スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己とは何か?

2010年05月15日 21:50

五月の府中で 金魚のいる甕

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、4連-7連
    バイロン作  Shallot B.訳

4.
情熱の、あるいは喜びや苦しみの、若かりし日は遠退いて、
たぶん僕の心は、琴糸を失くしてしまった。
だから耳障りな音を立てるのかも。かつて歌ったように
歌おうとするなんて、虚しいことなのかもしれない。
でも、たとえ物憂い調べであっても、僕は諦められないんだ。
もしこの歌が、自分本位な悲しみの、あるいは喜びの
侘しい夢から僕を引き離そうとするならば、――
もしこの歌が僕に忘却を投げかけてくれるになら、――
この歌は、他人にはそうでなくても、僕には悪くないって思えるのさ。

5.
この憂世で、歳月によってではなく行動によって老け込み、
人生の深みを見透かし、
それゆえもはや何にも驚かない彼――
<愛>も<悲しみ>も、<名誉>も<野心>も<諍い>も、
もう、鋭利な忍耐という静寂の鋭い刃で、
彼の心を切り裂くことはできない。
なぜ<想い>が、寂れた洞窟に隠れ家を求めるのか、
また、楽しい姿をした想像力と、<魂>の通う草庵に古びながら
傷まずにいる幻影とで、その洞窟を満たすのか、彼にはわかってる。

6.
というのも、我々が、僕がしているように、
心に抱くいのちを産み、同時に手に入れ、
自分の想いに形を与えるのは、
創造し、創造のうちにより熱い生を生きるためなんだ。
己とは何か? 無。しかしおまえはちがう、
俺の思想の<精神>よ! 
おまえは眼に見えないが、俺は見つめ、この大地を這いずりまわる。
おまえの精霊と交わり、おまえの誕生と溶け合って、心が燃え立ち、
俺の拉げた感覚が消えようとも、まだ、おまえとともにあると感じるんだ。

7.
が、無闇に考えちゃいけない。
かつてあまりに鬱々と考え過ぎて、
煮えくり返り、擦り切れた頭の渦のなかで、
脳味噌は、空想と炎の渦巻く渦巻きになったのだ。
こうして、若いうちに自分の心を統べる術を教わらなかったので、
俺の命の泉は毒された。もう手遅れだ!
だが俺は変わった。<時>が癒せぬものに耐え、
<運命>を責めることなく苦い果実を食(は)む力については
いまなお充分変わらないけどね。


28歳、バイロン。
田吹先生のご著書によると、この辺は、同じ年の夏に書かれた「夢」という詩や、「マンフレッド」との共通点がわんさか見つかる模様。いずれきっと(できれば今年中に/観測的希望)、この辺のことをきちんとまとめて、某機関紙に再チャレンジしたいなぁ~… ってのも夢に終わらなきゃいいけどね!

一人称をくるくる変えて訳しているのは、気のせいじゃありません。
いちおー、語り手の口調を(勝手に)解釈して、メタルロック調と爽やかポップ調を使い分けているつもりです。
3巻は、これで行きます!

ところで…
9年前に初めて訳した時には全然気づかなかったんですが、
6連の「創造について」のところで、<精神>に呼びかけるところ、
なんかビミョーにセクスィーじゃないですかね?(汗)



IV.

Since my young days of passion - joy, or pain -
Perchance my heart and harp have lost a string -
And both may jar: it may be, that in vain
I would essay as I have sung to sing:
Yet, though a dreary strain, to this I cling;
So that it wean me from the weary dream
Of selfish grief or gladness - so it fling
Forgetfulness around me - it shall seem
To me, though to none else, a not ungrateful theme.

Perchance:もしかしたら, ひょっとして(by chance). たぶん(perhaps)
jar:…をきしらせる, ガタガタ震動させる, …に耳ざわりな音を立てさせる.
dreary:((詩))わびしい, ものうい;荒涼とした
strain:((形式))言葉のよどみない流れ, とうとうたる弁舌, 口調, 調子, 文体, 言い回し;気分
So that:((古))((条件))もし…ならば, …さえすれば.
wean:(他)〈赤ん坊・動物の子を〉(…から)乳離れさせる((from ...));…を(…から)引き離す((away/from, off ...));(幼いときから)(…の影響下で)育てる((on ...)). ▼しばしば受身
ngrateful:((文))不快な, 虫の好かない


V.

He who, grown aged in this world of woe,
In deeds, not years, piercing the depths of life,
So that no wonder waits him― nor below
Can Love or Sorrow, Fame, Ambition, Strife,
Cut to his heart again with the keen knife
Of silent, sharp endurance― he can tell
Why Thought seeks refuge in lone caves, yet rife
With airy images, and shapes which dwell
Still unimpaired, though old, in the Soul’s haunted cell.

So that:((結果))それで, それゆえ, だから
piercing:…を見透かす, 見抜く, 見破る, 洞察する.
rife:((形式))〈好ましくない物・事が〉はびこって, 広まって;〈場所が〉(好ましくない物・事で)いっぱいである, 満ち満ちている((with ...)
unimpaired:損なわれてない, 悪くなってない
cell:(修道院の)独居房, (隠者・行者の)庵(いおり)
shapes:シルエット;幻影, まぼろし;幽霊


VI.

’Tis to create, and in creating live
A being more intense, that we endow
With form our fancy, gaining as we give
The life we image, even as I do now-
What am I? Nothing: but not so art thou,
Soul of my thought! with whom I traverse earth,
Invisible but gazing, as I glow
Mixed with thy spirit, blended with thy birth,
And feeling still with thee in my crushed feelings’ dearth.

endow:[endow A with B]〈神などが〉〈A(人)にB(才能・資質・権利など)を〉授ける, 賦与する;〈A(人・動物)にB(資質など)が〉あると考える;((受身))〈人が〉(生まれつき)〈Bを〉もっている
glow:(強い感情などで)胸がいっぱいになる, 燃える((with ...))
traverse:横切る, 横断[縦走]する.
dearth:(…の)不足, 欠乏((of ...))

VII.

Yet must I think less wildly:- I have thought
Too long and darkly, till my brain became,
In its own eddy boiling and o’erwrought,
A whirling gulf of phantasy and flame:
And thus, untaught in youth my heart to tame,
My springs of life were poisoned. ’Tis too late!
Yet am I changed; though still enough the same
In strength to bear what Time cannot abate,
And feed on bitter fruits without accusing Fate.

wildly:激しく, 荒々しく, 乱暴に
eddy:(液体・気体などの)主流に逆う流れ;(空気・ほこりなどの)渦, 渦巻き
whirling:〈考えなどが〉次々に湧(わ)き出る, 〈頭が〉混乱する.
gulf:深い穴[割れ目], 深淵(しんえん);渦巻き
abate:…の(程度・勢い・強さ・数量・額などを)減少させる, 減じる, 少なくする, やわらげる

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/671-9856c280
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。