スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛する人に捧げた歌は…

2006年01月30日 04:43

蘇我鞍作入鹿泣き顔

 たとえ、それが戯れの恋であっても、恋していたときは、きっと本気だったかもしれない。

 さて、本日のネタは、蘇我入鹿についてでございます☆

 金持ちのおぼっちゃん。
 おじいさんは蘇我馬子。偉大な政治家と讃えられた。親父はボンクラ。おじいさんの威光を笠に来て、経済力に力を言わせて、天皇家を操ろうとしてる。
 天皇家では、次の天皇を誰にするのかで、かなりもめている。恋人の宝ちゃんは、息子中大兄を次の天皇にしたいらしいが、当の皇子は、謙遜してやがる。最近じゃ何だか知らないが、中臣鎌足とべったり。あんな貧乏司祭の家柄の奴なんかとつるんで、どうするつもりだ。
 きっと、そんなことを考えながら、やり場のない倦怠感を抱きつつ、毎日宮に出勤しては、愛人の宝皇女の、息子への片思い&愚痴をきかされていたに違いない。

 14年くらい前に読んだ、大好きだった本。『天武天皇 隠された正体』。著者は、関裕二という人。近所の本屋さんで、塾の行きに見つけて、お小遣いはたいて買った本。夢中だった。今はワニ文庫から出ているらしいけど。
 この本の中に、面白い仮説が出てくる。

 日本書紀に、「斉明天皇は百済救済のため筑紫に赴くが、斉明七年(661)、筑紫・朝倉宮(橘広庭宮)で崩御した。その遺骸を大和へ運ぶ舟中で、息子の中大兄皇子(天智天皇)は、亡くなった母斉明天皇を哀慕しての以下の歌を詠んでいる。」というシーンがあるけれど、それが、コレ。

 冬十月、癸亥の朔にして己巳の日、天皇の喪、帰りて海に就きき。ここに皇太子、一所に泊はてて天皇を哀慕しのび奉り給ひ、すなはち口づから号ひ給ひしく、
   君が目の恋ほしきからに泊てて居て
       斯くや恋ひむも君が目を欲り

 大好きな本の中では、この一首は、中大兄が母に宛てた歌にしては、気色悪い、明らかに恋人に宛てた歌だろう、これは斉明天皇が入鹿に宛てた歌だろ、というもの。

 うん、確かに、「君の瞳が欲しい」ってのは、母子間の歌だと、かなり気色悪い。
 どっちがどっちに宛てた歌でも良いけれど、入鹿さんと宝さんの間に遣り取りされた歌だったら、なんか大人っぽくていい感じ☆

 というわけで。
 久しぶりに入鹿について語っちゃいました☆ 私の認識は、「お金持ちのおぼっちゃん。権力闘争に巻き込まれた、被害者。政治的手腕はあんまりなかったけど、一生懸命だったんじゃないか?」って感じ。

 大好きな歴史上の人物の一人です☆
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/203-bf359022
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。