スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽園の完成しない理由

2010年10月31日 22:51

1840年代のライン河

【チャイルドハロルドの巡礼】第3編より、55連挿入歌
    バイロン作  Shallot B.訳

1
ドラッヘンフェルスの城立つ岩山
広くうねる河ラインを威圧する。
その水の胸元は大きく膨れ、
景色に散りばめられるのは、
葡萄を実らせる川岸、花咲く樹々の豊かな丘、
麦や酒の兆しを見せる平原、
そしてちょこんと点在する町の数々、
遙か彼方に輝く白壁。
もしきみがいてくれたなら、
喜び二倍で見られたのになぁ!

2
百姓娘の眼は深い青色
早咲きの花を両手に微笑んで
この楽園を歩いてる。
見上げれば、中世の塔がたくさんあって
青葉のむこうに灰色の壁が聳えている。
急峻な坂道をつくるたくさんの岩と
誇り高く朽ちてゆく堂々とした門が
葡萄樹の繁る谷を見下ろす。
でもライン河の岸辺にはひとつ足りないものがある――
僕の握るきみのしなやかな手!

3
僕の貰った百合を送るよ――
きみの手に触れるずっとまえに
枯れちゃうことも分かっているよ。
でも「こんなもの」って棄てないで。
ほとんど萎れた百合を瞳に映し、
遠くライン河で摘まれたものだときみが知ると、
その心をここ僕のもとへ届け、
僕のこころをきみのもとへ届けるかもしれない……
と、僕が愛でたものだから!

4
河は魅力的な大地の魔法となって
気高く泡立ち流れてく――
幾千の角を曲がるたび
彩り豊かな景色が開けてく。
もっとも傲慢なひとでさえ、ここに留まり、
生涯楽しく住むことを願うだろう。
<自然>も僕も、地上では
こんなにも愛しい場所を見つけられない――
きみの愛しい瞳が僕の視線を追いかけて
ラインの岸辺をもっと馨しいものにしてくれたらなぁ!


久しぶりに和訳とりました~
54連の意味が初めて理解できたような気になると、この歌の気持ちもひとしお切ないですねぇ!
(どーでもいいですが54連の「あのひと」=オーガスタ姉さんカワイすぎます…。ずるいです。
54連の姉さんの描写が可愛すぎるってのは論文の結論になりますかねぇ。。。/ぇ)
バイロン、姉さんまぢ大好きだったんだろーなー…。
何度読んでも綺麗な歌ですねぇ…(ふぅ…)



1
The castled crag of Drachenfels
Frowns o’er the wide and winding Rhine.
Whose breast of waters broadly swells
Between the banks which bear the vine,
And hills all rich with blossomed trees,
And fields which promise corn and wine,
And scattered cities crowning these,
Whose far white walls along them shine,
Have strewed a scene, which I should see
With double joy wert thou with me!

2
And peasant girls, with deep blue eyes,
And hands which offer early flowers,
Walk smiling o’er this paradise;
Above, the frequent feudal towers
Through green leaves lift their walls of grey,
And many a rock which steeply lours,
And noble arch in proud decay,
Look o’er this vale of vintage-bowers;
But one thing want these banks of Rhine, -
Thy gentle hand to clasp in mine!

3
I send the lilies given to me―
Though long before thy hand they touch,
I know that they must withered be,
But yet reject them not as such;
For I have cherished them as dear,
Because they yet may meet thine eye,
And guide thy soul to mine e’en here,
When thou behold’st them drooping nigh,
And know’st them gathered by the Rhine,
And offered from my heart to thine!

4
The river nobly foams and flows―
The charm of this enchanted ground,
And all its thousand turns disclose
Some fresher beauty varying round:
The haughtiest breast its wish might bound
Through life to dwell delighted here;
Nor could on earth a spot be found
To Nature and to me so dear―
Could thy dear eyes in following mine
Still sweeten more these banks of Rhine!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sousleau.blog5.fc2.com/tb.php/695-399b347b
    この記事へのトラックバック


    Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。