スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラムの豪奢に囲まれて

2010年02月08日 02:13

【チャイルドハロルドの巡礼】第2編より、60連-66連
    バイロン作  Shallot B.訳

60
ちょうどラマダンの断食の季節で、
ひねもす苦行は保たれた。
しかし、なかなか沈まない夕日の時刻が過ぎると、
浮かれ騒ぎと大饗宴が再び息を吹き返したのだ。
いまや、すべてが忙しなく、頭数だけの召使が
屋内にあふれんばかりの食事を整え、並べた。
広い回廊は、無駄に作られているようだけれど、
部屋からはひっきりなしに食器の触れる音がした。
と、小姓と奴隷がたえず出入りを繰り返していた。

61
ここには、女の声がまったくない。隔離され、
監視され、布で覆われ、そして移動するのもほとんど許されず、
人格も精神もある男に捧げ、
檻のなかに飼い慣らされて、解放されたいとも望まない。
というのも、ご主人様の愛において不幸ではなく、
母親としてもっとも優しい世話することにめいっぱいの喜びを感じていて、
(素晴らしい世話のかずかずだ! ほかのどんな感情にも勝るものだ!)
まったく、自分のお腹を痛めた子供、決して乳離れしない子供を
快く育てていて、――決して卑しい感情を挟むことがないからだ。

62
大理石を敷き詰めた宮殿には、
中央から澱みなく流れる泉が湧き、
泉の泡が心地よい新鮮な空気を撒いていて、
そして、柔らかく快い寝椅子は静寂に包まれていた。
その宮殿に、戦闘と災禍の男・アリが横たわっていた。
老いた尊顔に、
<優穏>が優美な光りを投げかけるのだが、
彼の影に潜む、恥辱にまみれた行為の形跡は、
その風貌には見あたらない。

63
あの白く長い鬚が、<若者>の情熱に
似つかわしくないことはない。
愛は老齢に勝る――と、ハーフィズは言い切ったし、
アナクレオンもそう歌い、それは本当だ。
でも、慈悲の優しい声を嘲笑う罪が、
すべての人に似合わない、老人にはもっとも似合わない罪が、
虎の牙で彼に傷痕を残した。
そして生涯を通じて、血で血を洗う、
流血で始まった生は、血塗られた行為に生を終える。

64
耳にも目にも新しいたくさんのものに囲まれて、
ハロルドはここで疲れた足を休め、
そして周りのイスラムの豪奢に見入った。
しかしそれも束の間、飽和した<威厳>が
都会の喧騒から隠遁した、極上の隠れ家に、
<富>と<華美>の広々とした邸宅に、飽きてしまった。
それがもう少し素朴だったら、本当に快かったのになぁ。
でも、<平穏>は人工楽園を毛嫌いしているし、
<快楽>は、<虚栄>と手をとりあっていて、両者の興趣を損なってしまう。

65
アルバニアの民は獰猛だ、でも奴らに美徳がないってわけじゃない、
連中の美徳が熟れていなかっただけのことだ。
奴らの背中を見た敵があるか?
<戦闘>の責め苦にこれほどよく耐えてる奴がほかにいるか?
厄介で困難な状況の先行き不透明な時にあって、
地理的な要塞が奴らよりもしっかり護ってくれることはない。
奴らの憤怒はすっげえよ!! しかも奴らの友情ときたら確かなもんで、
<感謝>や<勇猛>が血を流せと命じるならば、
頭目が目指すところならどこへでも、迷わず突き進む。

66
貴公子ハロルドは、首領の塔で、
彼らが栄光と成功の戦いへと馳せ参じるのを見た。
そして、その後、悪い男たちが激しく苦しむ
あの悲しむべき時間、彼らの勢力下にあって、
しばらくの間、自ら窮地の犠牲者となった。
しかし、これらの男はハロルドをその屋根の下に匿ってやった。
彼らが無骨者でなければ彼は元気にならなかったし、
同国人の輩であれば彼を避けていただろう。
人の情けが試されるとき、証を立てられる者の、なんと少ないことだろうか!


