スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の海の夕暮れ

2009年02月07日 22:04

Mermaid's Dream
夕陽が木板に滲みる
潮風が切り傷を舐めている
春の海は

あぁ 記憶は失われて
私は何をしていたのか
時間の流れも 定かではない

遠く鯨の鳴き声がする
深く鮫の足音がする
絶壁が 深く 深く 遠くへと降りてゆく

砲弾が降り注ぎ
穴だらけの甲板に
潮水があらう ぼろぼろのカラヴェル船

仲間とともにありたかった he
妥協したくはなかった she
夢を見続けたかった he
負けたくなかった she
屈辱を知ってしまった he

いま ひとりぼっちになった彼女は歌う
やさしさをこめて
届かない金色の光に向かって


今年も一隻の船の航海が終わります。
乗組員たちは、傷つきながらの航海でした。
彼らは、笑いこそ絶やさなかったけれど、涙も絶やせなかった、なんだか切ない航海の終わりです。
もう少し。
もう少しです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/524-4065ee08
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。