スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髑髏と向き合い、死を想う

2009年07月27日 01:21

Hamlet and Yorick

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、5連-8連
    バイロン作  Shallot B.訳

5
そうでなけりゃ、亡くなった英雄の高貴なる墓を暴きたまえ。
彼は、遐く、孤独な岸辺に眠っている。
彼は斃れた、また斃れてゆく国の民どもがそのまわりで慟哭した。
しかし今や、多くの悲嘆に暮れる者のうち、誰ひとり泣かないし、
記録の伝えているように、半神が出現した場所で
英雄を崇拝する戦好きの連中が夜を徹することもない。
ばらばらに散らばった骨の山からあの髑髏をとりだしたまえ。
あれは御神の住まわれている<神殿>なのかね?
なぁに、ついには<蛆虫>殿でさえそのぼろぼろの墓を蔑むのさ!

6
壊れた門を、崩れた壁を、
侘しい部屋を、そしてうす汚れた入口を見たまえ。
そうさ、これがかつて<野心>の高殿、
<思想>の邸宅、<魂>の宮殿だったんだ。
ふたつの光りを失った眼球のない窩を通して、
<叡智>と<機知>の陽気な奥座敷を、
そして決して制御をかけさせなかった<熱情>の一群を、みるがいい。
聖者、賢者、あるいは哲人がかつて記したものをかきあつめたら、
この孤独な塔を、この家屋を、ひとは修復できるのだろうか? できやしない。

7
きみは巧く言ったもんだね、アテネの賢い息子、ソクラテスよ!
「われわれが知っているすべてのことは、何も知らないということだ。」
逃れられないものに対して、どうして怯まなきゃいけないのか?
誰もが煩悶を抱えているけれど、か弱きひとは
勝手に自分の頭で創り出した<邪悪>という悪夢に呻き苦しむ。
<偶然>や<運命>が最善だと宣言するものを追求したまえ。
<平和>が黄泉の国の川のほとりで僕たちを待っている。
そこでは、満腹の客には決して宴が強いられず、
<沈黙>が、いつも有難い<休息>の寝床を敷いてくれるんだ。

8
しかし、もしも最高位の聖職者が考えるように、
<魂>のくにが、あの暗黒の岸辺のむこうがわにあり、
狂ったように疑わしい教えをひどく自惚れた
古代ユダヤのサドカイ人の教義や、詭弁家たちの鼻をあかしてやれるなら、
現世の重荷を軽くしてくれたひとたちと一緒に天を讃えることが、
もはや聞くのを恐れなかった声を聞くことが、どれだけ快いことか!
拝火教の創始者や、霊魂輪廻を説いたピタゴラスや、
<正義>を説いたすべてのひと、
それぞれの強大な亡霊たちが視界へと現れるのを見たまえ!



ハムレットの「墓堀り人とヨリック」の場面を下敷きに、ギリシアの墳墓で死の想念にとらわれるハロルドorバイロンの語り。物理的な墓暴きやそこらじゅうに散らばっている人骨(5連)、拾い上げた髑髏を前にした語り手が死への思いを広げていき(6連)、黄泉の国の寂寞とした想像の世界と死への想念(7連)、そして(どうやら)霊魂の不滅と輪廻転生、精霊崇拝、亡霊を肯定する語り手のあの世との交信の様子(8連)。
いずれにしても、バイロンの死の世界を考える上では非常に重要な4連でした。
バイロンには是非日本の宗教観も知って欲しかったかも。鬼も神も一緒の国だからね。
なかなかキリスト教の人には理解しにくくて面白かったんじゃないかしら。




V.

