スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンフレッドの魂は…③ (第三幕第四場

2005年08月10日 00:36

[精霊]
無謀な人ですね!
これが精霊界で語り草になり
我等と同等になった魔術師ですか?――
あなたがこんなにも生命に未練があるはずないのにね?
あなたを惨めにしたような生命に!

[マンフレッド]
着包みの悪魔、おまえは嘘つきだぜ!
俺の生命は尽き果てようとしている、――それは解ってる、
その瞬間を補おうなんて思っちゃいない。
俺は死に立ち向かってるのではないぜ、おまえと
おまえの取り囲んでいる精霊たちに立ち向かってるんだ。
俺のこれまでの力は、おまえの仲間との契約によって得たものではないぜ、
優れた知識――告解――衝撃的なヤツさ――
それから眠らぬ夜の間――強靭な精神――
それから大地のそこらじゅうに、人間と精霊が歩き回ってた頃、
そして精霊がまだ人間と同等だった頃、
我々の祖先たちが知っていた技術――これらによって得たんだ。
俺は自分の強靭さの上に存在している――拒みとおすぜ――
信じるもんか――弾き返してやる、嘲ってやる!――

[精霊]
けれどあなたの為したたくさんの罪は、あなたを――

[マンフレッド]
おまえのようなものにとって、それが何だってんだ?
罪ってのはただ他の罪によって、そして偉大な侵犯者によって、
罰せられなければならないの?――地獄へ帰れ!
おまえは俺にとっちゃ何の力もない、そんなこと気付いてる。
おまえは決して俺をモノにはできない、そんなことは解ってる。
俺がしてきたことが為されてるのさ。
おまえから得られるものが何もないってことに、俺は耐えてる。
滅びることのない知性は、それ自体を、良かれ悪しかれ、
想念の報酬にするんだ――
知性は災禍の火種でもあり終焉でもある――
知性はそれ自身の担い手でもあり時勢でもある――
それ自体が生来の認識でもあるんだ――
知性からこの朽ちてゆく殻が奪われたとき、
ぱっと見、儚いものからは何の色彩も失われてしまっているけれど、
知性は苦悶か喜悦かに飲み込まれてゆき、
知性の含有する砂漠という知識から生成するのだ。
おまえは俺を惹きつけなかったし、惹きつけることもできなかったんだ。
俺はおまえのカモでもなかったし、おまえの餌食でもない――
俺は俺自身の破壊者だったのさ、そして俺自身の来世でもあるだろう。
――帰れよ、悪あがきの悪魔め!
死の札は俺の手にあるんだ――おまえの手中にゃないぜ!

   <悪魔たちが消える>
[僧院長]
あぁ! なんと青褪めて――唇は白んでいて――
鼓動が速い――息を切らせて、言葉が乱れている
――天に祈りなさい――
祈りを――せめて想うだけでも、――こんなふうに死んではだめです。

[マンフレッド]
もうおしまいです――眼が掻き曇っていてあなたが見えません。
何もかもが俺の周りを巡っているように感じます、そして
大地がまるで俺を下へと引き寄せているのです。さようなら――
手を握って。

[僧院長]
冷たい――冷え切っている――心までもが――
しかも祈りの一言さえなく――あぁ! あなたになにができる?

[マンフレッド]
お爺さん! 死ぬのって、そんな難しいことじゃないんですね。
             <マンフレッド、息をひきとる>

[僧院長]
お亡くなりに――彼の魂は地上の及ばぬ飛翔をなされた――
どこへ? 考えるのも恐ろしい――しかし亡くなられたんだ。
<Message from Shallot>
 いよいよ『マンフレッド』最終回。
 結局、マンフレッドは、キリスト教にも(地獄の)悪魔にも従わなかった。最後まで、自分自身だけの中で生きていた…ってことですよね、コレ。自分の強さだけを頼りに、アスタルテに再会するためだけに、生きてきた。そして、最後まで誰にも屈しなかった、結局それは罪を反省する、懺悔するってことを意味していたから…。どっちに転んでも、罪を懺悔しなくちゃいけなかった。でも、マンフレッドは罪だって思ってないんだから、自分だけを頼りにするしかできなかった。罪だって認めないことで、呪われてきたんだろうか・・・?
 さて、次回からどうしようか。日本語訳がまったく見かけられない『Lala』っていうのが面白いらしいので、訳してみようかどうしようか。それとも、もう一回ハロルドにしようか…。迷うところです。。。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/174-05afc84f
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。