スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩神を呼ぶ展覧会2009

2009年12月31日 19:11

クラーナハ サロメ


【詩神を呼ぶ展覧会2009】

1 「いとも美しき西洋版画の世界」 八王子市夢美術館
2 「フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール展」 神奈川県立近代美術館葉山館
3 「THE ハプスブルク」 国立新美術館
4 「やなぎみわ マイ・グランドマザーズ」 東京都写真美術館
5 「ビュフェとアナベル - 愛と美の軌跡」 そごう美術館
6 「川瀬巴水と吉田博 - 日本の風景・世界の風景 - 」 UKIYO-E TOKYO
7 「マーク・ロスコ 瞑想する絵画」(シーグラム壁画展示室) 川村記念美術館
8 「ローマ 未来の原風景 by HASHI」 国立西洋美術館
9 「根来」 大倉集古館
10 「田村正樹展」@K's Gallery(東京)

絵画から詩の言葉が生まれるかどうかということのみに主眼を据えて、思い切って考え直してみました。
で、どうしても詩の言葉が生まれてきそうな率を考えて、泣く泣く下記4つはランク外に。

「速水御舟 - 日本画への挑戦 - 」 山種美術館
「謎のデザイナー 小林かいちの世界」 ニューオータニ美術館
「村内美術館コレクション」 村内美術館
「セバスチャン・サルガド/・写真新世紀東京展2009」 東京都写真美術館

特に、村内はよかったです。サルガドについては、写真雑誌「DAYS」が大好きで、よく神保町で立ち読みしてた頃、凄い写真家だと感心した覚えがあります。で、写真美術館での展覧会。考えさせられるものが多くありました。映画「ホテル・ルワンダ」を思い出さずにはいられませんでした。

ちなみに、今年の一枚を上げろと言われたら、それは間違いなく、「THE ハプスブルク」で見た、クラーナハのサロメちゃん。2010年の年賀状にもしました(笑)。

ついでに、去年もやったので、今年も…

【励夢書物2009】
1 上山安敏『魔女とキリスト教』
2 大鐘敦子『サロメのダンスの起源』
3 笠原順路編『バイロン詩集』
4 ダンテ『神曲 地獄篇』
5 セリア リーズ『魔女の血をひく娘』

引っ越してから(通勤が主に自転車になったため)通勤時間に本が読めなくなり、今月はほとんど本が読めませんでした。なんとか読書の時間をとらないと、来年は本当に死活問題…(汗)。なんとなく、2009年は、明らかに魔女yearでした(笑)。魔女とか悪魔がこんなに面白いとは思わなかった…☆

2010年も、良き文学・美術・音楽、そして研究書に出会えますように。
夫の作った年越し蕎麦が待ち遠しい大晦日です(汗)

みなさま、よいお年をお迎えください☆

……さーて。論文始めるか…(/ぇ)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/642-3b5775fb
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。