Or burst the vanished Hero’s lofty mound;
Far on the solitary shore he sleeps:
He fell, and falling nations mourned around;
But now not one of saddening thousands weeps,
Nor warlike worshipper his vigil keeps
Where demi-gods appeared, as records tell.
Remove yon skull from out the scattered heaps:
Is that a Temple where a God may dwell?
Why ev’n the Worm at last disdains her shattered cell!

burst:…を破裂させる, 押し破る[開く], 引き裂く, 決壊させる
nation(s):国家、あるいはそこに住む国民・住民
saddening:悲しくなる;憂うつになる.
warlike:好戦的な, 挑戦的な
worshipper:崇拝者;礼拝者, 参拝者((of ...)
vigil:(見張り・看病などのための)徹夜;不寝番;(徹夜の)座り込み
heap:(積み重ねた)山(状のもの), 堆積(たいせき)(物), かたまり
Temple:(古代ギリシャ・ローマ・エジプトの)神殿
shatter:〈ガラスなどを〉粉々にする;…をめちゃめちゃにする
cell:修道院の)独居房, (隠者・行者の)庵(いおり)、 ((詩))小屋;墓
Why:((ばかげた質問などへの抗議))もちろん, なんだ

VI.

Look on its broken arch, its ruined wall,
Its chambers desolate, and portals foul:
Yes, this was once Ambition’s airy hall,
The Dome of Thought, the Palace of the Soul.
Behold through each lack-lustre, eyeless hole,
The gay recess of Wisdom and of Wit
And Passion’s host, that never brooked control:
Can all Saint, Sage, or Sophist ever writ,
People this lonely tower, this tenement refit?

foul:〈空気・水が〉濁って汚い;〈物・場所が〉(…で)よごれた, 不潔な((with ...));〈食べ物が〉腐った
airy:物が〉軽やかな;〈気分が〉快活な;気軽な、高尚な
recess:(海岸・山岳などの)凹(おう)部, 引っ込んでいる部分, (部屋などの)凹所, 床の間;《解》空洞, 凹所
host:大ぜい, 大群, 多数
brook:(他)((主に否定文))〈人が〉…をがまんする, 許す
all Saint…:allとSaintの間にthatを入れて読む。(田吹)
tenement:家屋, 住宅
refit:(他)〈船を〉修復[改装]する;…に再補給する

VII.

Well didst thou speak, Athena’s wisest son!
“All that we know is, nothing can be known.”
Why should we shrink from what we cannot shun?
Each hath its pang, but feeble sufferers groan
With brain-born dreams of Evil all their own.
Pursue what Chance or Fate proclaimeth best;
Peace waits us on the shores of Acheron:
There no forced banquet claims the sated guest.
But Silence spreads the couch of ever welcome Rest.

pang:心痛, 悲痛, 煩悶(はんもん), 痛恨
groan:うめき声, うなり声
sate:食欲・欲望を〉十分に満足させる, 満たす(satiate)
ever:((肯定文))いつも, 常に;絶えず, 始終;いつまでも, いつも変わらず;永久に。((形容詞・分詞の前に置いて))いつも, 常に
welcome:歓迎すべき, ありがたい, 喜ばしい
couch:((主に詩・文))寝台, 寝床
spread:…を一面に広げる;…に(…を)広げる

VIII.

Yet if, as holiest men have deemed, there be
A land of Souls beyond that sable shore,
To shame the Doctrine of the Sadducee
And Sophists, madly vain of dubious lore;
How sweet it were in concert to adore
With those who made our mortal labours light!
To hear each voice we feared to hear no more!
Behold each mighty shade revealed to sight,
The Bactrian, Samian sage, and all who taught the Right!

sable:[形]((通例限定))((詩))黒色の;暗黒の;陰気な, 陰うつな;恐ろしい e.g. his sable Majesty悪魔大王.
Doctrine:教義, 教理
Sadducee:サドカイ人:古代ユダヤ教徒の一派;来世を否定した
Sophist:詭弁(きべん)家, へ理屈屋
dubious:〈言葉などが〉(真意などの)疑わしい, はっきりしない, あいまいな
lore:知識, 言い伝え
madly:気が狂って, 狂ったように(興奮して);猛烈に, 死にもの狂いで, 激しく
vain of~:~をひどくうぬぼれて
shade:((文))亡霊, 幽霊;死霊
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/601-abc76247
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。