クールベ美術館展 ―ケルビノ・パタの絵画―

2005年05月15日 17:54

pata.jpg

 「あんたはわざわざ三鷹まで出向いて、しかもクールベ美術館展に行って、どうしてケルビノ・パタに感銘して帰ってくるんだぃ!?」と言われてしまいそう。でも、実際パタさんの作品が素敵だったのだから、どう言われても仕方ない。
 クールベさんの作品は、確かに美しかったのだけれども、あんまり惹かれなかった…。強いて言えば、曇り空の海岸を描いていた作品はどことなく寂しげで、浜辺の嵐の前触れを感じられた。
 パタさんの絵画の質感と、深い色合いが印象的だった。『森の中の渓流』という作品では、渓流の影になっているために描かれた「黒」が微妙な色彩変化を表現していたし、それ以外の作品でも細い筆で描いたような微細な手の跡が魅力的だった。
 光のちらちらする向こう側には、こころの休まるような、そんな世界が広がっているに違いない…
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/25-1a6e786b
    この記事へのトラックバック

    「クールベ美術館展」

    三鷹市美術ギャラリーで開催中の「クールベ美術館展ー故郷オルナンのクールベー」に行って来ました。三鷹の駅に降りるのは多分初めてだと思います。改札を出ると「三鷹の森ジブリ美術館」の案内板があちこちにありました。そうか、ここにあるんだ、ジブリ・・・三鷹の森・・

    「クールベ美術館展」 三鷹市美術ギャラリー 5/14

    三鷹市美術ギャラリー(三鷹市下連雀)「クールベ美術館展 -故郷オルナンのクールベ- 」4/16~6/5こんにちは。三鷹市美術ギャラリーで開催中の「クールベ美術館展」を見てきました。フランス北東部オルナンにあるクールベ美術館所蔵のクールベの作品と、その周辺や関連の画家



    Articles