Bon Joviの音楽を聴きながら、イスラムの映像を検索していると、なんだか頭が変になりそう…(汗)
こうしてながめると、Bon Joviがいかにアメリカ人のキリスト教圏内のバンドかがよくわかります。

宗教、文化、思想…。昨日NHKでアイヌの人たちとダムの建設についての番組をしていましたが、そのとき、彼らの宗教的象徴ともいえる場所を次々に壊していく様子を見て、非常に悲痛な思いがしました。思想の支え、あるいは宗教的に見て重要な聖地は、どんな宗教にもあるはずで、それが崩されるのは本当に苦しいだろうな、と…。

バイロンの訪れたアルバニアでも、随分前にコソボ紛争でキリスト教徒とイスラム教徒が激しく戦争を繰り広げていましたが、近年は少し収束しているのかしら…。それとも…。

61連は、オリエンタリズムで19世紀の芸術家の多くの男性達が夢に描いた、ハレムにいる理想的な女性像として捉えることができますね。語り手も完っ全に男性目線の倒錯の偶像を描いているわね(笑)。皮肉っぽく訳してみました!

いろいろと物議を醸しそうな7連、さていかがでしょうか…?



LX.

Just at this season Ramazani’s fast
Through the long day its penance did maintain:
But when the lingering twilight hour was past,
Revel and feast assumed the rule again:
Now all was bustle, and the menial train
Prepared and spread the plenteous board within;
The vacant Gallery now seemed made in vain,
But from the chambers came the mingling din,
As page and slave anon were passing out and in.

penance:贖罪(しょくざい), 難行苦行
Revel:((文))底抜け[お祭り]騒ぎ;(ダンスや仮装舞踏会などを伴った)大騒ぎの宴.
assume:〈他人の権利などを〉横取りする, (自分(だけ)の)ものにする((to ...))
menial:召し使いの;〈仕事などが〉単調で退屈な, 重要でない
train:従者[随員]の一団;お供
plenteous:豊富な(plentiful)
board:食事, (特に有料の)まかない。食卓
mingling:混ざる, いっしょになる
din:(ひっきりなしの)大きなやかましい音, (ガンガンと響く)騒音
anon:((古))やがて, ほどなく;((文))そのうちまた。((古))今すぐに, ただちに


LXI.

Here woman’s voice is never heard: apart,
And scarce permitted, guarded, veiled, to move,
She yields to one her person and her heart,
Tamed to her cage, nor feels a wish to rove:
For, not unhappy in her Master’s love,
And joyful in a mother’s gentlest cares,
Blest cares! all other feelings far above!
Herself more sweetly rears the babe she bears,
Who never quits the breast―no meaner passion shares.

rove:(広い地域を)うろつく, さまよう, 流浪[放浪]する((around, about/over ...))
nor:((肯定文のあとまたは文頭で))((主に英))そしてまた…ない(and also not). ▼反意的に「でも, しかし」, 因果的に「だから, それで」の意味になる場合がある
rear:〈子供を〉育てる, 教育する;〈家族を〉養う
yield:…を譲る, 与える;[yield A B/yield B to A]〈A(人)にB(権利・地位・主張など)を〉譲る, 与える, 認める

LXII.

In marble-paved pavilion, where a spring
Of living water from the centre rose,
Whose bubbling did a genial freshness fling,
And soft voluptuous couches breathed repose,
ALI reclined, a man of war and woes:
Yet in his lineaments ye cannot trace,
While Gentleness her milder radiance throws
Along that aged venerable face,
The deeds that lurk beneath, and stain him with disgrace.

genial:天候などが〉温暖な, 快適な
voluptuous:((文))感覚に快い, なまめかしい, 色っぽい
breathe:呼吸する, 息をする;(話すため)息を調節する
repose:静けさ, 静寂, 平穏, のどかさ, 平安
woe:((形式))苦痛[悩み]の種, 災難, 難儀
venerable:〈人が〉(高齢・威厳・高徳・高位などで)尊敬すべき, 尊い, りっぱな
lurk:〈人・動物が〉(悪意をもって)潜む, (動かずに)隠れる, 待ち伏せる

LXIII.

