スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reading Baton

2005年06月26日 22:43

tenjo_minabe-izumi.jpg

 いつもこっそりお邪魔させて頂いていたブログの管理人さんである、イーゲルさんからReading Batonを頂戴仕りました。僭越ながら、書かせて頂きますっ!(めちゃ緊張。)

☆お気に入りのテキストサイト(ブログ)☆
 ネットを接続すると、必ずチェックしているのは、AKINONAさんのところと、イーゲルさんのところと、はろるどさんのところです。

☆今読んでいる本☆
①筑摩文庫の『ロートレアモン全集』(イジドール・デュカス著)
  やっと『マルドロールの歌』が第五歌まできました。もう4ヶ月くらい、少しずつ読んでいます。
② 新潮文庫から、太宰治の『もの思う葦』。
  新潮文庫のYonda?Pandaのマグカップがほしくて、太宰を全部買い揃えてしまった都合上、既に10ヶ月目に突入。こちらも、夜寝る前に少しずつ読んでいるので、まだまだ終わらなそう。ちなみに、先週までは『きりぎりす』を読んでました。

☆好きな作家☆
①小説家→オスカー・ワイルド、ボーヴォワール、バルビュス、コレット、ユルスナール、カミュ、夏目漱石、太宰治
②詩人→ランボオ、バイロン、ロートレアモン、中原中也、金子みすず

☆よく読む、または思い入れのある本☆
  よく読む、というのはなくて、だいたい一回読むと、気に入ったのは愛蔵版となり、たまに引用するときに引っ張り出すことに…。「思い入れのある本」は、けっこうあるかも。
①バルビュスの『砲火』。
  2004年は私にとって「第一次・第二次大戦について詳しく知ろう年」だったので、この作品は本当に忘れられません。戦争というものがどういうものか、思い知らされた感じがします。
②永井路子の『あかねさす』。
  自分の人生を考え出したころに、自分を重ね合わせて読んだので、今思うと大きな影響があったような…。
③Michael and Melissa Bakewellの『Augusta Leigh』。
  バイロンを好きになったのは、十中八九この伝記のせいです(笑)。本当に切ないラブコメ。しかもリアル(伝記だから当然ですが…)。まだ日本語が出てないから、絶対私が翻訳したい、と心ひそかに願っている作品だったりします。
④マルタ・トラーバの『陽かがよう迷宮』。
  ワールドカップの時に、アルゼンチンにハマリ、彼女の描写には頭がさがるような心持になった覚えがあります…。

☆この本は手放せない☆
  ミーハーでゴメンナサイ…。里中満知子の『天上の虹』です…。(←漫画!/滝汗)(注:上絵参照。)

☆次にバトンをお渡したいのは、『はろるど・わーど』のはろるどさんです。どうか宜しくお願い致します!!(切実&哀願)あと二本…どうしましょ??

関連記事


コメント

  1. イーゲル | URL | -

    ご回答有難うございます

    ご回答多謝です!
    ブログ村の「本」カテゴリ1位の方がこれに回答しているのを見て、「このようなものが流行っているのか」と他人事のように思ってました。
    よもや自分が書くことになるとは思ってもみませんでした。
    太宰治は最近『桜桃』と『人間失格』を読みました。
    相変わらず、お通夜のような夕食シーンは苦手ですけど、『お伽草子』や『新説諸国噺』はシニカルで面白いですね。

  2. Shallot B. | URL | GosGM5ns

    Chaoですっ!

    こちらこそ、ありがとう御座います☆
    『お伽草子』はまだ本棚の上ですぅぅぅ…(涙)
    『もの思う葦』が終わったら、次は是非とも
    『お伽草子』に入りますね!!

    >シニカル
    ですよね~☆太宰の(思わず)ニヤリとしてしまう
    この皮肉っプリが大好きだったりします…
    最近ハマッたのは、『畜犬談』でした。(笑)
    『新ハムレット』もかなり笑いました…☆

    また面白いものがあったら、是非御紹介クダサイ!
    宜しくお願い致します☆

  3. はろるど | URL | -

    Shallot Bさん、こんばんは。

    バトン有難く頂戴しました。
    是非今度はドストエフスキーでどうぞ!
    感想を楽しみに待っています….

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/41-df5bd8f4
この記事へのトラックバック

Reading Baton

「Reading Baton」が「Under Water」のShallot Bさんから廻ってきました。ズバリ「Musical Baton」の読書版(二番煎じ?)です。早速回答を…。1.お気に入りのテキストサイト(ブログ)左下のBOOKMARKにリンクさせていただいたブログは、いつも楽しく拝見しています。2.今読



Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。