la dernière mélodie

2005年03月12日 17:55

ゆらめいてゐるのは 風でせうか
ちひさな花は しろくかがやき
すかし模様を さらけだし
金のすな撒く たいように
きゅらきゅらわらふ こゑたかく
ゆらめいてゐるのは 風でせうか

遐ひ 遐ひ 清明節に
紡がれたのは はるのうた
羽衣まとひし 緑茶の馨
遐く 遐く ひるがへり
ちらちらあふれて ゐたのはひかり――

――ぼろぼろと
闇は崩れて すべてを覆ひ
冷えた水には 氷の花
柔らな空気は 深き寂寞の中
八つ裂きにされてしまうのでせうか…
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/415-ad91bd45
    この記事へのトラックバック


    Articles