スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こまどりの弔歌

2007年05月14日 01:05

just like a butterfly

My dear, do you know, 
How a long time ago,
Two little children, 
Whose names I don’t know, 
Were stolen away 
On a fine summer’s day, 
And left in a wood, 
As I’ve heard people say. 

And when it was night, 
So sad was their plight, 
The sun it went down, 
And the moon gave no light! 
They sobbed and they sighed, 
And they bitterly cried, 
And the poor little things, 
They lay down and died. 

And when they were dead, 
The robins so red 
Brought strawberry leaves, 
And over them spread; 
And all the day long, 
They sang the song. 

あなたは知っているかしら ずっと昔のこと
名前も知れない ふたりのこどもが
さらわれたのは とある夏の晴れた日のこと
そうして森の中へ 捨てられたのだと言われているわ

夜が来て
悲しみもいっそう深まった
日は暮れていった
そうして月は照らさなかった!
むせいでため息をついた
そうして激しく泣き叫んだ
あわれなふたりの小さなこども
ふたりは倒れ、そして死んだ

ふたりのこどもが死んだとき
真っ赤な胸の駒鳥たちが
野苺の葉をかきあつめ
ふたりの上へちりばめた
まるまるいちにち駒鳥たちは
弔いの歌を歌ってた
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/319-66d42f9f
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。