Musical Baton

2005年07月03日 00:02

 Reading Batonを『はろるど・わーど』のはろるどさんから貰ってきました。というわけで、書いてみます。

1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
判らないですねぇ…どのくらいでしょうか?
i-pod shuffle一回分ですね。

2.今聞いている曲
夏は主にBon JoviとD.A.D.のものを交互に聴きます。立秋を過ぎると、Lana Laneが出てきます…。一年中北欧メロディアス・メタル時々New Ageのサイケデリック系らしいです。(殆どDeleriumです。)

3.最後に買ったCD
先週千葉の中古CD屋さんで買った『Pete Sandberg's Jade』と、The Reign of Terrorの『Sacred Ground』と、Reingoldの『Universe』です。三枚まとめて買いました。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

・鈴木結女のアルバム『Now Is The Time』。中でも、三曲めの『Home Place』は、夕暮れの町並みを思い出させてくれます。

・Bon Joviのアルバム『Crush』。中でも、『One Wild Night』はカッコよくって、あんなふうな夜を生きられるようになりたいと、思うばかりです…(憧)

・映画『Cool Runnings』のサウンドトラック。映画も最高に面白かったけど、帰りに親父の買ってくれたこのサントラは未だに我ら三姉弟のお気に入りでござい。

・映画『Interview with the Vampire』のサウンドトラック。Guns and Rosesのエンディングもカッコイイけど、映画で、レスタトの弾いていたピアノの曲もめっちゃ素敵。こっちが欲しくて、おこずかいをはたいた覚えがあります。

・Deleriumの『Poem』。幻想的なサウンドが素敵。特に気に入ったのは、5曲めの『Under Water』。実はこのブログのタイトルはここから貰ったというオチでした(汗)。

 邦楽は、たまにしつこいくらいに「ラルク週間」と「T.M.R週間」があり、そのときに集中して聞きます。が、ラルクは持っているアルバムは『Tierra』『Heavenly』『True』『Heart』の四枚オンリー。あとは弟に焼いてもらったCD-Rの中に、かなりお気に入りの『花葬』が。時代についていけてないShallotの趣味がよく出ています…(焦)。そして何故か、T.M.Rは全部持ってます(爆)。
 高校生のころは、五輪真弓の『うたかた』と西脇唯の『あいしていると言えない』と、相川七瀬が大好きでした。七瀬は織田さんがプロデュースしたアルバムは全部持ってます。(かなり好きでした。七瀬にあこがれつつ、ああなれない自分がいました…/笑)SMAPも、『$10』から『いいこと』まではちゃんとついていってましたね…。当時は木村拓也が好きだったけど、その後すぐに稲垣のほうがよくなってしまいました(笑)。

 クラシックは、小学生のころは、メンデルスゾーンの『無言歌集』が好きでした。今はモオツアルトの『フィガロの結婚』のケルビーノちゃんがロジーナ様に歌う歌が好きです。「恋とはどんなものかしら」だったっけ?? ドビッシーのピアノ組曲『版画』『ピアノのために』も好き。『ピアノのために』の2曲目『サラバンド』が特に…。ベートーヴェンの協奏曲『皇帝』も。
 オペラは、いろいろ見たけど、『フィガロの結婚』が面白かったなぁ…。あと、ヴェルディの『ファルスタッフ』。かなり笑った…。――でも、いっちばん好きなのは、ワグナー!! (見たのはリングだけなんだけど、)作品はどれも好きです。ローエングリンが見てみたいよぉ…。

 最後に…。Bon Joviのキーボード、David Bryanのソロ・アルバム『On A Full Moon』は、ほぼ純粋にピアノ曲集です。夏の夜には、さりげなくいい感じを演出できます。ひとりぼっちのお部屋に、眠れない夜に、夜食のBGMにどうぞ(笑)。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/43-a4bed965
    この記事へのトラックバック


    Articles