スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘的

2004年07月29日 01:37

 勾配の斜面で、鉄で出来たエメラルドの牧草地で、天使たちがウールのドレスをくるくると廻している。
 燃え立つ草原は丘の頂まで跳ね上がる。左側では、山の尾根の腐葉土が、あらゆる殺人とあらゆる戦闘によって踏み躙られていて、そうしてあらゆる悲惨な物音が、その曲線を紡ぎ出す。丘の右側の背後には、東方の、進歩の戦線。
 絵画の上の方には、帯が、海の法螺貝や人間の夜が回転し、跳ね上がるざわめきから形取られているのに反して、
 バスケットのように、星や空やそれ以外のもので飾り立てた優しさが、勾配の斜面に降りてくるが、――僕たちの額に向かって、優しさはその下に花咲き乱れる、青褪めた深淵を造り出す。
<Mystiqueについて>
【橋】と同様、絵画的だといわれる一遍。こちらのほうが、どことなく現実世界を凝縮している感じがするんだが、どうだろう? 音声が、ここでもまた視覚化されてるなんて、面白いでしょ? 全体的な回転運動が見られるけれど、これってどことなく眩暈を暗示しているんだろうか? どちらにしても、最後は草の上で、寝転んで夜空を見上げているんですね~。 どことなく、神秘的?
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/62-9986efe3
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。