Winter's Going Away

2006年12月29日 01:36

枯れ葉の上に狂い咲く
つつじの花の足元で
冬は
息たえようとしている

冷たい春風の中で
感じられるのは
夏の強い鼓動
強大な夏の王子が
あまりにも秋を愛しすぎたせい
真冬の野分があまりにも激しすぎたせい

細く長い指先が
しろつめくさに爪立てて
霜の溶けた土を握り締め

雪色の肌に
凍えた涙

銀色の髪を
踏みつけるつつじの花びら
菫色の瞳が
紅くにじんでいる
悔しくて
口惜しくて

この世から
冬が消えゆくことが
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/282-cea09c2a
    この記事へのトラックバック


    Articles