スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[断章] アネズリイの丘よ…

2005年10月30日 00:42

[断章]
<メアリー・チョワース嬢の結婚後すぐに書かれた断章>

アネズリイの丘よ、寒々とした、荒涼とした、
 そんなところを、無鉄砲な、幼いころは彷徨っている。
どんなに北国の嵐が、あがいているか、
 ボサボサな影の上で、吠え立てるのか!

今はもはや、慰めのときを、
 昔好んだ隠れ家を、僕は見たりしないのさ。
今はもはや、僕の微笑むメアリーが
 きみを僕の天国みたいに、したりはしないのさ。

1805年
<Shallotのコメント>
 原題「Fragment. Written shortly after the marriage of Miss Chaworth」。
 メアリーチョワースって言ったらさ、バイロンの伝記では、前半のヒロインであり、ハイライトだよね! バイロンの初恋だとかも言われているし。この頃から、やっぱりバイロンってば年上趣味だったのね、なんて思えたりします。。。
 彼女は、バイロンと結婚しなかったことを悔いていたとか言われてるよね。バイロンが、メアリーと結婚してたら、あんな悲劇にはならなかったんじゃないのか、とか…。仮定法過去は意味がないけれど、バイロンとメアリーは仲良しだったらしいことは、まぁ確からしい。
 個人的には、もしここでメアリーへの想いが成就してたら、オーガスタとのストーリーはなかったかもしれない、と思うと、幼きバイロンくんには失恋していただいて良かった良かった、なんて思ったりします。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/180-31b5979a
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。