スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きることが大切だ。

2008年03月08日 16:12

ぴちょんくん1

 人々は生きるためにこの都会へ集まって来るらしい。しかし、僕はむしろ、
ここではみんなが死んでゆくとしか思えないのだ。僕はいま外を歩いてきた。
僕の目についたのは、不思議と病院ばかりだった。

[……]

今日、このほかに僕が見たのは、置きっぱなしの乳母車に乗せてあった子供である。
[……]子供は眠っていた。口を大きくあけて、ヨードホルムやいためた馬鈴薯や
精神的な不安などの匂いを平気で呼吸していた。僕は感心してじっと見ていた。
――生きることが大切だ。とにかく、生きることが何より大切だ。

     (リルケ『マルテの手記』新潮文庫、pp.8-9.)
ぴちょんくん2


リルケを読み始めました。実は、いろいろ買ってはあったのですが、実際読むのは初めてです。
東京の八重洲ブックセンターの文庫売り場で、立ち読みしていて衝動買いしたんですね。
最初のページで惹き付けられると、だいたい読むのが楽しくなるもので…

ところで、
花粉症が年々酷くなっているようで、相方が空気清浄機をゲットしてきてくれました…
ぴちょんくんがうちにやってきた!!*>▽<*
大人が花粉症なのも気の毒なのですが、
10代の娘さんたちや、小学生のちっちゃいのが鼻と目をぐしぐしやっているのを見ると
ちょっと可哀相な気もします。「若いのに~」って。

生きることってタイヘンです。
花粉症も、タイヘンです(泣)。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/435-d49ca177
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。