スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強さの理由

2007年08月25日 21:32

宝物の花たち


 路上で、いくつもの冬の夜、宿もなく、着るものもなく、食べ物もなくて、凍えた私の心を締めつけたのはひとつの声だった。「弱かろうが、強かろうが、おまえはそこにいる、それが力なのだ。おまえはどこへ行くのか、なぜ行くのかも知らないが、どこへでも入って行き、何にでも返事をするのだ。おまえが屍骸でもあるかのように誰もおまえを殺したりはしないだろう。」朝になって、私の眼差しは虚ろで、物腰も死んだようだったから、誰も私を見なかっただろう。
 Sur les routes, par les nuits d'hiver, sans gîte, sans habits, sans pain, une voix étreignait mon coeur gelé: ≪Faiblesse ou force: te voilà, c'est la force. Tu ne sais ni où tu vas ni pourquoi tu vas, entre partout, réponds à tout. On ne te tuera pas plus que si tu étais cadavre.≫ Au matin j'avais le regard si perdu et la contenance si morte, que ceux que j'ai rencontrés ne m'ont peut-être pas vu.
 (アルチュール・ランボオ『地獄の季節』、「悪い血」第5節より)

My strength is not based
on being defended by the guys...
(I would rather hate it...)
My strength is based on myself,
on defence for my loving guys...

I will fight again for myself, my loving guys
against despair...

今日は、あんまりよく勉強できませんでした。
この一ヶ月というもの、忙しすぎたのと、
いろいろなことが積み重なって、かなり塞ぎこんでいたのも事実で、
一日中、散歩ばかりしていました。
ふとした瞬間、「あたし、しっかりしろ!」と眼が開きました。
「誰かを拠り所にするなんて、夢をみていた証拠だ!
悪魔が魅せた悪夢だったんだ…」

日が沈み、月が輝き始めたころ、
ひとりで近所のラーメン屋で豚骨塩ラーメンをかっ喰ってから、
ファーストフード店でお茶だけ頼んで(←迷惑な客/笑)
ランボーのテクスト(今日のトップ記事)を読んでいたら、
お友達の17歳のKくんからメールがきました。
Kくんの仲間たちは、みんなとても明るくてチャーミングです。
(Kくんがなんとなく中心なので、
彼の持ち味が出ているのかもしれませんが…。)

「うちらにとってShallotさんは大切な人だから[略]みんなShallot-Childrenだから! みんなShallotさんがいなきゃ生きていけないんだよ☆ だからShallotさんも元気出して*^-^* うちらは絶対Shallotさんの味方だからね☆☆」

泣きましたーー(感涙)

考えてみたら、Kくんたちとは、彼らが13歳のときからのつきあいです。
ずいぶん大人になりました。でも、あの子たちはずっとこんなでした。

誰かが、私のことを「鉄条網で武装している」と言いました。
その通りです。
でも、たまにこの鉄条網のバリケードを突破しやがる連中がいます。
バリケードを突破されると、ひとりの弱くて愚かな30女がいます。

できれば、あまりにも愚かなので、突破してほしくないのですが…

現在進行形の人間関係中、突破してしまったひとたち。
Liccaさん。弟J。フランス語の先生。
Sくん。Fちゃん。
Kくんのグループの女の子たち+Kくん、S。

そしてうちの相方。

バリケード突破後、面倒がらずに私と接してくれるひとは、
今までどれほどいただろう…?

Kくんたちに大感謝です。
今夜はよく眠れそう… っと、その前に、……(滝汗)

積みあがったエベレスト並の在宅仕事、…どうしよう。。。(汗)

関連記事


コメント

  1. Licca | URL | -

    Allo!!

    Shallot!!!
    おひさです☆
    Net環境が良くなって、Shallotのページに遊びに来てしまいました☆

    Shallotにはステキなお友達がいるんだね☆
    私も感激でした。
    もちろん、私にとってもShallotは大切なお友達だよ☆
    いつか大金持ちになって、カフェをやろう☆

    親戚のおじさん、すっごいお金持ちで、愛人にカフェやらせてたっていったっけ???

    しかも、母娘とともに持ち逃げされとんの…
    情けない…

    いつかその店をのっとろう!!!!!!

    冗談(爆)

    冒頭のランボーの詩、やっぱり泣けます…

    何で???って聞かないでね…

    Shallotの訳???
    Shallot、がんばっとんのやね!!!!
    私も今夜は中也で泣きながらがんばります☆

  2. Shallot B. | URL | GosGM5ns

    わぃ☆^-^☆

    Liccaさん!!>▽<
    こんにちは!!
    わーぃ! Liccaさんとネット上でお話するの、
    めっちゃ久しぶりっスね!!
    ちょくちょく来て下さい☆

    今や、Liccaさんはいちばん古いほうの
    バリケード突破の親友ですょ~☆
    いつか一緒に山口巡礼しましょ~!>▽<*

    今年も冊子、作りましょうね!

  3. Licca | URL | -

    作る、作る!!!!!

    また、お邪魔しちゃった…

    冊子、作りたいです☆
    桔梗会のHPに投稿できんくなっちゃったの…
    何でやろ…

    私ね、すっごいコワい童話(?)書いたの。
    それに、まだ書けそうなん。
    コワいの。

    Shallotは論文???
    Liccaも今、泣きながらちょっとずつ書いとるん…
    ほんと泣けるね…

    でも、いっしょにがんばろうね☆
    山口で泣きたい☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/363-666e354e
この記事へのトラックバック


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。