スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏に至る夏の読書…><;

2010年08月28日 19:41

次は「梅雨の読書」となるのでしょうか…(汗)」などと書いておきながら、もはや立秋などとっくに過ぎて、夏も終わりに近く…今日なんて夕暮れの風は明らかに涼しかったし…(汗)

というわけで、あわててまとめてUPします!

白魔 (光文社古典新訳文庫)白魔 (光文社古典新訳文庫)
(2009/02)
アーサー マッケン

商品詳細を見る

実は一番最近読んだ本です。「白魔」との交流を描いた場面が本当に美しい小説でした。

吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
(1971/04)
ブラム ストーカー

商品詳細を見る

丸の内のOAZOにある丸善4階。松丸本舗の罠にめっさかかりまくっている今日この頃。
これもその1冊でした…。実は読むの初めて。ヒロインの女性2人の、精神的な描写がイイ☆
けっこうドキドキしちゃいました~(こんな感想でいいのか…

肉体の悪魔 (光文社古典新訳文庫)肉体の悪魔 (光文社古典新訳文庫)
(2008/01/10)
ラディゲ

商品詳細を見る

実は若い頃岩波文庫のそれを買って、読み始めてすぐ挫折した作品でした…。
光文社の訳は、あの中条省平氏! 即買いでしたよ…(笑)
すっごく読みやすくて、なんか主人公の「僕」の情けないことが笑えました。(ぇ)

十二の恋の物語―マリー・ド・フランスのレー (岩波文庫)十二の恋の物語―マリー・ド・フランスのレー (岩波文庫)
(1988/07)
マリー・ド・フランス

商品詳細を見る

中世ブルターニュといえば、ケルトの文化の匂いがしつつも、また特有の文化を持っている場所。
このお話もものすごくセクスィーで、煌きの絶えない本でした!

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)
(2010/05/24)
中村 光

商品詳細を見る

読みましたよ~~!!
だんだんネタがマニアックになっていっているけど…(汗)
サタンとユダがいけてました!
続きが楽しみ☆

今、池内紀の『悪魔の話』と、『ノディエ幻想短編集』と、一条ゆかりの『プライド』(全12巻、現在3巻まで読了)を読んでいます。ミシュレの『魔女』とか、『ファウスト』第2部とか、なんか読まなくちゃいけないのもいっぱいあるのですが… 10日過ぎあたりからまたばたばたし始めるので(というより夏もめちゃめちゃでしたが)、少しでも机に向き合えるといいですねぇ…。次ぎ書くときはクリスマスだったら笑えない…。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/687-958276df
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。