スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイ・ガレ作 『芸術と自由』

2006年10月22日 23:05

『芸術と自由』の肖像


現在上野の国立西洋美術館にて開催中の「ベルギー王立美術館展」へ行ってきました☆ いろいろと面白い作品があったんですが、今日はその中からひとつ、ルイ・ガレの『芸術と自由』を取り上げてみます。

 最初にこの絵を見たのは、入口前のベンチのところに置いてあった図録でした。ぱっと見、私の母が好きそうな西洋人の顔立ちでしたので、「あぁ、ブラッドピットに似てること(笑)、まぁそれにしてもいい男だな~」なんて眺めてました。

実際この絵画を見てみると、図録よりも随分と内面の美しさが出た男性であることが分かりました。時代が少し早いかもしれませんが、いわゆる「ボヘミアン」的なものを描いているのではないでしょうか。19世紀後半、詩や音楽・絵画といった芸術の理想を求め、超度級の貧乏生活を送り、空腹に耐えながらも、必死に生きていた若者たち。絵画の左の壁に、「MARIA」と書かれているけれど、これは実際の偶像は描いていなくても神様になにかを祈ってしまいたいような文字。「芸術と自由」の代償は、この貧困生活であり、それが彼のまとっているボロボロの服と、憂愁に満ちた表情、ひいては絵画の下方に染み込んでいるほの暗い影に、象徴されているのではないかしら、と思いました。

ただの「イイ男」ではないんだと思います。

だから尚更、美しいんだって思います。

彼のヴァイオリンは、絵の中では音を失っています。彼はヴァイオリンを弾いていません。絵画の中の音楽は、左の花の下、窓のへりに置かれた楽譜が、音を描いているだけなのです。

黒目がちな瞳に、光はあまり差していません。――若さゆえの理想、そして現実。
「ボヘミアン」の精神を、心に焼き付けるような眼差しです…。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/276-60511883
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。