもの…。あんなモノが歩いてきたら、本当にカワイイやらコワイやら(笑)。陽の光の中で(夏の夕暮れの通勤電車で立ったまま眠りこけてる人のように)やわらかに睡んでいるようにも見えました。

 最後に。上の画像(↑)は、展示室に入るときに、作品一覧と一緒にもらった、子供用のための鑑賞ガイドなんですが、私、この蟻のキャラクターがめちゃめちゃ好きで、以前原美術館に行った際、フィギアを二つほど買ってしまいました…。予想だにしていなかった場所で遭遇できたので、本当に嬉しかったです♪☆>▽<☆
関連記事


コメント

  1. はろるど | URL | -

    エナジー、今でも痺れています!
    また行きたいくらいです!

    >あんなモノが歩いてきたら、本当にカワイイやらコワイやら

    それは少しコワいかもしれませんね…。(笑)

  2. Shallot B. | URL | GosGM5ns

    性格が穏やかであれば

    はろるどさん、お久しぶりです!!

    エナジーくんは、性格が穏やかであれば、
    歩いてきてもカワイイかもしれないかな、
    なんて思います☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/106-f8385c1c
この記事へのトラックバック

「イサム・ノグチ展」 東京都現代美術館 10/1

東京都現代美術館(江東区三好)「イサム・ノグチ展 -彫刻から空間デザインへ~その無限の想像力- 」9/16~11/27東京都現代美術館で開催中の、イサム・ノグチ(1904-1988)の回顧展です。展示作品の数は約40点ほど、会場のスペースは美術館の地下フロア(屋外も含む。)のみ



Articles