スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法隆寺宝物館 探検☆

2006年08月13日 22:26

金色の旗

先週、東京上野の東京国立博物館へ行きました。
そのとき、ついでに行った法隆寺宝物館。
蘇我入鹿大好きっ子にとっては、思わずモノをみながら、
あの時代にタイムとリップしてしまいました♪
龍首水瓶

入鹿さんのおじいちゃん、馬子さんの時代の「竜首水瓶」と呼ばれる水差しは、とても素晴らしい水差しです。あの時代の貴族は、こんな水差しでワイングラスの格好をしたコップに水を注いでいたんですね。ということは、勿論50年くらい差はあるけれど、入鹿さんや中大兄もこういう水差しを使ってたのかも。水差しの胴体部分の挿絵は、何処となくペルシア風というか、唐風というか、6世紀という時代の装飾の特徴が顕著に現れているようです。(あの時代って、鏡にしても葛篭にしても、細工画みたいな、とっても細かい絵や細工が多いですよね。デザイン的にも見事です。)
 12月末まで展示されているとのこと。機会があれば、是非見てみてください!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/257-a97a31a8
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。