スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れ

2008年05月08日 18:34

初夏の風

Ⅰ 青空

どうか もう泣かないで
いつものあなたは美しく
遙かな闇を背負いつつ
やさしくみんなに ほほえんで

あなたがわらうと
地上の花はいっせいに
あなたにむかって ほほえむよ
あなたがそよぐと
ポプラの若木が ざわめくよ
だから きらめく初夏の青空さん
どうか もう泣かないで


Ⅱ おひさま

あなたにむかって 跳ねるおさかな
 いったいどれだけ いるのかな
あなたにむかって 飛び立つ鳥は
 いったいどれだけ いるのかな
あなたにむかって 裂けるつぼみは
 いったいどれだけ あるのかな
あなたのことを あがめるひとは
 いったいどれだけ いるのかな

まぶしすぎて
 あなたのことを みつめられない
わたしはただ 
あなたの影を 追うばかり



やわらかな陽のさしこむ午後
クレマチスの輝く擦硝子の内側で
私はひんやりした空気を頬に感じながら
真っ白な太陽を窓の外に描いているの
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/454-979af03d
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。