It is not that yon hoary lengthening beard
Ill suits the passions which belong to Youth;
Love conquers age - so Hafiz hath averr’d,
So sings the Teian, and he sings in sooth―
But crimes that scorn the tender voice of ruth,
Beseeming all men ill, but most the man
In years, have marked him with a tiger’s tooth;
Blood follows blood, and through their mortal span,
In bloodier acts conclude those who with blood began.

hoary:〈髪が〉(老いて)白い, 灰色の;〈人が〉白髪の
lengthening:…を長くする, 伸ばす, 延長する
Hafiz:ハーフィズ。(1326 頃-1390) ペルシャの抒情詩人。神秘主義的象徴を加味して恋と酒と郷土の自然を甘美に歌った「ハーフィズ詩集」はゲーテの「西東詩集」に大きな影響を与えた。
aver:((文))…を(確信をもって)主張する, と断言する((that節)).
Teian:アナクレオン。[前570ころ~前480ころ]古代ギリシアの叙情詩人。恋と酒を歌った快楽派詩人として名高い。後世に「アナクレオン風」という詩風を残す。
sooth:((古))[名][U]真実, 事実
ruth:慈悲、慈愛。
Beseem:[動](他)((しばしばitを主語にして))((古))〈人に〉似つかわしい, ふさわしい(suit)

LXIV.

’Mid many things most new to ear and eye,
The Pilgrim rested here his weary feet,
And gazed around on Moslem luxury,
Till quickly wearied with that spacious seat
Of Wealth and Wantonness, the choice retreat
Of sated Grandeur from the city’s noise:
And were it humbler, it in sooth were sweet;
But Peace abhorreth artificial joys,
And Pleasure, leagued with Pomp, the zest of both destroys.

The Pilgrim:=Childe Harold。
Wantonness:好色、華美、享楽
choice:好ましい物;極上品, 逸品
retreat:避難[隠退]所
sated:(…で)満腹にさせる, 〈人に〉(…を)いやというほど与える((with ...))
Grandeur:(精神的・人格的な)偉大さ, 威厳;(自然などの)雄大さ, 壮大さ;偉観, 威風
seat:(いなかにある貴族の広大な)邸宅
abhorreth:(道義的理由で)…をひどくきらう, 忌みきらう, 毛嫌いする;…を憎悪する.
league:(…と)団結する((together/with ...))
Pomp:[U]威厳の誇示, ぎょうぎょうしさ, 虚飾
zest:ここちよい刺激, 興趣, おもしろ味


LXV.

Fierce are Albania’s children, yet they lack
Not virtues, were those virtues more mature.
Where is the foe that ever saw their back?
Who can so well the toil of War endure?
Their native fastnesses not more secure
Than they in doubtful time of troublous need:
Their wrath how deadly! but their friendship sure,
When Gratitude or Valour bids them bleed,
Unshaken rushing on where’er their Chief may lead.

fastnesses:要塞(ようさい), 堡塁(ほうるい);((~es))((文))安全な逃避場所。速いこと, 迅速
secure:(危険などから)守る, 安全にする((from, against ...))
troublous:〈時世・情勢が〉乱れた, 騒然たる;〈波・海などが〉荒れ狂う。〈人・心などが〉落ち着かない;〈事・問題などが〉やっかいな
need:[U]困難な状況, 危急の時. ▼主に援助を必要とする事態をいう
doubtful:成り行きのわからない, 先が不明の
Valour:((文))(特に戦闘における)武勇, 剛勇, 勇猛, 勇気, 勇敢さ, 雄々しさ

LXVI.

Childe Harold saw them in their Chieftain’s tower,
Thronging to War in splendour and success;
And after viewed them, when, within their power,
Himself awhile the victim of distress;
That saddening hour when bad men hotlier press:
But these did shelter him beneath their roof,
When less barbarians would have cheered him less,
And fellow-countrymen have stood aloof -
In aught that tries the heart, how few withstand the proof!

Throng:(自)(場所に)群がる, 込み合う, 殺到する
distress:危難;難儀, 窮地;(船・航空機の)遭難
awhile:((文))しばらく[ちょっと](の間)
when:=whereas。…であるのに対して[反して];…であるのに, としても, ところが, 実は
hotly:熱く;暑く;熱心に, 激しく;情欲に燃えて;接近して
press:〈人・事が〉〈人を〉(質問・問題などで)悩ます, 苦しめる;(致命的な罰として)重荷を負わせる((with ...));((受身))〈人が〉(金・時間などで)苦しい立場にある, 圧迫されている((for ...));(仕事・問題などで)苦しんでいる, 悩んでいる((with, by ...))
aloof:〈人が〉(…から)離れて, 遠ざかって, 超然として((from ...))
withstand:〈外部の力・敵・攻撃などに〉抵抗する, 逆らう, よく耐える, 持ちこたえる;…に耐性がある
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/651-c2d90fd3
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。