スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の花園

2007年07月16日 22:04

濃紅紫陽花

『秘密の花園』バーネット作

「きっとみんな草の間から出てきてるわ――たぶん紫のクローカスや金色のクローカスがかたまってはえてるわ――今でもね、たぶん、はっぱも出はじめていて、巻いてる葉はほぐれて開いてるわ――そしてきっと――たぶん灰色がだんだん変って、緑色の紗のヴェールがかかってるわ――何から何までこのヴェールがかかってるのよ。そして鳥がこれをみやってきてるわ――なぜって、ここはとても安全で静かだから……。それからたぶん――たぶん――きっと――あの駒鳥がお嫁さんをみつけて――そして巣をつくっているわ」
 龍口直太郎訳(新潮文庫刊)p.157からの引用。

 インドからヨークシャーは古い屋敷へとやってきた、つむじまがりのメアリー・レノックス嬢が、偶然見つけた「秘密の花園」を、手入れして自分の秘密の花園にしようと、女中のマーサの弟で、動物使いの(野生児?)ディコンに花の手入れ道具&花の種をゲットしてきてもらい、手入れを始めた。そして、屋敷の片隅で泣き喚いていたヒステリー病弱坊主で屋敷の若旦那・コリンを、これまた発見し、彼と友人となって…。秘密の花園について打ち明けるか迷っているところ、「こんな花園があるらしい」と、あくまでも推測の域を出ない言い方をして、コリンを安心させ、眠らせた場面。全体的に、自然の精密な描写と、人物の素朴な描写が光る作品。

 昔読んだときは全然気付かなかったけれど、『嵐が丘』と『ジェイン・エア』を焼きなおして子供向けにした感が拭えないチープなストーリー展開にも関わらず、ぐっと引き込まれてしまいました☆ 多分花園の描写が素晴らしかったのと、人物たちがどれも魅力的で、特にヨークシャー弁はサイコーです(笑) 子供がやらかすイタズラやら痴話喧嘩があんまりにもおかしくて、電車の中で噴出してしまいそうになったりしました☆

秘密の花園 / フランシス・ホジソン バーネット、竜口 直太郎 他
関連記事


コメント

  1. リリー | URL | 03RJxdeI

    はじめまして

    こんにちは履歴から参りました。秘密の花園、大好きでした。嵐が丘とジェイン・エアも。私は小説の中の「庭」のモチーフがとっても気になるのです。
    テンプレート同じですね♪

  2. Shallot B. | URL | GosGM5ns

    はじめまして!

    リリーさん、はじめまして! Shallotと申します、宜しくお願い致します☆

    >庭
    イギリス文学では、しばしば庭のモチーフが話題になるようですが、それが今ごろ分かってきました…(汗)

    >テンプレート
    そうですね!*^-^*
    なんかチョット不思議な感覚です☆
    リリーさんのところに、これからちょくちょく覗かせて頂きます☆宜しくお願いしま~す!

  3. Shallot B. | URL | GosGM5ns

    GYちゃん

    GYちゃん、こんにちは!
    コメントありがとう御座います☆

    >クラシック
    詳しいというか、覚えてしまったというか…(汗)
    相方がこちら方面に興味があるので、つられて識るようになってしまったのです。。。(笑)
    (個人的にはメロ・メタルのほうが…)
    でも、ワグナーのオペラは大好きです☆☆

    また来てくださ~ぃ☆*^-^* 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/342-3bc52763
この記事へのトラックバック


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。