スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除夜の鐘

2008年12月31日 17:02

シクラメンの花2008

【除夜の鐘】 中原中也

除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
千万年も、古びた夜(よる)の空気を顫(ふる)はし、
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。

それは寺院の森の霧(きら)つた空……
そのあたりで鳴つて、そしてそこから響いて来る。
それは寺院の森の霧つた空……

その時子供は父母の膝下(ひざもと)で蕎麦を食うべ、
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出、
その時子供は父母の膝下で蕎麦を食うべ。

その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。
その時囚人は、どんな心持だらう、どんな心持だらう、
その時銀座はいつぱいの人出、浅草もいつぱいの人出。

除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。
千万年も、古びた夜の空気を顫はし、
除夜の鐘は暗い遠いい空で鳴る。



【詩神を呼ぶ展覧会2008】

1 「モーリス・ド・ヴラマンク展」 @損保ジャパン東郷青児美術館
2 「田村正樹展」 @アートスペース羅針盤
3 「コロー 光と追憶の変奏曲」 @国立西洋美術館
4 「ライオネル・ファイニンガー展 - 光の結晶 - 」 @横須賀美術館
5 「パリ・ドアノー~ロベール・ドアノー写真展」 @日本橋三越ギャラリー
6 「ジョン・エヴァレット・ミレイ」 @Bunkamuraザ・ミュージアム
7 「マティスとボナール - 地中海の光の中へ - 」 @川村記念美術館
8 「エミリー・ウングワレー展」 @国立新美術館 
9 「線の巨匠たち」 @東京藝術大学大学美術館
10 「速水御舟 - 新たなる魅力 - 」 @平塚市美術館
・ 田村さんの個展は、毎回本当に楽しみです~☆ 今年は二ヶ月ごとに個展を開催されているようで、大阪ではとても素敵な個展を「楓ギャラリー」と「お伽工房」でなさったとか。東京よりも地元だけあって、回数が多いので羨ましいです~。。。来年も楽しみ☆☆
・ ロベールドアノーの写真展は、本当に楽しかったです。楽しく散歩しているような感覚でした!!
・ エミリー・ウングワレー展では、古代の夢を見ているような錯覚に陥り、夏の日差しが感じられる、美しい展覧会だったと思います。
・ コローは、もともと好きな作家ですが、ヤハリ枝の隙間から見える光の影が、夢見心地でした☆
・ ミレイの展覧会では、オフィーリア以外にも、バイロンの詩行から引用してつけられた作品などもあり、大いに感銘を受けました。
・ 線の巨匠たちの中には、ランボーが『地獄の季節』でモチーフとして取り上げた「愚かな乙女たち」の寓意のペン画があって、そこがいちばん印象深かったのですが、ほかにもいろいろと好きな版画がいっぱいあって、テンションあがりました(笑)。



ついでに。

【励夢書物2008】
1 『接続する中也』 疋田雅昭著
2 『世俗の聖典』 ノースロップ・フライ著
3 『ミメーシス(上)』 エーリッヒ・アウエルバッハ著
4 『ハムレット』 シェイクスピア著
5 『ぬらりひょんの孫』12 椎橋寛著

なんだかゆっくり文学作品をまとめて読んでいなかったということを、これを書いてて気づいて
軽くショックです(笑)。ジャンプなしでは一週間が始まらないということもあり、ネウロもぬらりひょんも
大好きですが、今年はやはり牛鬼にド・ツボったということで、コミックを購入しました。上半期は
ハムレットの訳本やら映画やらをひっくりかえしては洗い出していたような気がします。また、
『世俗の聖典』には三ヶ月くらいかかりましたが、全文を読破しました。
これは非常に参考になる、素晴らしい本でした。『ミメーシス』は、下半期の中原中也三昧に押されて
下巻の途中で止まっている状態。年明けから夏までには読破したいなと思います。
そしてそして、『接続する中也』です。参考になったし、利用したしで、大活躍の一冊です。
これからもちょいちょいめくることになるであろうと思われます☆

世俗の聖典―ロマンスの構造 (叢書・ウニベルシタス)世俗の聖典―ロマンスの構造 (叢書・ウニベルシタス)
(1999/07)
ノースロップ フライ

商品詳細を見る

ミメーシス―ヨーロッパ文学における現実描写〈上〉 (ちくま学芸文庫)

それでは、皆様、よいお年をお迎えください☆
関連記事


コメント

  1. まさ | URL | -

    Re: 除夜の鐘

    最後の最後まで、拙書にふれて頂いて……。感謝、感動です。ちなみに、2007年10月の「国文学 解釈と教材の研究」の中原中也特集に、拙書以後の展望のようなことを書いています。お暇なおりにみて頂けると幸いです。

    よいお年を。

  2. Shallot B. | URL | -

    Re: 除夜の鐘

    >まさ先生!
    こんばんは~☆ ありがとうございます!
    書店で確認します!
    先生もよいお年をお迎え下さい☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/523-a0c86983
この記事へのトラックバック


Articles


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。