スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降る雪は…

2006年01月21日 01:39

雪の日の円形

降る雪は あなにな降りそ 吉隠の
  猪養の岡の 寒からまくに

        穂積皇子(万葉集203)

     *   *   *

舞い降りてくる雪 どうか
降らないでほしい 
 あのひとの眠る 岡が冷たく凍ったなら
 あのひとは眠る 寒いよう、って凍えながら
だから どうか 降らないで
凍えた肌が 痛ましいから
 大好きな漫画『天上の虹』(里中満知子・講談社)にも出てきた穂積皇子と但馬皇女の悲恋。穂積は薄情な感じになっちゃってたけれど、田島が亡くなると、こんなに素敵な歌も詠むんですね…。
 明日、東京には珍しく、雪が降るらしい。私は大好きな都会の雪。でも、ずうっと昔、こんなに切ない雪の歌を生み出した雪も、やはり都会に降る雪だったのではないかしら…?
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/198-5bf5b2de
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。