スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーテルローの戦場

2010年07月10日 20:27

Battle_of_Waterloo

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、17連-20連
    バイロン作  Shallot B.訳

17.
待った! おまえの足下には、ある<帝国>の屍がある!
ある<地震>の残骸がその下に埋葬されているのだ!
この場所には戦いの痕跡を示す巨大な胸像もないのか?
勝利を示す戦利品で飾られた円柱もないのか?
何もない。しかし、この教訓の真実がもっとそれを明確に示す。
そのままに、立ち去るがよい。
真紅の雨が、どれほどの収穫を増やしたことだろう!
そしてこれが、おまえによって世界が得たもののすべてなのか、
比類なき<戦場>よ! 王を造り上げた<勝利>よ?

18.
そして、ハロルドはこの髑髏の地に立っている。
フランスの墓場、死のワーテルローよ!
なんと短い間に、時の与える(運命の)<力>が
その飛び去るように移ろいやすい名誉という戦利品を消滅させるのだろうか!
このまえ此処で、あの<鷲>は「高らかに」飛んでいた、
それから血ぬられた鉤爪で裂かれた平原を引き裂いた、
やがて連合国軍の矢で射抜かれた。
<野心>の生と苦労はすべて無駄になったのだ。
今、奴は<世界>の壊れた鎖の打ち砕かれた環を身にまとっている。。

19.
懲罰にふさわしい! ゴールは馬銜(はみ)を苛立って噛み、
足枷に泡をふくがいい。――だが、<地上>は自由になったのか?
国々はひとりの<人間>を屈服させるために戦ったのか?
あるいはすべての<国王>たちに真の<主権>を教えるために同盟を組んだのか?
何と! 再び甦った<隷属>が
啓蒙時代の継接ぎ(つぎはぎ)だらけの<偶像>になるのか?
今や<獅子>を打ち倒した我々は、<狼>に敬意を払うのか?
玉座に謙遜の目を向け、卑屈な膝をつくのか?
ちがう! 賞賛するまえに証明せよ!

20.
もしそうでないなら、零落した圧制者を鼻で笑うのはやめろ!
欧州の葡萄畑を踏み躙る光景をまえに、
長らく花を根こそぎにされ、
美しいひとの頬に熱い涙の筋がついたのも無駄なことだった。
死、虐殺、屈従、恐怖、こうしたものの歳月が生み出され、
何百万の決起した人々の連合によって打ち破られたことも、無駄なことだった。
ハルモディアスがアテネの暴君に抜いたような<刀>を
銀梅花で覆うときこそのみ、
<栄光>を最も愛しいと思うものなのだ。


ナポレオンがワーテルローの戦いでイギリスなどの連合軍に敗れて1年後、その戦場をバイロンは訪れます。
ナポレオンにとっては、最後の戦い。そしてバイロンの訪れた当時、ナポレオンは大西洋の小島に配流中。
盛者必衰とは言うけれど、あれだけ酷い戦争があって、何にもならないというのは、本当に不毛な、そして無駄な戦いだったのかもしれません。

18連を訳しているとき、ふと明日のことを思いました。
移ろいやすい名誉。あっという間に消えてしまう。
このまえ此処で、あの<鷲>は高らかに飛んでいたのに…。
鋭い鉤爪で霞ヶ関を引き裂いたものを…。

なんてね。

太宰風に言うなら、「バイロン卿になりそこなった泥狐」?

どうでもいいですが、第3編って、「ライン河」までが長すぎやしません?><;
次の21連から41連までカットでいいと思う(汗)。
ま、ちゃんと訳しますけどねぇ…。



XVII.

