舟人の

2008年01月02日 14:49

消えかけの白

舟人の 帆を捲く音の 夕空に
 ひびき消えゆき 吾内に入る

    中原中也「冬の日暮るる頃」(生前発表詩篇/初期短歌)より

When the sound disappearing into the sky,
I'll disappear into the dark with
the sound of furling sail away.
(Translated by Shallot B.)
Beveilleさんにコメントを頂き、リアルにテンション上がったんで、
課題そっちのけで中也の訳を即席で作ってみましたが、
やっぱりあんまりうまくいきませんね(笑)
この道は険しい(爆)

中原中也に関して、
中原中也の会」というのがあります。
イベントなどをとても積極的に行っている、なかなかイケてる学会です☆

Ry Beveilleさんのサイト「中原中也」、最高。
Beveilleさんご自身の吹き込み朗読がめちゃカッコイイっス☆>▽</~
英語の勉強にもなるし!!

もうちょっと時間ができたら、またBeveilleさんの訳詩に注をつけて
ご紹介できたらなぁ~と思います☆

年明け早々、なかなか幸先が良い…☆☆☆*^-^*

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/410-7a1fa630
    この記事へのトラックバック


    Articles