すなのお城

2006年10月21日 01:09

夏の残照

春の陽射しの輝くころに
きらめく小さな川面に映った
ちいさなちいさな すなのお城
蒼い御空を遠く見上げて すこし汗ばむような空気を
胸にいっぱいすいこんで
若葉にそっと微笑んで

――そして……
――夏が過ぎて……

秋の冷気が漂うころに
ちいさな川は 煙を吐き出し
若葉はもう 大きな葉へと変わり
輝く陽射しは 茫漠とした白い太陽へと変わり
湿った冷気が辺りを包み
ちいさなちいさな すなのお城は
深い霧に抱かれて
静かな闇夜
ふっ と 灰塵に なりました
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/275-c71abf53
    この記事へのトラックバック


    Articles