スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポーへ捧げる想い

2009年11月22日 22:46

モローのサッポー

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、39連-41連
    バイロン作  Shallot B.訳

39
貴公子ハロルドは航海した。そして悲しみのペネロペが
波間を見下ろした、不毛の場所を通り過ぎた。
そしてその先に見えた、あの丘は、今も忘れられていない
恋する者の隠れ家であり、あのレスボス人の墓。
謎めいたサッポーよ! 不滅の詩行は、
不滅の炎を吹き込まれたその胸を救えなかったのか?
たとえ永遠の命が、大地の子が熱望する唯一の天国である
竪琴(つまり詩)を待ち望んでいるのだとしても、
永遠の命を与えた彼女は生きられなかったのか?

40
貴公子ハロルドが遠くにレウカディアの岬に望んだのは、
ギリシアの秋の優しい夕暮れのことだった。
そこは彼がずっと見たいと望み、離れたくなかった場所だった。
ときおり彼はかき消えた戦争の光景を目にした、
アクティウムの海戦、レパントの海戦、致命的なトラファルガーの海戦。
しかし、彼はちっとも心を動かされなかった。
なぜなら、(彼は幾分縁遠い不名誉な星に生まれついたから)
血みどろの争いや、雄々しい戦いに喜びを見出さなかった、
むしろ殺害者の生業を厭い、軍隊の人間を笑い飛ばした。

41
しかし、レウカディアの遙かに突き出た嘆きの岩の上高く、
宵の明星を目にしたとき、そして
実らぬ恋の最後の場所に望んだとき、
彼はただならぬ熱情を感じた、あるいは感じたと思ったのだ。
そして古代のあの山の影のもとを
壮麗な船舶がゆっくりと進んで行くとき、
ハロルドは大海の陰鬱な流れを見つめていた、
そしていつものようにもの思いに沈んではいたが、
彼の瞳はより穏やかにみえたし、蒼褪めた額には幾分皺が寄っていないようだった。


オデュッセウスの航海―マンガ・ギリシア神話〈8〉 (中公文庫)オデュッセウスの航海―マンガ・ギリシア神話〈8〉 (中公文庫)
(2004/06)
里中 満智子

商品詳細を見る


ペネロペーについては、里中の漫画の知識が先行しているという状況です(爆)
彼女、美しいですよね~、貞淑の鑑というか、なんかもうひたすら待つ女の美しさを具現化しているような。
サッポーについては、この前の夏に少しお話を聞いたことがあるので、そのお話をしてくださった先生のイメージが(汗)。でも、バイロンって、サッポーをほめているのよね。

40連は美しい書き出し。感動しちゃった。
41連の船が進んで行くところも、また、本当に巧みな描写ですよね!
これがバイロンの素敵なところ。この映像的なイメージのつくりかたは、論証できたらいいなぁと思いつつ…

ハロルドさん、とっても穏やかな表情でいらっしゃいます。彼なりにね。
ずっとこんな表情でいてくれたら、読み手(?)も安心して読めるけど…バイロンの作風じゃなくなっちゃうよね(笑)。



XXXIX.

Childe Harold sailed, and passed the barren spot,
Where sad Penelope o’erlooked the wave;
And onward viewed the mount, not yet forgot,
The Lover’s refuge, and the Lesbian’s grave.
Dark Sappho! could not Verse immortal save
That breast imbued with such immortal fire?
Could she not live who life eternal gave?
If life eternal may await the lyre,
That only Heaven to which Earth’s children may aspire.

Penelope:《ギリ神話》ペネロペ:Odysseusの妻で貞女の鑑(かがみ).
Lesbian:(女性の)同性愛の。ラテン語Lesbius(L sbosレスボス島+-ios形容詞語尾)+-AN. この島に住んでいたギリシャの女流詩人サッポー(Sappho)が同性愛者だったことから。
Dark:〈意味が〉難解な, なぞめいた;不明瞭(めいりょう)な, あいまいな
imbue:(感情・思想などを)しみ込ませる, 吹き込む((with ...))

XL.

’Twas on a Grecian autumn’s gentle eve
Childe Harold hailed Leucadia’s cape afar;
A spot he longed to see, nor cared to leave:
Oft did he mark the scenes of vanished war,
Actium―Lepanto―fatal Trafalgar;
Mark them unmoved, for he would not delight
(Born beneath some remote inglorious star)
In themes of bloody fray, or gallant fight,
But loathed the bravo’s trade, and laughed at martial wight.

hail:…にあいさつする;…を歓迎する;…を熱烈に是認する
afar:((文))((通例~ off))遠くから, 遠くに
Leucadia:レウカディアの岬。(サッポーが身投げした場所。)
Actium:ギリシア西部の岬。アンブラキア湾の西の入り口にある。ここで紀元前31年、オクタヴィアヌスがアントニウスとクレオパトラの海軍を破って、ローマの内乱に終止符をうった。
Lepanto:1571年、ギリシア中部のレパント沖で、オスマン帝国の海軍とスペイン・ポルトガル・教皇などの連合艦隊との間に行われた海戦。オスマン側が敗北。
Trafalgar:トラファルガー(岬)スペイン南端西岸の岬; 1805年, この沖合で英国の Nelson がスペイン・フランス連合艦隊を破った
fray:けんか, 口論, 争い

XLI.

But when he saw the evening star above
Leucadia’s far-projecting rock of woe,
And hailed the last resort of fruitless love,
He felt, or deemed he felt, no common glow:
And as the stately vessel glided slow
Beneath the shadow of that ancient mount,
He watched the billows’ melancholy flow,
And, sunk albeit in thought as he was wont,
More placid seemed his eye, and smooth his pallid front.

projecting:[形]突き出た
resort:(人の)よく行く所((of ...))
stately:堂々たる, 威厳のある, 風格のある, 荘重な, 壮麗な
wont:[形]((叙述))((形式))〈人が〉(…し)慣れて, (…するのを)常として((to do)) e.g. I was wont to listen to the radio while reading. いつも本を読みながらラジオを流していた.
albeit:[接]((文))…ではあるが(although);…であろうとも(even though).
placid:静かな, 平静な, 穏やかな, 落ち着いた
pallid:〈顔が〉青ざめた;〈光が〉青白い;(色が)淡い
smooth:〈人・感情などを〉静める, なだめる((down)).
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/635-a0b202de
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。