スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La mer melee au soleil.

2005年11月30日 01:37

ToyTRIP5

海に沈む夕日を想うと、いつもいつも思い浮かぶ、
ランボオの「永遠」。「見つかった。何が? 太陽へと溶け入る海のことさ。」で始まる、あの有名な作品。責苦と忍耐は必定。――生きているとは、こういうことかぁ? …ってね。
【永遠】 ランボオ作 中原中也訳

また見付かつた。
何がだ? 永遠。
去ってしまつた海のことさあ
太陽もろとも去つてしまつた。

見張番の魂よ、
白状しようぜ
空無な夜に就き
燃ゆる日に就き。

人間共の配慮から、
世間共通の逆上から、
おまへはさつさと手を切つて
飛んでゆくべし……

もとより希望があるものか、
願ひの条があるものか
黙つて黙つて堪忍して……
苦痛なんざあ覚悟の前。

繻子の肌した深紅の燠よ、
それのおまへと燃えてゐれあ
義務はすむといふものだ
やれやれといふ暇もなく。

また見付かつた。
何がだ? 永遠。
去ってしまつた海のことさあ
太陽もろとも去つてしまつた。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/131-5423dc57
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。