スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感慨深い[形容詞]

2008年03月14日 23:55

 イチゴショートケーキ(肖像画1)


「おかえし」なんていらない

おこづかいはたいて
「くれたぶんのおれい」なんて言わないで

おかえしは五年分の記憶
レモンムースの笑い声
ショートケーキに数式のメモを埋め込んで
ショコラケーキに構文ノートを埋め込んで

「おかえし」なんていらない

だって

「おかえし」はもう
充分すぎるくらい もらったから
マザーグース包装紙

おおよそ日本にしか存在しないであろう、西洋風なイベント「ホワイトデー」。
今年はバレンタイン時に、フランス語の先生への日ごろの御礼と、
TくんとMくん、そして今年16歳になるYくんの3人だけ、
「おばちゃん心」たっぷりのチョコレートを特別に買いました。
Yくんは、彼が11歳のときからの仲良しなので、毎年渡すのが楽しみでもあり(笑)。

そして…ホワイトデー。

前日にYくんからMary'sのチョコレートが可愛らしい缶に詰められたものを頂戴致しました。
なんとも、彼らしいというか…(*^-^*)マザーグースのイラストが描かれていたのですね。
ボー・ピープ包装紙

個人的にはかなり気に入っているBo-Peep嬢の絵があって、これまた素敵☆
TくんとMくんのグループがいなくなってから、私は随分気落ちしていたものですから、
このYくんの思いがけない「おかえし」はかなり上機嫌を誘いました。
また、ホワイトデー当日には、午前中にフランス語の先生から高級なコーヒー豆を頂戴致しまして、
なんだか逆に申し訳なかったような…(滝汗)

で。14日午後。

思いがけず、TくんとMくんが現れました。
姿を見ただけでもかなり「こみ上げてくる何か」があって、胸がいっぱいになりましたが、
なんと、その手には箱が。差し出しながら、Mくんが、
「Shallotさんへのおかえしです~♪」
と言うのですね。「おかえし」されることはまったく期待していなかったので、
もうそれだけでもいっぱいになります。

そして、箱をこっそり(その場で)開けると、随分入ってます。
「あんたたち、これにいくら使ったの?!」
「いやぁ~ 俺らにShallotさんがくれたぶんを考えると、それくらいになりました☆」

お金の問題じゃない。
18歳の子にとって、これだけの金額はかなりの負担なはずです。
――涙おさえるのに、必死でした。(他のひとの目があるので、ここでは泣けません。)
私が彼らにしてあげられることは、これから先は本当に僅かです。

夜。
嵐が来ました。そして、雨が小降りになるころ、アスファルトもしっとりと濡れて、
美しい早春の夜景が目に映りました。肌には湿った空気が吸い込まれていきます。
ビニール傘ではどうしようもない雨が、傘の下でも湧きあがってきます。

晩御飯時。
相方に、ケーキを食べながらしょげているところを、「感慨深いの?(ニヤリ)」といわれ、
図星でした(汗)。巧い言葉が見つからなかったのですが、「感慨深い」は、適語です。
自分の語彙の少なさに、改めてしょげてみる自分でした(笑)



かん‐がい【感慨】
心に深く感じて、しみじみとした気持ちになること。また、その気持ち。「―にひたる」「―を込めて歌う」

かんがい‐ぶか・い【感慨深い】
[形]しみじみと心に感じる度合いが強い。「―・い思い出話」
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/439-ec4ee577
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。