スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉への恋心(2)

2008年01月15日 01:45

正月の東京2

【オーガスタへ寄せる歌】 ロード・バイロン
            1816年7月24日

1
運命の日は終わり
 宿命の星は傾いたが
あなたの柔らな心は ひとの見つけた過ちを
 決して認めはしなかった
あなたのみ魂は僕の嘆きを知らされて
 ともに嘆くを 厭うこともしなかった
僕のこころが描いた愛は
 あなたの中にしか見出せなかった

2
僕の微笑みに応えて
 自然が微笑み返すとき
それが嘘とは思えない
 あなたが脳裏をかすめるから
かつて信じた人たちと 僕が戦っているように
 風が海と争って
波が気持ちをかき乱すのは
 僕とあなたを引き裂くことだけ

3
希望の岩が砕けても
 波間に破片が沈んでも
心を痛めつけられても
 言いなりになどなるものか
多くの悔恨につきまとわれて
 潰されるかもしれないが ナメんなよ
苛まれるかもしれないが 屈するものか
 負けないのも あなたを思うゆえであって 奴等のためじゃない

4
人間でも あなたは僕を欺かなかった
 女性でも あなたは僕を見捨てなかった
愛されても あなたは僕を苦しめなかった
 傷ついても あなたは決して揺らがなかった――
信頼されても あなたは僕を裏切らなかった
 別れても 逃げるのではなかった
用心しても 僕を貶めるのではなかった
 黙っても この世を偽るのではなかった

5
この世を責ないし、蔑むこともない
 よってたかる奴らとは争わない――
心根が世間を重んじるのに向いてないなら
 もっと早く避けるべきだった
たとえ過ちが僕を襲い
 思った以上に辛くても
失ったものが何であれ 
 僕からあなたは奪えなかったとわかるだけ

6
滅びた過去の残骸からは
 これだけのことを思い出す
僕の大切にしたものは
いとおしむべきものだったこと
砂漠に湧き出す泉のこと
 荒野に立ちつくす樹のこと
寂寞にあなたのことを語る
 鳥が歌っていることを


ロマン派って、ワグナーのオペラでもそうですが、
無駄に長いロマンチックな描写がつらつらと重なって、
本当に「バイロンの恨みは恐ろしいなぁ~」と感じてしまい(笑)
大好きな「オーガスタ」への歌のひとつです☆
バイロン詩集 (1975年)バイロン詩集 (1975年)
(1975)
小川 和夫

商品詳細を見る

以下、原典。



   Stanzas to [Augusta]

Though the day of my destiny's over,
 And the star of my fate hath declined,
Thy soft heart refused to discover
 The faults which so many could find;
Though thy soul with my grief was acquainted,
 It shrunk not to share it with me,
And the love which my spirit hath painted
 It never hath found but in thee.

Then when nature around me is smiling
 The last smile which answers to mine,
I do not believe it beguiling
 Because it reminds me of thine;
And when winds are at war with the ocean,
 As the breasts I believed in with me,
If their billows excite an emotion,
 It is that they bear me from thee.

Though the rock of my last hope is shiver'd,
 And its fragments are sunk in the wave,
Though I feel that my soul is deliver'd
 To pain — it shall not be its slave.
There is many a pang to pursue me:
 They may crush, but they shall not contemn —
They may torture, but shall not subdue me —
 'Tis of thee that I think — not of them.

Though human, thou didst not deceive me,
 Though woman, thou didst not forsake,
Though loved, thou forborest to grieve me,
 Though slander'd, thou never could'st shake, —
Though trusted, thou didst not betray me,
 Though parted, it was not to fly,
Though watchful, 'twas not to defame me,
 Nor, mute, that the world might belie.

Yet I blame not the world, nor despise it,
 Nor the war of the many with one —
If my soul was not fitted to prize it
 'Twas folly not sooner to shun:
And if dearly that error hath cost me,
 And more than I once could foresee,
I have found that, whatever it lost me,
 It could not deprive me of thee.

From the wreck of the past, which hath perish'd,
 Thus much I at least may recall,
It hath taught me that which I most cherish'd
 Deserved to be dearest of all:
In the desert a fountain is springing,
 In the wide waste there still is a tree,
And a bird in the solitude singing,
 Which speaks to my spirit of thee.
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/417-b3cd65ce
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。