Stop! ―for thy tread is on an Empire’s dust!
An Earthquake’s spoil is sepulchred below!
Is the spot marked with no colossal bust?
Nor column trophied for triumphal show?
None; but the moral’s truth tells simpler so. –
As the ground was before, thus let it be; -
How that red rain hath made the harvest grow!
And is this all the world has gained by thee,
Thou first and last of Fields! king-making Victory?

spoil:廃棄された土[石]
sepulchre :(他)〈死者を〉墓に葬る, 埋葬する.
colossal:巨大な(gigantic);膨大[広大]な;大量の
bust:半身像, 胸像
trophied:[形]戦利[記念]品で飾った
As the ground was before, thus let it be;:=そのままにして立ち去るがよい。
first and last of ~:比類なき~

XVIII.

And Harold stands upon this place of skulls,
The grave of France, the deadly Waterloo!
How in an hour the Power which gave annuls
Its gifts, transferring fame as fleeting too!―
In “pride of place’” here last the Eagle flew,
Then tore with bloody talon the rent plain,
Pierced by the shaft of banded nations through;
Ambition’s life and labours all were vain―
He wears the shattered links of the World’s broken chain.

deadly:[限定]死を思わせるような
Waterloo:ワーテルロー。ベルギー中部、ブリュッセルの南東にある都市。1815年、イギリス・プロイセン連合軍がナポレオン1世のフランス軍を撃破した古戦場として知られる。ウォータールー。
annul:抹殺する, 絶滅[消滅]させる
fleet:すばやく動く, 飛んで行く((away));((古))〈時が〉流れ[過ぎ]去る((by)).
last:最近, この前
pride of place:高位、高慢
rent:(衣服などの)ほころび, かぎ裂き, (地面などの)割れ目, 裂け目
talon:(特に猛鳥の)鉤爪(かぎづめ);爪のような指.

XIX.

Fit retribution! Gaul may champ the bit,
And foam in fetters, ―but is Earth more free?
Did nations combat to make One submit;
Or league to teach all Kings true Sovereignty?
What! shall reviving Thraldom again be
The patched-up Idol of enlightened days?
Shall we, who struck the Lion down, shall we
Pay the Wolf homage? proffering lowly gaze
And servile knees to Thrones? No! prove before ye praise!

retribution:(悪業などの)報い, 仕返し, 報復((for ...));懲罰
champ:〈馬が〉〈くつわを〉(いらだって)かむ
bit:(馬のくつわの)馬はみ
fetter:((文))足かせ, 足鎖;束縛, 拘束物
Gaul:=フランス。
One:=ナポレオン・ボナパルト。
league:(自)同盟[連合]する
Thraldom:奴隷;[U]((通例inを前に置いて))奴隷の身分[境遇], 束縛
enlightened:((主に限定))(無知などから)啓発[啓蒙(けいもう)]された.
proffer:((形式))[動](他)…を差し出す;〈…しようと〉申し出る((to do));[proffer A B/proffer B to A]〈A(人)にB(物)を〉差し出す.
servile:奴隷の, 奴隷状態の

XX.

If not, o’er one fallen Despot boast no more!
In vain fair cheeks were furrowed with hot tears
For Europe’s flowers long rooted up before
The trampler of her vineyards; in vain, years
Of death, depopulation, bondage, fears,
Have all been borne, and broken by the accord
Of roused-up millions: all that most endears
Glory, is when the myrtle wreathes a Sword
Such as Harmodius drew on Athens’ tyrant Lord.

Despot:専制[独裁]君主;暴君, 圧制者
trampler:踏みつけること
accord:[U][C]調和, 協和;(…との)(意見・見解の)一致, 合意((with ...));[C](国際間の)協定, 講和
depopulation:人口[住民, 個体群](虐殺・疫病などで)激減
bondage:束縛, 屈従
endear:(他)[endear A to B]〈親切・微笑・ユーモアなどが〉〈A(人)をB(人)に〉いとしいと思わせる, 慕わせる, 愛されるようにする;((~ -self))〈Bに〉慕われる, 愛される
wreathe:…を(…で)包む, …をおおう((in ...));…を輪状[うず巻状]に取り巻く;…を(…に)巻きつける((around, about ...))
Harmodius:ハルモディアス。紀元前514年に暴君を暗殺したアテネの青年。
myrtle:銀梅花
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/680-73628bb7
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。